MMA
レポート

【ONE】アンジェラ防衛、DJ、クリスチャンがGP優勝、岡見がONE初勝利、若松は判定勝ち。平田は連勝! 仙三は負傷TKO負け=第1部速報中

2019/10/13 17:10

▼第1部 第5試合 ONEウェルター級(※83.9kg)5分3R
○岡見勇信(日本/EXFIGHT)
[判定2-1]

×アギラン・タニ(マレーシア

岡見勇信は、アギラン・タニと対戦する。2019年5月大会からONEに参戦した元UFCの岡見は初戦でキャムラン・アバソフに2R TKO負け、8月大会でジェームス・ナカシマに判定負けでONE2連敗中。2カ月強のインターバルでの日本大会出場となる。対するタニは6月に上海大会で秋山成勲とのタフファイトを判定で競り勝ち、MMA戦績を9勝3敗としている。

タニを1R リアネイキドチョークで下しているアバソフ、そして12勝無敗のナカシマと、ここまで強豪と連戦している岡見にとって、またも厳しい相手が用意されたが、ONEウェルター級(※83.9kg)戦線で生き残ることができるか。

1R、サウスポー構えの岡見、オーソドックス構えのタニはいきなり跳び蹴りで入り、大きな右で牽制する。かわす岡見に詰めるタニ。岡見の最初の組み付きは切られるが、両者クリンチアッパー。右で差して四つからサバ折テイクダウンは岡見! しかしすぐに立つタニに、岡見はなおもダブルレッグテイクダウン! そこにギロチンを合わせてクローズドに入れるタニ。腰を上げる岡見は首を抜き、タニの亀になり際にバックへ! リアネイキドチョークを極めにいくが、後ろ手を何度もはがすタニが脱出! 立ち上がりミドルを突く。岡見は後退。力を使ったか。

2R、すぐに詰める岡見は四つに組んでクリンチアッパーはタニ! 岡見もダブルレッグへ。さらに四つから大内刈テイクダウン! すぐにバックに回り4の字ロックへ。首を狙うがまだダメージは与えられない。立つタニは岡見を背負うが、引き込む岡見はたすきがけの状態に。腰をずらして足を外したタニは亀に。しかし岡見の腕は喉元に入らず。正対し立ち際にタニは蹴りもそこに岡見がダブルレッグを合わせ、タニはギロチンへ。ゴング。

3R、タニの右をかいくぐり組みにいく岡見。突き放すタニ。左を突く岡見! さらに左の蹴りもつかんだタニがダブルレッグテイクダウン! 岡見は首を抱えるが抜くタニがパウンド! 足をきかせて背中を見せて亀から立つ岡見、バックについていくタニ。両足も回すが、岡見も首を守る。ケージウォークから手首を外し正対し、タニの首を持ちながら金網まで這い立つ岡見だが、そこでバックに回るタニ。岡見は片ヒザ立て、立ち際でタニはバックで引き込み。そのままゴング。

接戦の判定は……スプリット判定で岡見が勝利。両手を高々と挙げて咆哮した。

進退を賭けて戦い、ONEで嬉しい初勝利を挙げた岡見は、サークルケージの中で、「いやーほんとうにこの舞台に帰って勝者のコールを受けて幸せです。ありがとうございました! 1R、最初のチョークはかなりいい形で入って8、9割でした。彼の動きを見てると凌がれるかなと思いました」と語り、ほっとした表情を浮かべた。

◆アギラン・タニ
「いつもサポートをありがとうございます。日本の伝説のオカミ選手と試合できて光栄です。この試合を受けてくれてありがとうございます。この機会を与えてくれたONEにも感謝しています。(「アンダードッグでいることは楽だ」と言っていたが自信は?)自信はあります。100パーセントではないにせよ、コンディションも整えている。当日は私自身も試合が楽しみです」

◆岡見勇信
「ONE100回目の大会で、母国の日本で試合ができて光栄です。アギラン・タニ選手はONEで育った若くててすごく強い選手で、これからのONEを背負う人材です。今、『レジェンド』と言われましたが、自分にそんなつもりはなく、今でも自分が最強に強いと思っています。必ずONEのベルトを獲りに行こうと思っています。タニ選手に踏みつぶされるつもりは一切ありません。これまでONEで2試合やって、なかなか自分の実力を発揮できなくて、勝てていないです。でも、この2試合があったから、今の自分があると思っています。この2戦が大きく成長させてくれました。このままでは終われない。ぜひ見届けてください」

▼第1部 第4試合 ONE女子アトム級(※52.2kg)5分3R
○平田 樹(日本/K-Clann)
[2R4分44秒 アームバー]※センタク挟み

×イシゲ・リカ [石毛里佳](タイ)

平田樹は、6月の鮮烈一本勝ちから4カ月空けてのONE2戦目。前戦では当時プロMMA1勝1敗のアンジェリー・サバナルに1R 2分59秒、アメリカーナを極めているが、今回の相手イシゲ・リカは4勝3敗とプロMMAのキャリアでは平田を上回る。

日本人の父とタイ人の母を持つ日系タイ人のイシゲ・リカ(石毛里佳)は、柔道家であった亡き父からの影響で格闘技に関心を持ち、9歳から合気道とフルコンタクト空手を習い始めた。幼年期にはハーフのためにイジメにあったことを告白しており、格闘技は護身と強い心を持つためでもあったという。ブラジリアン柔術青帯で、シャノン・ウィラチャイ(MMA9勝5敗1NC)と出会いMMAを始めている。

ONEで白星と黒星を交互に繰り返しているイシゲは、平田が勝利しているサバナルに2018年3月に判定負けしており、上位戦線にからみたい平田にとっては必勝体制で臨みたい。日本をルーツに持ち、ONEレギュラー選手でアイドル的存在のイシゲとのマッチアップは、ONEの平田への期待の表れともいえる。

