MMA
レポート

【ONE】クラップダムがセンマニーを豪快KO、ピンカがMMAデビュー熱闘も判定負け、Little Tigerが東欧美女に完敗

2020/08/21 12:08
【ONE】クラップダムがセンマニーを豪快KO、ピンカがMMAデビュー熱闘も判定負け、Little Tigerが東欧美女に完敗

クラップダム(左)のオープンフィンガーグローブを着けた左強打が格上のセンマニーを打ち砕いた(C)ONE Championship

「ONE: NO SURRENDER III」
2020年8月21日(金・現地時間)ABEMA配信
※試合はタイ・バンコクのインパクト・アリーナで2020年7月31日に、リングで行われた。

▼第6試合 ONE SUPER SERIES バンタム級(※65.8kg)ムエタイトーナメント準決勝 3分3R
×センマニー・クロンスアンプルリゾート(タイ)
KO 1R
〇クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)


 センマニーは6歳でムエタイを始め、15歳でルンピニースタジアム認定ミニフライ級王座を獲得。その後はラジャダムナンスタジアムで3階級制覇も達成し、2012年にはタイ・スポーツ記者協会が認定するムエタイMVPも獲得した 「近代ムエタイの最高傑作」と称されるムエタイ界のスーパースターだ。今年1月にはONEで健太から勝利を収めている。


 クラップダムはサウスポーのファイタータイプで、左ストレートを決め技とする元ルンピニー2階級制覇王者。2018年にはプロムエタイ協会ライト級王者の肩書を引っ提げて初来日。REBELSのリングで梅野源治とルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦を争い、4Rに強打で梅野を2度ダウンさせてのTKO勝利を収め、日本のムエタイファンにも強烈なインパクトを残した。


 ムエタイではディフェンスやスタミナに難のあるクラップダムが不利とされるが、ONEのオープンフィンガーグローブ使用3分3R(ロープの四角いリング)のルールならば、強打のクラップダムが引っ繰り返す可能性は十分にあるという戦前の予想。この試合の勝者が8月14日に配信された「バンタム級(※65.8kg)ムエタイトーナメント準決勝」でロートレックに勝利したセーマペッチ・フェアテックス(タイ)と決勝戦を争うことなり、優勝者が現バンタム級王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)に挑戦することが予定されている。


 1R、サウスポー同士。クラップダムはジャブで距離を測りながら右アッパーからの左ストレートを繰り出す。クラップダムはこの右アッパーと左ストレートを多用。センマニーはジャブと左ミドルで様子を見ていたが、飛び込んでの左ヒジを繰り出す。


 センマニーが強烈な左ローを蹴り、クラップダムの右足がくの字に曲がるが、クラップダムはすぐに前へ出てパンチを放ち、狙っていた右アッパーでセンマニーにスウェーさせてからの左ストレートをセンマニーのアゴに直撃させて一撃KO。

 一発の破壊力をオープンフィンガーグローブの拳で発揮し、センマニーを破る大金星。クラップダムが豪快KOでセーマペッチの待つ決勝へ駒を進めた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント