MMA
インタビュー

【RIZIN】マネル・ケイプと対戦する水垣偉弥「ヌルマゴメドフのように組み勝ち、パウンドすることに憧れていた。15分間、勤勉にいっぱい働きます」

2019/08/18 10:08
【RIZIN】マネル・ケイプと対戦する水垣偉弥「ヌルマゴメドフのように組み勝ち、パウンドすることに憧れていた。15分間、勤勉にいっぱい働きます」

2019年8月18日(日)「RIZIN.18」愛知・ドルフィンズアリーナ大会でマネル・ケイプ(アンゴラ)と対戦するRIZIN初参戦の水垣偉弥(SONIC SQUAD)が直前取材に応じた。

2005年に修斗でプロデビューした水垣は、同年の新人王決定トーナメントで優勝。2008年にCAGE FORCEバンタム級王座に就き、2009年4月からWECに参戦。ズッファ社のWEC買収にともない、2011年3月からUFCに参戦、8勝6敗の戦績を残した。特に2012年11月から2014年5月まではオクタゴンで5連勝を飾る活躍を見せている。

その後、ACBに参戦し1勝2敗。2019年5月にDEEPに初参戦し、元PANCRASEライト級王者の昇侍を相手に判定勝利。2015年9月のUFC日本大会以来、3年半ぶりに日本での勝ち名乗りを受け、35歳にして連勝をマークしていた。MMA戦績23勝13敗2分。

RIZIN参戦会見時に水垣は「堀口恭司選手と戦うためにここへ来ました。格闘技人生は残り少ないと思いますが、そこにたどり着けるまでしっかり戦います。戦うモチベーションをくれた堀口選手とRIZINに感謝しています。最後まで頑張ります」と、打倒・堀口を宣言している。そこに辿り着くためには、“門番”マネル・ケイプを下す必要がある。

──コンディションは?

「いつもより軽めな契約体重(61.0kg契約)なんで心配していたんですけど、まぁ計量は大丈夫そうかなと(※計量では61.10kg→61.00kgと2回目にジャストでパス)」

──対戦相手の印象は?

「みなさんご存知の通り、身体能力が高いのと、あとは賢い。試合中にリズムを変えたり、ずらしてきたりする賢いところを注意しています」

──ケイプ選手はなるべく早く、30秒で終わらせたい、と。

「いやー、僕は勤勉なので、なるべく15分考えて試合をしたいですね。いっぱい働きます」

──どんな試合を見せたいですか?

「勝たなければ始まらないので、必死に勝ちに行く姿を見てもらえたらと思います。その先を考えると良い勝ち方をしたいと思います」

──ケイプ選手は「水垣選手はオールドライオンだ」と。「『ライオンキング』を見れば結果がどうなるかわかるだろう」と話していました。

「まず、『ライオンキング』を知らないので、ケイプには悪いなあと。いまいち伝わってこないですけど(苦笑)。まあ、オールドでも“ライオン”と言ってもらえるならいいかなって(笑)」

──いま気になるファイターがハビブ・ヌルマゴメドフだというのは?

「ヌルマゴメドフがUFCに来た2試合目くらいから、こいつヤバいなと思っていて。ほんとうはああいう戦い方したいんですよ。全然。ファイトスタイルが違ってましたけど、総合格闘技やったのはパウンドに憧れてやったので、昔から相撲も好きですし、組み勝つということに憧れていたのが、いつの間にか違う方向に進んでいたので、いまは参考にすることが多いですし、最近は一番よくヌルマゴメドフの試合を見ています」

──ドミネートしたいと。

「そうですね。そんなに簡単にああいうことはできないですけど、ひとつの理想像ではあります」

以下は、記者との質疑応答に出てきた、水垣の事前アンケ-トの回答だ。北米で数多くの大一番を超えてきた、ベテランらしい味わい深さがあり、あわせて紹介したい。

水垣偉弥「これだけは譲れないもの? 試合の勝敗くらいですかね」

──RIZIN初参戦ですが、どんなお気持ちですか?

「日本の最高の舞台で試合出来ることに嬉しく思っています。RIZINは選手を上手にプロモーションしてくれる印象があるので、それにうまく乗っかりたいなと思っています(笑)」

──対戦相手の印象(イメージ)を教えて下さい。

「身体能力が高く非常にクレバーな選手だと思っています」

──この試合に向けてどのような練習をしてきましたか?

「基本的にはいつもと変わりません。ここ最近は自分の悪くなった部分の修正やそれ埋めるのにどうするかを考えることが多いです」

──格闘技を始めたのはいつですか?

「17歳の頃で、観るのが好きだったからです」

──憧れのファイターは誰ですか?

「沢山いますが、今の1番はハビブ・ヌルマゴメドフです。圧倒的に強いスタイルが好きです」

──あなたの特徴、ここを見て欲しいというポイントを教えて下さい。

「終わりかけのおじいちゃんが、生き残りをかけて勝ちにいくところ」

──休日の過ごし方は?

「子供と遊ぶ、ゲーム、自転車に乗る、スポーツ観戦」

──好きな音楽は?

「好きになったものが好きという感じでです」

──好きな食べ物は?

「スイカ」

──嫌いな食べ物は?

「最近あんまりなくなりました」

──好きな本・漫画は?

「本は気分次第で、漫画はあまり読みません」

──好きな動物は?

「とくにないです」

──これだけは苦手なもの・ことは?

「貯金」

──座右の銘は?

「ないです」

──今までで一番の失敗は?

「ドミニク・クルーズに負けたとき引退しなかったこと(笑)」

──今までで一番嬉しかったことは?

「2人の子供が出来たこと」

──最近ハマっていることは?

「グランツーリスモ」

──格闘技をしていなかったら何してる?

「自転車選手かF1ドライバーを目指したかった」

──格闘技以外で自信があることは?

「格闘技も含めてないです(笑)」

──小学生の頃の夢やなりたかったものは?

「野球選手」

──最近一番笑ったことは?

「子供の寝言」

──今まで一番泣いたことは?

「しょっ中泣いてるんでどれだかわかりません(笑)」

──あなたの宝物は?

「2人の子供」

──睡眠時間はどれくらい?

「8~10時間くらい」

──これだけは譲れないもの・ことは?

「試合の勝敗くらいですかね」

──初デートはどこに行く?

「モナコでF1を見たいです」

──尊敬する人物は?

「フランク・エドガー」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事