入場のコスプレを「自分で楽しんでやっている」というイシゲはセーラームーン姿で登場。対する平田はキャップをツバの後ろにかぶり、笑顔で入場。

1R、ともにオーソドックス構え。ジャブ突くイシゲは右の前蹴りも蹴り足を掴んだ平田が右ストレート! ダウンしたイシゲにパウンドする平田。イシゲは下から腕十字を狙うがまたいだ平田がかついでサイド奪い、上四方へ。

イシゲのブリッジに合わせて平田はマウントに。さらに左で脇差しパウンド。右で差して上体を立てるイシゲに首を狙う平田。イシゲは腰を切り平田をガードに入れると、シングルレッグでリバーサル! さらにバックを狙いに行くが平田が前方に落としてゴング。

2R、オーソから左ハイはイシゲ。右ローも。蹴り足をつかみにいく平田は圧力を強め右を連打。さらにボディ打ちを混ぜて打ち合いに。イシゲも右を振ると、その脇が開いたところにボディロイックテイクダウン! サイド回りアメリカーナ狙い。しかし、イシゲも極めさせず、ガードに戻す。ブレーク。

右を振って、組み付きそのまま前方に押し倒す平田。組みの圧力で上回る。下のイシゲは腕十字狙いも防ぐ平田はサイドに。アメリカーナ狙いから外したイシゲが亀になったところに、イシゲの腕を掴んで前転した平田はイシゲの腕を十字狙いで伸ばしながらセンタク挟みへ! 逃げられないイシゲがタップ。「格闘代理戦争」優勝からONE本戦出場という異例の海外進出を果たした平田が、ONEのアイドル、イシゲを下し、ONE2連勝を決めた。

試合後、平田は「こんな試合になると予想はしていませんでしたが、試合一つひとつ大事なので絶対勝たないとと思い臨んでいます。本当は打撃でKOしたかったんですけど、また寝技になっちゃいました。すみません」と、ダウンを奪った上での一本勝ちの圧勝ながらも満足していないことを語った。

◆平田 樹
「次の試合もしっかり勝つので応援していただけたら嬉しいです。相手はアイドルで可愛いですけど(笑)、試合は自分が勝つので安心してください」

◆イシゲ・リカ
「こんばんは、イシゲ・リカです。英語でもいいですか? 参加できて嬉しいです。(アイドル対決と言われ)相手もとても可愛いですね。ベストを尽くします」

▼第1部 第3試合 ONEストロー級(※56.7kg)5分3R
×仙三(日本/パラエストラ千葉ネットワーク)
[1R 1分57秒 TKO]
○リト・アディワン(フィリピン)

仙三は、第5代PANCRASEフライ級王者。2019年3月のONE第1回日本大会でフライ級GP一回戦に緊急出場し、ダニー・キンガッドとタフファイトを繰り広げるも判定負け。所属をFREEDOM@OZからパラエストラ千葉ネットワークに移し、怪我の治療を経て、約7カ月ぶりの復帰戦に臨む。

仙三と対戦するのはURCCで活躍しONE WARRIOR SERIESで3連勝をマーク、本戦出場を決めたリト・アディワン。フィリピンの名門チーム・ラカイ所属で、WARRIOR SERIESでは2度の1R TKO勝ちをマークしている。前戦では、「VTJ 8th」「Bellator 172」にも出場経験のあるアンソニー・ドゥを相手に右フックでダウンを奪う場面も作り判定勝ち。本戦初出場ながら、5連勝中の思い切りのいい強打には仙三も注意が必要だ。

アディワン戦に向け、仙三はSNSで、「相手はこれから必ずONEのトップにくるであろう才能のあるストライカーです。ただ俺もONEのチャンピオンになるつもりでPANCRASEからきました。もう負けられません。応援してくれるみんなの前で負けるのは死ぬほど怖いです。他は何も怖くない。自分の命すべてかけて戦う」と意気込みを記している。

1R、ともにオーソドックス構え。アディワンは右ロー。さらに首投げも金網にぶつかった仙三はバック狙い。アディワンは両足でスカーフホールド&アームバー! 首を抜いた仙三だが、立ち上がり際に圧力をかけるアディワン、右腕を床に着いた仙三はヒジを内側に曲げ、続行不可能に。アディワンのTKO勝ちに。仙三は悔しい連敗。

▼第1部 第2試合 ONEフェザー級(※70.3kg)5分3R
×プー・トー(ミャンマー)
[1R 3分17秒 リアネイキドチョーク]

○ユン・チャンミン(韓国)

1R、ともにオーソドックス構えから右ローは「格闘代理戦争」出身のチャンミン。さらにダブルレッグテイクダウン。首を抱えるチャンミンはクローズドに入れようとするが、パスしサイド奪うチャンミンはクルスフィック気味に左腕を押さえパウンド。

さらにマウントへ。ブリッジからシザーズを狙うトーだが、チャンミンはバックに。リアネイキドチョークを極めた。

チャンミンは3試合連続1Rフィニッシュ!

▼第1部 第1試合 ONEキャッチウェイト 68kg契約 5分3R
×スノト(インドネシア)
[1R 1分43秒 TKO]

○クォン・ウォンイル(韓国)

1R、ともにオーソドックス構え。ウォンイルの右ヒザを金的に受けたスノト。中断後、再開。スノトはダブルレッグから、シングルレッグに切り替えるも、小手に巻いてしのぐウォンイル。スノトはテイクダウン出来ず。ウォンイルは右ストレートを効かせて、さらに右、左のラッシュ。パウンドアウトした。



◆「ONE: CENTURY 世紀」第2部の全試合結果・写真・レポートはこちら

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事