ONEONE
キックボクシング
レポート

【ビッグバン】FUMIYAがKrush王者・山際和希をバックハンドブローで衝撃KO

2020/11/08 17:11
【ビッグバン】FUMIYAがKrush王者・山際和希をバックハンドブローで衝撃KO

FUMIYA(右)が現Krushウェルター級王者の山際をKOする番狂わせ 撮影/安村発

「スーパービッグバン2020 ビッグバン10周年記念興行・谷山ジム35周年記念興行」<第1部>
2020年11月8日(日)東京・TDCホール

▼第9試合 メインイベント第2試合 67kg契約 3分3R
×山際和希 (谷山ジム/Krushウェルター級王者)
KO 2R 3分00秒 ※バックハンドブロー
〇FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)


 山際は2009年に全日本学生キックボクシング連盟ウェルター級王者となり、プロデビュー後も順調に勝ち星を積み重ね、2015年6月にBigbangウェルター級王座を獲得(現在も保持)。2017年2月まで11連勝を記録した。K-1 JAPAN GROUPには2013年から参戦し、2017年9月にはK-1初代ウェルター級王座決定トーナメントにも出場した。8月のKrushで行われた第7代Krushウェルター級王座決定トーナメントの1回戦で一吉(RAOU JAPAN)を1R1分35秒、右フックでKO。決勝戦では近藤魁成(大成会館)に1R3分ちょうどでTKO勝ちし、悲願だったKrush王座に就いた。今回が王者としての第一戦目。戦績は31勝(13KO)14敗4分。


 対するFUMIYAもK-1&Krushで活躍するファイターで、水泳でジュニアオリンピックに出場し、陸上でも関東大会出場を果たしたフィジカルエリート。2017年3月にKrushでプロデビューし、そのデビュー戦では2戦目の鈴木に2度ダウンを奪われるも、3Rに右ストレートで逆転KO勝ちを収めている。前戦は7月のKrushで鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)に1R1分30秒、KO負けを喫している。戦績は5勝(5KO)7敗。


 1R、山際が得意の右ミドルを蹴れば、負けじとFUMIYAも左ミドルを蹴る。山際の左右フックを浴びたFUMIYAはバックハンドブローを2連発、その直後にバックスピンキックも。山際はロー、ミドルを蹴りながらパンチを一発ずつ丁寧に当てていく。


 2R、山際は右ミドルから右フック、Bigbangルールを活かしたワンキャッチからのヒザ蹴りをボディに突き刺す。FUMIYAも左フックと左ミドルで応戦するが、疲れが見え始めて一発放ってはクリンチに。山際は単発ながら右を的確に当てる。FUMIYAはもらっても構わず前に出る。


 山際がもみ合うような状態で右フックを放った直後、FUMIYAが至近距離で回転してのバックハンドブロー。ラウンド終了ゴングとほぼ同時に山際がダウンし、そのまま失神。現役Krush王者にFUMIYAが衝撃KO勝ちを収めた。


 FUMIYAはマイクを持つと「ここ最近、僕は勝ちがあまりなくてもう終わったんじゃないかって周りの人やファンの人にSNSで言われていたんですが、これがFUMIYAです!」と笑顔でアピールした。

▼第8試合 メインイベント第1試合 72kg契約 3分3R
×MIKE JOE(フィリピン/BATTLE FIELD/TEAM J.S.A/Bigbangスーパーウェルター級王者)
判定0-3 ※29-30×2、28-20
〇神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)


 JOEはアマチュアボクシングからキックボクシングに転向し、MMAにも挑戦した。8月のKrushに初参戦すると、藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を相手に独特な柔らかい動きでパンチをかわし、右のストレート&フックをヒットさせての判定勝ち。


 神保はK-1アマチュアを経て2015年6月にKrushでプロデビュー。2019年6月にはKrushスーパー・ウェルター級王者ジョーダン・ピケオーに挑戦したことも。同年9月にはK-1に初参戦し、城戸康裕(谷山ジム)と対戦したが2R2分29秒、KO負け。今年3月には「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に抜擢されたが、1回戦でエダー・ロープス(ポルトガル)に2R49秒、KO負けを喫している。


 1R、どっしりと構えるJOEに神保はジャブを起点に、左ロー、左ミドル、右ストレートと単発ながら攻撃を当てていく。


 2R、ガードを固めるJOEに神保は左右のボディ。JOEも左右フックと前蹴りを放つが、神保は打ち終わりをしっかり狙って打って行く。神保の後ろ蹴りにJOEも後ろ蹴り。


 3R、JOEはジャブと前蹴り、神保は左ボディと3連打。JOEはカウンターのテンカオを上手く当てていくが、神保のストレートに仰け反る画面も。右ストレートと左フックで前に出る神保にJOEも淡々とパンチを返すが、前に出て攻め続けた神保の判定勝ちとなった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事