MMA
レポート

【GRACHAN】ライト級で植田豊と山田哲也が痛み分けドロー、フライ級で御代川敏志が児玉勇也にTKO勝ちで次期挑戦者に、ダンカン・ヒロが瓜田幸造に打撃で競り勝ち、芳賀ビラルが山下康一朗に判定勝ち、佐藤洸杜がロバ・モーを跳びヒザKO!

2023/08/06 15:08
【GRACHAN】ライト級で植田豊と山田哲也が痛み分けドロー、フライ級で御代川敏志が児玉勇也にTKO勝ちで次期挑戦者に、ダンカン・ヒロが瓜田幸造に打撃で競り勝ち、芳賀ビラルが山下康一朗に判定勝ち、佐藤洸杜がロバ・モーを跳びヒザKO!

8月27日の「ROAD TO UFC」ライト級2回戦に出場するGRACHANライト級王者原口伸(vs.バテボラティ・バハテボラ)がケージのなかで挨拶。(C)GONG KAKUTOGI

『GRACHAN 63』速報

2023年8月6日(日)有明・TFTホール500

【写真】2023年8月27日にシンガポールで開催される「ROAD TO UFC」ライト級準決勝に出場するGRACHANライト級王者の原口伸(vs.バテボラティ・バハテボラ)が、『GRACHAn63』のケージのなかで挨拶。また、2023年下半期から2023年上半期の大会スケジュールも下記の通り発表された。

▼2023年GRACHAN大会スケジュール
GRACHAN64 / 15周年記念大会 10月15日(TFTホール1000)
GRACHAN65 / 12月17日(TFTホール500)

▼2024年GRACHAN大会スケジュール
GRACHAN67 /2月4日 大阪 176BOX
GRACHAN68 / 3月10日(大田区産業プラザPIO)
GRACHAN69 /5月26日(大田区産業プラザPIO)
GRACHAN69 /7月28日(大田区産業プラザPIO)

GRACHAN放送局

▼第10試合 GRACHANライト級 5分2R
△植田 豊(リバーサルジム新宿Me,We)
[判定0-0 ドロー] 
△山田哲也(E.D.O YOKOSUKA☆BASE)

 植田は、2009年DEEPフューチャーキングトーナメント優勝のベテラン。DEEPを主戦場としていたが一度は引退。2019年1月に、約5年のブランクを経て「Wardog Cage Fight 20 x GRACHAN 38」でカムバックし、モンゴルの豪腕ブレンゾリンク・バットムントに判定勝利。

 2019年12月の「GRACHAN42×GLADIATOR011」では、GRACHANライト級王者・山本琢也に挑戦するも敗戦。以降もGRACHANに継続参戦し、小谷直之には判定負けも、岸本篤史、藤村健吾に勝利するなど実力を見せてきた。

 2021年2月には、GLADIATORライト級暫定王座をかけて佐々木信治と対戦し、TKO負けも、2021年8月に林RICE陽太に判定勝ちで再起。2022年5月にGRACHANライト級暫定王者決定戦で原口伸に判定負けで、ここでも戴冠ならず。1年3カ月ぶりの再起戦で山田と対戦する。

 山田は、ONE Championshipを主戦場としていた元ZSTウェルター級王者。ONEでは水抜き無しのフェザー級(※70.3kg)=ライト級で戦い、エリック・ケリー、ラファエル・ヌネスに勝利後、マラット・ガフロフに判定負け。

 2020年12月にキム・ジェウォンに2R TKO負けでONEを離れたが、2023年2月の「GRACHAN59×BRAVE FIGHT27」で、約2年2カ月ぶりに復帰。モンゴルのブレンゾリグ・バットムンクにKO負けを喫した。その後、6月のグラップリングでLevel-Gライト級王座決定トーナメントでの2回戦進出を挟み、今回は適正階級というライト級で戦う。

 1R、サウスポー構えの植田はいきなりの右で飛び込み。さらに右ハイの植田をブロックした山田に足を滑らせた植田が下に。ヒジを落とす山田に外掛け足関節狙いから背中を見せて立とうとした植田のバックについた山田がバックキープからリアネイキドチョーク狙い。植田は組手争いで極めさせず。

 2R、咆哮して中央に向かった山田。山田の左ローに左ストレートを合わせに行く植田。

組む山田は小外がけテイクダウンで先に尻を着かせるがすぐに立つ植田。

なおも四つから小外がけでテイクダウンを狙うが、凌ぐ植田はボディロックの山田に内股狙い。

 残した山田の右差し小外がけの後方への投げが捨て身気味となり潰した植田が上に。ハーフから背中を着かせると、下の山田も細かいパウンド。

 上の植田も細かいパンチを脇腹に。「強いの打て」の声に植田は上体を開けると、山田がフルガードに戻して植田を抱き寄せる。植田が上のままホーン。

 判定は1Rずつを取り合った両者が痛み分けの3者ドローとなった。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント