MMA
レポート

【修斗】宇野薫が3年7カ月ぶり勝利に涙。倉本一真がジャーマン連発で根津優太に勝利、黒部三奈が優勝宣言

2019/11/24 17:11
【修斗】宇野薫が3年7カ月ぶり勝利に涙。倉本一真がジャーマン連発で根津優太に勝利、黒部三奈が優勝宣言

【写真】双子の長男・次男、長女らとマット上で3年7カ月ぶりの勝利を喜ぶ宇野薫

2019年11月24日(日)東京・後楽園ホールにてプロフェッショナル修斗公式戦『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』が開催された。

前日計量では、メインイベントのフェザー級戦で、ドイツ・フェザー級王者のマーカス・ヘルドが65.4kg。宇野薫が65.5kgでともにパス。ヘルドは「ウノは僕にとってレジェンド。明日はベストを尽くして戦う」と意気込みを語れば、5月大会で約2年振りに復帰し、強豪デュアン・ヴァン・ヘルフォートを相手に判定で惜敗ながらも存在感を示した宇野は、「メインイベントとしてお客さんを満足させて帰す試合をしたいと思います」と決意を示した。

▼第11試合 メインイベント フェザー級 5分3R
×マーカス・ヘルド(65.4kg/同級ドイツ王者/GERMAN TOP TEAM)
[2R 1分56秒 チョーク]

○宇野 薫(65.5kg/日本/UNO DOJO)

宇野は5月6日の修斗30周年記念大会で約2年振りにMMA復帰、欧州修斗代表のマルタイン・デ・ヨングが自信を持って送り込んで来たデュアン・ヴァン・ヘルフォート(グレイシーバッハ・ネーデルランド)と対戦し、判定負けを喫した。

メジャープロモーションでは無名のオランダ人柔術家ヘルフォートは、2018年3月にONEファイターのアンソニー・アンゲレンにチョークで一本勝ちの実績を持ち、宇野を柔術で下した後には、7月にリオン武を打撃で攻め込み判定勝ち。修斗2連勝を飾る実力者だった。

ヘルフォート戦ではバックを取られながらも正対するなど熱戦を展開したが、際の部分を制したのはヘルフォートで、厳しい現実と向き合うことにもなった宇野。今回のヘルド戦に向け、「課題として残った部分を今回の試合までに練習をしてきました」という。

プロデビューから22年。戦績は50戦を優に越え、44歳を迎えながらもMMAファイターとして拘り続ける宇野薫が目指すものはいつも勝利のみだった。ヘルフォート戦から2週間後には英国「POLARIS」に参戦。元UFCのリー・レメディオスにストレートアームバーを極めて一本勝ちするなど、組み技の進化を見せている。今回の試合前にはKRAZYBEEでの出稽古も敢行。

結果としては、2017年4月の斎藤裕戦に続くMMA2連敗のなか、44歳の宇野は26歳のドイツ王者を相手に、大きなダメージを負わず周囲も自身も納得する勝利を見せられるか。MMA33勝20敗5分のレコードのなかで、UFC時代も含め、宇野は3連敗したことは一度も、ない。

事前のビデオでは、「諦めない」「連敗で崖っぷち」「そろそろという気持ちもあるし、まだでも辞めたくないっていう気持ちもあり、そこのせめぎあいを日々している」と、逡巡する気持ちを吐露している宇野は、勝利を渇望しながらも「メインとして、お客さんに満足してもらういい試合をしたい」と語った。

対するマーカス・ヘルド(GERMAN TOP TEAM)は修斗ドイツ・フェザー級王者。2019年1月の開幕戦に初来日し、世界王者・斎藤裕と対戦。序盤に斎藤の打撃を貰い秒殺かと思われたがグランドの展開に移行してからはマーカスのディフェンスに斎藤も攻めあぐねる所も見られ、下からの攻めに関しては侮れない動きをみせた。

2Rには齋藤のテイクダウンからのパウンドにKO負けを喫したが、母国帰国後にはその技に磨きをかけたという。2019年5月に欧州視察に訪れた佐藤ルミナのセミナーにも積極的に参加したヘルドは、新たな技術の習得にも余念がなく、ルミナから「打・投・極」の繋ぎを指摘され何度も繰り返し反復練習を行うなど、ドイツ人らしい勤勉さを見せていた。前回とは全く違うスタイルに変貌している事も充分考えられ、侮れない部分もある。

齋藤戦では四つ組みで下になったヘルドはスクランブルより寝技を選択することもあり、その際で齋藤のパスガードを許している。近年、寝技での進境著しい宇野としてはその部分でもきっちり上回りたいところだ。11月24日のメインで「必死で戦う宇野薫」から「勝つ宇野薫」を見せられるか。

1R、四つから小外でテイクダウンは宇野。ハーフから右で脇差しパスガード、マウントを奪うも、サイドに移り際にヘルドがリバーサル。そこでバックに回る宇野だが落とされ下に。ヘルドはバックから4の字ロックでリアネイキドチョーク狙いも後ろ手をはがす宇野は脱出。脇を潜って正対を試みるができず。

2R、ボディロックテイクダウンは宇野! ハーフから立ち上がろうとするヘルドのシングルレッグを潰して和術慧舟會伝統のチョークへ! 亀のヘルドにサイドから足をかけずに極めた!

3年7カ月ぶりの勝利に宇野は片ひざをついて涙。3人の子供たちをマットに上げ、「やっと子供たちをマットの上にあげることができました。新しいジムになって3年、やっと結果を出すことができました。皆さんありがとうございます。そして青木(真也)くん、ほんとうにありがとう。チームのみんな指導・アドバイスをくれてありがとう。青木くん(マットに呼び込み)やっと言える。俺たちはファミリーだ。そして今回、試合前にKRAZYBEEでも練習させてもらいました。きっとKIDが呼んでくれたんだと思います。僕は、もう少しだけ総合格闘技をやらせていただきます……修斗の30周年、宇野薫はまだまだ走り続けます。応援よろしくお願いします」と挨拶。子供たちと手を組み、四方に手を挙げて礼をした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事