AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【RIZIN】朝倉海をKOしたマネル・ケイプが今度は朝倉未来を挑発「あなた達のお尻を叩く父親になりましょう」

2020/01/22 12:01
【RIZIN】朝倉海をKOしたマネル・ケイプが今度は朝倉未来を挑発「あなた達のお尻を叩く父親になりましょう」

ケイプ(左)が今度は朝倉海の兄・未来(右)との対戦をアピールするも、未来は相手にしない構え

2019年大晦日の『RIZIN.20』で朝倉海(トライフォース赤坂)とRIZINバンタム級(61kg)王座決定戦を争い、2R38秒、TKO勝ちで新王座に就いたマネル・ケイプ(アンゴラ)が、次の標的に朝倉海の兄・朝倉未来(トライフォース赤坂)に狙いを定めた。

 ケイプは1月21日に自身のSNSに「朝倉みくると戦いたい2020」と日本語で投稿。これに未来もSNSにて「天狗になる気持ちもわかるけど2020は弟にやられないようにしっかりトレーニングしとけよ」と返信した。

 しかし、海との再戦を実現させるまでストーカーのように執拗な挑発を繰り返したケイプは「RIZINで一番楽な試合はお前の弟だった。頼むから2020年に再戦とかやめてほしい。俺とやりなさい。あなた達のお尻を叩く父親になりましょう」と、日本語でさらに挑発的な文章を投稿。

 未来は全く付き合う気がないらしく「兄貴が仇とらなきゃならないほどヤワな弟じゃないんでね。売名に付き合うのもここまで。それにしてもあいつ日本語うますぎ」と、ケイプの売名には付き合わない、海が必ずリベンジするとして、このやり取りの終焉を宣言した。

 以後、まだケイプからの反応はないが、海戦を実現させるための執拗なアピールを続けてファンからの後押しも獲得したケイプのこと。味をしめてさらなる挑発を続けるかもしれない。なお、未来はケイプよりも一階級上のフェザー級(65.8kg)だ。



<関連ニュース>
朝倉未来「海はここで終わる男じゃない」「夜叉坊とは俺は全然、別にいつでもやってもいい」
今年のGPは朝倉未来と渡辺華奈の階級が候補、2月以降の大会スケジュール
マネル・ケイプが朝倉海に勝利した理由「敗戦から学び、受け入れることが出来た」
ケイプが再戦で朝倉海をTKOし新王者に、未来はベラトールとの対抗戦に勝利

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年3月号
2020年1月23日発売
3月22日(日) 「K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会主役の武尊ロングインタビュー。年間MVP候補の木村“フィリップ”ミノル。大晦日RIZINの2王者マネル・ケイプとトフィック・ムサエフ独占インタビュー、MVP、朝倉未来&海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事