EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
レポート

【KRUSH】武尊の後輩・晃貴がリベンジ&初防衛に成功、K-1トーナメント出場権も獲得

2019/04/20 00:04

▼第5試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級 3分3R・延長1R
〇椿原龍矢(月心会チーム侍)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-28
●龍斗(K-1 GYM横浜infinity)


 1R、椿原は序盤と中盤の2回、右を中心としたパンチ連打とヒザ蹴りで龍斗をコーナーへ追い詰める場面を作る。龍斗はサイドキックを多用するが、上中下に攻撃を振り分ける椿原が圧倒的優勢。


 2Rは龍斗が手数を増やして椿原に連打をまとめる場面も。椿原はそれをブロックして強打を打ち返すという展開。


 3Rは龍斗が前へ出てきてパンチとヒザ蹴り。椿原は強い一発で応戦する。椿原の流れるようなコンビネーションが上中下に決まるが、龍斗は一歩も退かずに打ち合う。それでもクリーンヒットを奪うのは椿原の方で、椿原が判定勝ちを収めた。

▼第4試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級 3分3R・延長1R
〇鷹大(WSRフェアテックス西川口)
KO 1R2分30秒 ※左フック
●三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)


 三輪は前日計量をクリアーできず、両者合意の上で試合を実施することになった。三輪は2点減点からのスタート、8オンス(鷹大)と10オンス(三輪)のグローブハンディ、さらに三輪はファイトマネー30%没収。


 1R、前に出て左右フックを振るう三輪に、鷹大は左ボディからの右フック。前に出てアグレッシブに攻めるのは三輪の方だが、鷹大はよく見ている。


 三輪が前に出てくるタイミングで鷹大の狙いすました右フックが入り、三輪はダウン。立ち上がるも鷹大の左フックでマットに沈み、鷹大の見事なKO勝ちとなった。

 鷹大はマイクを持つと「今回こういう形で、僕も1回倒れたこともあったし、相手の気持ちもわかる。三輪選手、体がきついと思うのでゆっくり休んでまたどこかで戦えればと思います。強い相手とやらせてください」と、三輪を気遣うと同時にさらなる強敵と戦いたいと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント