AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【RISE】山田洸誓が豪快KOで10戦無敗のまま王者に、女子は寺山日葵が完勝で新女王

2019/09/29 22:09
【RISE】山田洸誓が豪快KOで10戦無敗のまま王者に、女子は寺山日葵が完勝で新女王

山田の強烈な右フックが決まった瞬間

「RISE 134」
2019年9月29日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第11試合)スーパーライト級(-65kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇山田洸誓(正道会館KCIEL/同級1位)
KO 2R 1分25秒 ※3ノックダウン
×山口侑馬(山口道場/同級2位、元Innovationライト級王者、第4代DEEP☆KICK 60kg級王者)
※山田が新王座に就く。


 プロデビュー以来無敗記録を誇っている正道会館の空手家・山田は、9戦9勝6KOと“高知のKO仕掛け人”ぶりを発揮した脅威の戦績で高橋幸光、森本一陽などの強豪選手も下している、7月の大阪大会で同級1位タップロンを僅差の判定で破り、今回の王座決定戦へコマを進めた。


 山口は大阪山口兄弟の弟で、Innovation、DEEP☆KICK 60kg級でタイトル獲得経験を持つ。近年はKNOCK OUTで活躍し、兄同様の倒すか倒されるかのド突き合いファイトを展開。7月の後楽園ホール大会で、4勝4KO無敗のホープ森香津眞を2RにKOで仕留め、タイトルに王手をかけた。


 1R、山田は蹴りを多用。ロー、前蹴り、ミドルで快音を発する。山口はその重い蹴りをパンチで迎え撃つ。山田はハイキックからの右フックで山口をグラつかせるとラッシュをかけて右フックでダウンを奪い、すかさず右フックでダウンを追加。


 2Rは序盤から打ち合いとなり、山田が左フックのカウンターでダウンを奪う。立ち上がった山口は前へ出て打ち合いを挑むが、またも左フックでダウンを奪われる。最後は左フックの相打ちの形で山口だけがヒザを突き、3ノックダウンで山田がKO勝ち。無敗のまま王座に就いた。


 山田はマイクを持つと「こんな勝ち方予想していなかったので何を言うか考えていませんでした。ここ2戦いい動きが出来ずKO勝ちも遠のいていたので、今回は挽回できたかな。自分の中でクリアーしたいことが出来たのでそこはよかったと思います。地元愛媛で遠いところから60名が応援に来てくれています。本当に感謝しています」と興奮気味。


 続けて「ベルトのことしか戦う前は考えてなかったのですが、ベルトの価値を高めていきたいと思います。自分5月に結婚して自分の妻のお腹に子供がいます。2018年のRISEラウンドガールと結婚させていただきました。すいません(笑)。自分で何を言っているか分からなくなったので、ベルトを任せてもらったことは意味があると思うので、恥をかかせないようにいい働きをしていきたいと思います」と結婚報告と共に王者としての決意を語った。

▼セミファイナル(第10試合)RISE QUEENミニフライ級(-49kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※50-47、50-46、50-46
×佐藤レイナ (team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級1位)
※寺山が新王座に就く。


 7月大会で行われたRISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメントを勝ち上がったJ-GIRLSミニフライ級王者・寺山とNJKFミネルヴァ アトム級1位・佐藤が、RISE QUEENミニフライ級タイトルマッチ(王座決定戦)3分5R無制限延長ラウンドで対戦する。


 寺山はジュニア時代から数々のアマチュア大会で好成績を残し、15歳でプロデビュー。7戦目でMISAKIに初黒星を付けられたが、2018年11月のJ-GIRLSミニフライ級タイトルマッチでリベンジを果たしている。7月大会ではNJKFミネルヴァ・ライトフライ級5位・後藤まきに大差の判定勝ちで決勝進出。


 佐藤はREBELS王者の良太郎を師に持ち、ジュニア時代から試合経験を積む。2014年の高校進学と同時にプロデビューし、同年10月には『TRIBELATE』の女子ピン級王座決定戦で勝利し、高校1年生でプロ初戴冠している。サウスポーでミドルキックを中心に組み立てる19歳。7月大会では小林愛三と対戦するはずだったが、小林の計量オーバーにより不戦勝で決勝へコマを進めた。


 1R、寺山が得意の蹴りを多用しつつ、要所要所で右ストレートを打ち込む。離れ際には右ハイをヒット。サウスポーの佐藤は徹底してローを蹴る。


 2R、寺山は離れてミドルと顔面前蹴り、接近するとヒザを突き上げる。身長差のある佐藤にこのヒザが的確に決まる。佐藤は徹底してローを蹴るが、手数、ヒット数ともに寺山が上回ったか。


 3R、動き回る佐藤だが距離は寺山の距離。ミドルを蹴ってけん制し、右の三日月気味の前蹴りを多用。右ストレートも打ち込む。佐藤はこのラウンドもローを蹴っていくが寺山のリーチと距離に攻めあぐねている様子。


 4R、寺山の長い距離をなかなか詰められない佐藤。寺山は接近戦になってもヒザを蹴り、離れ際にパンチを入れるなど全ての距離で攻撃を当てる。佐藤はフックで強引に切り込むも寺山を捉えられない。


 5Rも寺山が離れてミドルと前蹴り、右ストレート。接近するとヒザと左右フック。さらに離れ際にも蹴りを入れるなどすべての距離で試合を支配。佐藤はあきらめずにローを蹴り、フックを打つが、寺山を最後まで捉えきれず。最後は寺山がパンチのラッシュを仕掛けて試合終了。大差の判定で寺山が勝利し、新女王の座に輝いた。


 寺山はマイクを持つと「16日の(那須川)梨々みたいなハイキックでKO勝利狙っていたんですが、KOできなかったんですが何とかベルトを巻くことが出来て凄く嬉しいです。他の選手と比べて試合がそこまでじゃないし、ビジュアルもそこまでよくもないですし、プロの選手として特化したものはないんですが、このベルトを最強のものにするべく頑張っていきます」と話すと、「11月、女子だけの大会を開催するとのことなので、私がキックボクサーの中で一番尊敬している紅絹選手とチャンピオン対決がしたいです。11月にできなくても、もしどこかでしてくれたら。返事待っています」と、女子アトム級王者・紅絹とのチャンピオン対決をアピールした。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事