SirikaSirika
MMA
レポート

【GRACHAN】山本琢也が二階級制覇でRIZINアピール、川中が竹川との再戦制す、植田が藤村に判定勝ち、岸本vs.村田はドロー

2020/12/06 14:12
【GRACHAN】山本琢也が二階級制覇でRIZINアピール、川中が竹川との再戦制す、植田が藤村に判定勝ち、岸本vs.村田はドロー

(C)GRACHAN

◆GRACHAN 46
2020年12月6日(日)東京・大田区産業プラザPIO

▼第8試合 GRACHANフェザー級王者決定戦 5分3R
○山本琢也(パラエストラ千葉)
[2R 0分59秒 TKO] ※パウンド

×鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)

 GRACHAN初の二階級制覇王者・阪本洋平の後を追う形となった山本琢也が階級を落としフェザー級のベルトを狙う。2016年から阿部右京、近藤秀人、長岡弘樹、岸本泰昭、植田豊を相手に5連勝中。前戦の植田戦では、ハイキックを蹴ってバランスを崩した植田に山本が嵐のようなパウンドと鉄槌のラッシュでTKOに下している。

 対する鍵山は、現在UFCで活躍するチェ・ドゥホに2010年に勝利、2011年には佐々木憂流迦とも拳を交えてドロー、数々の修羅場をくぐってきている。2018年9月のプロ修斗 BORDERでは、天草ストロンガー四郎にボディロックでテイクダウンを奪われながら、すぐにブリッジからシングルレッグで立ち上がり小外でテイクダウン。バックマウント&パウンドで1R KO勝ち。

 2019年6月には「GRACHAN 40 × BFC No.3」で崎山勲に判定勝ち。2020年7月のプロ修斗・大阪大会では、青柳洪志を判定で下すなど3連勝中だ。

 1R、山本の右の蹴り足を掴み引き込み気味になる鍵山を潰してパウンド連打する山本。鍵山もハーフガードから脇差し上を取り返すが右目にダメージを負う。2R、鍵山の左ハイを肩口で受けて左右ラッシュで前進する山本! 的確に打ち込むが鍵山も組んで凌ぎ立ち上がり、山本の足を手繰り上に。そこで金網背に立ち上がる山本は落ち着いて左フックを当て、左ヒジ、左右ラッシュ。倒れた鍵山にパウンド連打レフェリーが間に入った。

 2本のベルトを手に山本はケージのなかで「今回、フェザー級に落としていろんな人に助けてもらいました。ありがとうございます。二階級取ったということで、RIZINで戦ってみたいと思います。まだまだ実力不足なので、ここから練習して強くなって、もっと大きな舞台で山本琢也という名前を売っていけるように努力したいと思います。今後もまた楽しみにしてください」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事