EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
キックボクシング
レポート

【KRUSH】武尊の後輩・晃貴がリベンジ&初防衛に成功、K-1トーナメント出場権も獲得

2019/04/20 00:04

▼第3試合 K-1 KRUSH FIGHTバンタム級 3分3R・延長1R
●萩原秀斗(K-1ジム総本部チームペガサス)
判定0-3 ※28-30、27-30、26-30
〇蒼士(昇龍會)


 1R、蒼士は強烈な右ローを狙い撃ちするが、そこへ萩原がパンチを合わせてくると左ミドルに切り替える。この左ミドルでダメージを与えたと見たか蒼士はボディをパンチで攻めていく。


 2Rも強烈な左ボディとローで攻めていく蒼士に萩原は後退を繰り返すが、右が当たり始める。しかし、萩原が左ボディを打ったところに蒼士が左フックを合わせてダウンを奪う。


 3R、打ち合いにいく萩原だったが、逆に蒼士の左ボディや右ストレートをもらう形に。蒼士の的確な攻撃は最後まで萩原を捉え、萩原の逆転を狙うパンチは空を切って蒼士が判定勝ちした。

▼第2試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級 3分3R・延長1R
〇伊藤健人(K-1ジム目黒TEAM TIGER)
KO 3R2分30秒 ※右ヒザ蹴り
●優谷(WSRフェアテックス西川口)


 1Rはミドルとローの蹴り合いから始まり、伊藤が右ローで優勢に立ったかと思われたが、中盤からサウスポーの優谷のワンツーが伊藤をとらえ始め優谷がパンチで前へ出てヒットを奪う。


 2Rもパンチで攻めていく優谷だったが、伊藤のミドルとパンチをボディにもらうと大きくリングを回り始める。それを追っていく伊藤。


 3R、伊藤の右ストレート、右ハイがヒット。さらに右のパンチをボディに叩きつけると優谷は露骨に嫌がり、伊藤はボディへ攻撃を集中させる。顔面を打ってボディへつなぎ、右ボディでダウンを奪うと、最後は優谷の右フックに右ヒザ蹴りを合わせてKO勝ちした。

 伊藤はマイクを持つと「これからもチャンピオンを目指して頑張っていきます」とアピールした

▼第1試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級 3分3R・延長1R(※18:00~)
〇平山 迅(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
KO 2R1分46秒 ※右顔面ヒザ蹴り
●竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)


 2018年6月に瑠久に延長戦のスプリット判定の末に敗れた平山だが、半年振りとなる今回の試合は、スーパー・ライト級への階級転向、そしてシルバーウルフ移籍という二つの大きな決断を下しての再起戦となる。


 対する竹内はチームキングス移籍初戦となった2月のKrushで1RKOという最高の結果を飾り、上り調子で平山を迎え撃つ。


 1R、左ミドルを蹴る竹内に平山は右を中心としたパンチでプレッシャーをかけていく。左ボディと左右フックで襲い掛かり、終盤、左ボディからの右フックでダウンを奪う。


 2R、平山がコーナーへ詰めてのパンチ連打で竹内を釘付けにし、強烈な左ボディからの右顔面ヒザ蹴り連打を突き上げてKO勝ちした。平山はマイクを持つと「去年逃したので今年8月、K-1大阪大会にぜひ自分を呼んで下さい」と出場をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント