MMA
インタビュー

【RIZIN】鈴木千裕、ボブ・サップ殺法でクレベルの寝技を封じるか「ぶっちゃけ、寝技には力。『パワーの前には技術は無意味』」=6月24日(土)『RIZIN.43』

2023/06/15 19:06
【RIZIN】鈴木千裕、ボブ・サップ殺法でクレベルの寝技を封じるか「ぶっちゃけ、寝技には力。『パワーの前には技術は無意味』」=6月24日(土)『RIZIN.43』

ボブ・サップのように「バーン」とスラムする、と語る鈴木(C)ゴング格闘技

 2023年6月24日(土)北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開催される『RIZIN.43』のメインイベントで、RIZINフェザー級王者クレベル・コイケ(ボンサイ柔術)に挑戦する鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)が15日、所属ジムにて公開練習。クレベルの寝技に対し、「ぶっちゃけ力で防げる。ボブ・サップが言ったように『パワーの前には技術は無意味』」と、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを苦しめたパワースラムの再現を予告した。

 初代KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者として、キックとMMAの二刀流で戦う鈴木は、公開練習でキックのタイマーのまま、1R3分のミット打ち。“疑似練習”ではなく、オープンフィンガーグローブを着用して気合の入ったパンチ・キックでは、ヒジ打ち、ボディ打ち、アッパーなど、テイクダウンを狙う相手にかち上げるような動きも見せた。

「コンディションはいつも通りですね。特に変わりは無く、風邪を引かなければバッチリです」という鈴木は、ガチモードの公開練習について、「今日の3分のラウンドは二刀流をやっているので、キックの要素入れてその中で倒し切ると。(試合への)覚悟を見せようかなと思って。みんなが見たいのは僕の打撃だと思うので、思いっ切り振っていこうかなと」と、「思いっ切り」のキーワードで語り始めた。

 試合のテーマは「もちろんKOしてチャンピオンになること」ときっぱり。

 その展開を「一方的に引き込まれるか、一方的に打撃で倒すかのどっちかだと思うので、僕はもちろん打撃の展開に持っていこうと思っています」と、あらためて打撃勝負を語った。

クレベルは打撃も「ものすごく強い」

 寝技が武器の王者クレベルの打撃については、「自分はものすごく強いと思ってます。寝技が突出してるあまり、打撃はそんなに評価されていないと思うんですけど、打撃も上手いですね。細身の人の方がパンチ力は強いんですよ、実は。見た目ががっちりしている選手よりも一発はあると思います。なので一切、気は抜かないで仕上げているので大丈夫です」と、自身のフィールドでも油断はないという。

「タックルに繋げる打撃と当てる打撃のメリハリが強い。“誘い打撃”と“ダメージを与える打撃”の2種類を使い分けている」というクレベルのスタンドについて、“誘い”とは、もちろん組み技に繋げるための打撃だ。

 その動きについても「研究したところで……と自分は思っているんで、思いっきりバーンとぶつかって倒そうかなと思っています」と、天才肌の表現で語る。

 序盤から打撃で一気に行くのか、と問われた鈴木は、「もちろんチャンピオンになるには、勝つためには何かを賭けないと。何もリスクなくチャンピオンになった人はいない。僕にとってはその最初じゃないですか。1発目に勇気を出して前に出る、というのは。倒されるかもしれないし、別に行かなくてもいい、見合って作っていくというのもありますけど、そういうリスクを取って攻めるのが価値があって代償もある」と、スロースターターのクレベルに対し、もっとも勝機の高い序盤に、リスクを背負って勝負をかけると宣言した。

「僕のこれまでの経験上、駆け引きする選手はそんなに強くないですね。練習してれば勝手に動きに出るんで。練習が足りないと“どうしようかな、作戦うまく行くかな”という考えが出ちゃう。ちゃんと練習していたら目を瞑っていても試合が出来る。身体に入っているので。あとはセコンドのコーチングを聞ければ」と、駆け引き無しだという。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント