AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【KRUSH】武尊の後輩・晃貴がリベンジ&初防衛に成功、K-1トーナメント出場権も獲得

2019/04/20 00:04
【KRUSH】武尊の後輩・晃貴がリベンジ&初防衛に成功、K-1トーナメント出場権も獲得

前に出て右のパンチを多く当てていった晃貴(右)がダウンを奪い、大差の判定勝ちで初防衛

2019年4月19日(金)東京・後楽園ホールにて『K-1 KRUSH FIGHT.100』が開催された。メインイベントでは、K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者・晃貴が挑戦者に隼也ウィラサクレックを迎えての初防衛戦。この試合には6月30日(日)東京・両国国技館『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN』で行われる「スーパー・バンタム級(-55kg)世界最強決定トーナメント」への出場権も懸けられた。

▼メインイベント(第9試合)K-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇晃貴(王者/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
判定3-0 ※三者とも30-26
●隼也ウィラサクレック(挑戦者/WSRフェアテックス三ノ輪)
※晃貴が初防衛戦に成功。


 晃貴は現K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊と同じ鳥取県出身で、弟分。2019年1月の王座決定戦で萩原秀斗を延長戦の末に下し、第4代K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王座に就いた。今回が初防衛戦となる。

 対する隼也は、WPMF日本フライ&バンタム級2階級制覇王者。2018年4月の「Krush.87」では晃貴から判定勝利を収めており、今回の再戦では挑戦者として、王者・晃貴が持つベルト奪取を狙う。


 1R、晃貴がワンツーをヒットさせれば隼也は右ストレートを返す。ローの蹴り合いとジャブの打ち合いがあり、拮抗したまま終わるかと思われたが、残り15秒を切ったところで晃貴が右ストレートからの右フックでダウンを奪う。


 2R、隼也はジャブを突いて体勢を立て直そうとするが、晃貴のワンツーに襲われて隼也は鼻血を出す。晃貴はパンチをもらっても下がらずに前へ出てワンツーとヒザ蹴りで攻めていく。


 3R、パンチで逆転を狙う隼也だが、晃貴は隼也の右に右を合わせ、前へ出てくるところにも右、さらにヒザを突き上げる。最後に右をヒットさせた晃貴がパンチでラッシュ。隼也を下がらせる展開となり、試合終了。


 ジャッジ三者とも30-26の大差で晃貴が初防衛に成功。同時に、6月30日(日)東京・両国国技館『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN』で行われる「スーパー・バンタム級(-55kg)世界最強決定トーナメント」への出場権も手にした。

 晃貴はマイクを持つと、「次は6月30日、思い切り楽しんで思い切り盛り上げます」と高らかに宣言した。


■晃貴のコメント
「勝ててよかったです。蹴りが重かった。6月30日決定したので優勝してK-1のベルトを獲ります。6月のことは全然考えず、リベンジのことだけを考えていました。右ストレートを打ったら入りました。ジャブに合わせて打つようにしていました。今回勝ったので成長したと思います。倒しに行くつもりで行きました。前回ジャブを突かれて負けた印象があったので、右をジャブに合わせることを考えていました。今までで一番冷静に戦えました。ジャブはもう大乗でした。レベルアップして6月30日に挑みます」

■隼也のコメント
「素直に強かったです。自分的には1Rの途中までよかったんですが一発もらって空回りして、試合が全部それで変わってしまった。チャンスを逃してしまってもう一回考える時だなと思います。先のことは今は考えられないです。思った以上に一発の強さがありました。一発の強さが前よりはあったと思います」

▼セミファイナル(第8試合)K-1 KRUSH FIGHTウェルター級 3分3R・延長1R
●牧平圭太(HALEO TOP TEAM/第3代Krushウェルター級王者)
判定0-3 ※27-29、27-30、27-29
〇松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)


 牧平は昨年2月に塚越仁志の持つKrushウェルター級王座(当時)に挑戦するも逆転KO負け。昨年11月の再起戦で渡邊俊樹に判定勝ちし、今年の初戦を迎える。

 対する松岡は昨年Krushデビューを飾り、中国遠征も含めて3連勝するも、12月のK-1大阪大会では野杁正明に1RKO負けを喫してからの再起戦となる。


 1R、サウスポーの牧平が左ローとパンチの連続攻撃で松岡を焦らせる。松岡もローを蹴りに行くがパワーで勝る牧平が左ミドルと左ローで押し気味の展開に。


 2R、牧平が強い左ミドルとローで優勢に立ったかと思われたが、松岡の右ストレート、右ハイキックが連続ヒット。これで一気に形勢逆転となり、松岡のストレートとアッパーが牧平を捉え、牧平はクリンチが多くなる。


 3R、パンチと蹴りを使い分ける松岡に牧平は蹴りで応戦するが、松岡のパンチを浴びて顔面が血で真っ赤に染まる。牧平は度重なる組み付きで減点1。松岡の連打に追い回される苦しい展開が最後まで続き、松岡の判定勝ちとなった。


■松岡のコメント
「疲れましたね。当分試合したくないです。相手どうこうではなく減量失敗して足が動かなかった。そこで足を使わずパンチで戦ったのがいい経験になりました。内容は全く覚えてません(現王者の木村“フィリップ”)ミノル君に返上してもらってベルトを獲りたいです」

 

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事