MMA
レポート

【ONE】青木真也、マイキー・ムスメシの「アオキロック」に一本負けで「ONE最後の試合を考えなくちゃいけない」、タン・リーがフェザー級暫定王者に。タワンチャイとディベラが判定勝ち、中国リーポンがナシューヒンをTKOで「青木と戦いたい」、手塚裕之が一本勝ちで秋山成勲を指名

2023/10/07 09:10
【ONE】青木真也、マイキー・ムスメシの「アオキロック」に一本負けで「ONE最後の試合を考えなくちゃいけない」、タン・リーがフェザー級暫定王者に。タワンチャイとディベラが判定勝ち、中国リーポンがナシューヒンをTKOで「青木と戦いたい」、手塚裕之が一本勝ちで秋山成勲を指名

(C)ONE Championship

 2023年10月7日(土)、タイ・バンコクのルンピニースタジアムにて『ONE Fight Night 15: Le vs. Freymanov』(ABEMA配信)が開催された。

▼ONE世界フェザー級暫定タイトルマッチ 5分5R
〇タン・リー(ベトナム/米国)
[1R 1分02秒 ヒールフック]

×イリヤ・フレイマノフ(ロシア)

 フェザー級暫定王座決定戦。父からテコンドーを、ライアン・ホールから柔術を習ったというベトナム系米国人ファイターのリーは、“ノックアウト・アーティスト”として知られ、2019年5月のONEデビュー以来、ユサップ・サーデュラエフ、朴光哲、高橋遼伍、そしてマーティン・ニューイェンを3R TKOに下し王座戴冠。

 2022年3月にはゲイリー・トノンの足関節にも対応し、1R、パウンドによるKO勝ちで防衛。ONE5連勝で、2022年8月に10連勝中のタン・カイと対戦し、判定負けで王座から陥落した。2023年7月にリマッチが組まれたが、王者タン・カイが負傷でキャンセル。今回の暫定王座戦が組まれた。MMA14勝3敗。

 対するロシアのフレイマノフは、2022年9月のONEデビュー戦で元王者ニューイェンに1RKO勝ち。さらに2023年6月に、モンゴルのシネチャツガ・ゼルトセトセグも1Rリアネイキドチョークで一本勝ち。ONE3戦目でタン・リーとの暫定王座決定戦を決めた。MMA12勝3敗。

 1R、ともにオーソドックス構え。先にタン・リーは左ハイ。ブロックするフレイマノフは、タン・リーの左右の前進にシングルレッグテイクダウン。

 しかし、タン・リーは下からヒップアタック、足をからめて50/50からストレートフットロックへ。後ろを向いて足を抜こうとしたフレイマノフにうつ伏せになり、ライアン・ホール仕込みの内ヒールフックを極めた。

 リング上で、5万ドルボーナスを告げられたタン・リー。そこにタン・カイがリングイン。フェイスオフ後、「まずはおめでとう。こんな早い時間でサブミッションでのフィニッシュはサプライズだったよ。彼をノックアウトする」とコメント。タン・リーも「少し休んで、彼と戦い、フィニッシュする」と答えた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント