キックボクシング
インタビュー

【ONE】武尊に最速インタビュー「ロッタンは真っ向から小細工なしの打ち合いをしたがっている目をしていた」「この2人で3分5R打ち合ったら絶対にどちらかが倒れる」

2023/12/01 12:12

絶対にどちらかが倒れますよね


――先にロッタン選手のインタビューを行ってきたんですが、『ゴング格闘技』本誌のインタビューでも武尊選手は「うるさいよ」と一喝していましたが今回も「武尊はガードが甘い」と指摘していました。

「そう思ってくれていた方が、僕は都合がいいですね。計算しているわけではないけれど、そのガードの甘さだったり、攻撃をもらうのは僕の戦い方のひとつでもあるので。その強味はやってみたら分かるんじゃないですかね」

――ただガードが甘いわけじゃないよ、ということですね。

「そうですね。避けようと思えば避けられるんです。あえて避けていない部分はあるし…まあ、そこはやったら分かるよって感じですね」

――たしかにレオナ・ペタス選手との試合でも、一発もらってすぐに返して倒していました。ああいうカウンターは武尊選手の持ち味だと思います。

「相手の攻撃をもらう距離は自分が当てられる距離でもあるので。もらうリスクを背負ってでも攻撃を当てに行った方が、僕は倒せる攻撃が当てられると思うんですよ。避けて当てるのも技術だと思いますけれど、それだと倒れにくいので。特に軽量級は。どこかで自分も効くけれど、そういう攻撃を当てないと人間はなかなか倒れない。僕はそういう戦いでこれだけKOしてきたので。それをロッタン選手にやる人はいなかっただろうし、ロッタン選手は初めての経験になると思います」

――足を止めての打ち合いになったら自分の方が有利だ、倒れるのは相手の方だとも言っていました。

「それは全く同じことを僕も思っているので、当日が楽しみじゃないですか」

――実際、打ち合ってくると思いますか?

「打ち合うと思いますね。もちろんテクニックはあるし、使って来ると思うんですけれど、今までの試合を見てもそうだし、今日の目を見てもそうだし、何か真っ向から小細工なしの打ち合いをしたがっている目をしていました。だから、そういう試合になると思います」

――少し懸念されるのがムエタイ選手ということで、ミドルキックや前蹴りを駆使して距離をとって戦ってくるということも考えられなくはないと思うんですが。

「もしロッタン選手がそういう戦い方をしてきたら、それがウィークポイントになってしまうと思いますね。ロッタン選手の強さって、あの戦い方だからこそこれまで勝ってきているので。だからロッタン選手はそういう選択はしないと思います」


――ロッタン選手は打ち合いでの強さや乱戦での強さに目が行きがちですが、随所にムエタイのテクニックの上手さを持っていますね。

「その上手さがあることは分かっていますが、僕はそういうムエタイ選手は得意なんですよ。今までの試合もそうですけれど、ムエタイ寄りの戦いをすればするほど僕はやりやすくなります」

――それと3分5Rになったことで、これは自分にとって有利だとも言っていました。

「経験値で言ったらそうなのかもしれないですけれど、僕もフランスで3分5Rをやってみて合っているなって自分でも思ったんですよ」

――確かに。

「今までK-1でムエタイのチャンピオンと3人戦いましたが全員KOしています。だからvs.ムエタイに対する自信は凄くあって。ロッタン選手はムエタイ選手の中でもちょっとタイプが違う選手だからこそ警戒する部分があるんですけれど、ムエタイファイターという意味では自信があるし、噛み合うという意味ではどっちかが倒れるような戦いになると思うし、そういう戦いをすることが僕の格闘家をやっているうえでの一番幸せな戦いというか。だから、いろいろな意味で本当に楽しみです」


――3分5Rに関してはどのように考えて臨むつもりですか? 3分3Rのつもりで早い段階から倒しに行くか、それとも5Rを通じてのゲームメイクを考えてやるのか。

「前回の試合が3分5Rだったから、僕も最初は5R用の戦い方をしないといけないなって考えていたんですよ。でも結局、3分3Rのペースで戦っていました。それでも5Rまで動けましたし、ロッタン選手とだったら5R用の戦いで流していくみたいな展開にはならないと思うので、そこはあまり考えていないですね。なるようになるかなって。もし5Rまでもつれたとしても、5Rフルに動けるスタミナは付けて練習しています」

――おそらく3分5Rになったのは、この両者に完全決着をつけてもらいたいとの意向があるからではないかと思います。

「あると思います。僕からすればありがたいですね」

――ロッタン選手も確実にKOで決まる試合になるだろうと言っていました。

「この2人で3分5R打ち合ったら、絶対にどちらかが倒れますよね。僕も同じ思いです」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.331
2024年3月22日発売
UFC参戦に向け、ラスベガス合宿の朝倉海。「プロフェッショナル・ファイターの育て方」でチームを特集。『RIZIN.46』鈴木千裕×金原正徳インタビュー、復活K-1 WGP、PFL特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア