MMA
ニュース

【Level-G】ライト級初代王者決定トーナメント8選手の組み合わせ決定! 元修斗環太平洋王者・遠藤雄介が平田直樹と1回戦で激突、寒河江寿泰、山田哲也もT出場。ワンマッチでニック・オリバー参戦=6月11日(日)GEN

2023/05/25 14:05
【Level-G】ライト級初代王者決定トーナメント8選手の組み合わせ決定! 元修斗環太平洋王者・遠藤雄介が平田直樹と1回戦で激突、寒河江寿泰、山田哲也もT出場。ワンマッチでニック・オリバー参戦=6月11日(日)GEN

(C)Level-G

 2023年6月11日(日)、東京・GENスポーツアカデミーにて開催されるサブミッションオンリーグラップリングリーグ『Level-G』第2回大会の追加カードが発表され、「ライト級初代王者決定トーナメント」に寒河江寿泰、遠藤雄介、山田哲也の参戦が決定。8人トーナメントの組み合わせも発表された。また、-83kg契約でニック・オリバーvs.柳井夢人の一戦も追加されている(※いずれも前日計量)。

▼ライト級(-70.3kg)初代王者決定トーナメント 7分1R
寒河江寿泰(今成柔術/トイカツグラップリング東中野)今成柔術黒帯/NAGA world 優勝
峯岸零弥(パラエストラ小岩/全日本ノーギオープン優勝)

▼ライト級(-70.3kg)初代王者決定トーナメント 7分1R
遠藤雄介(心技館)第7代修斗環太平洋王者
平田直樹(トライフォース柔術アカデミー/CFFC, QUINTET veteran)

▼ライト級(-70.3kg)初代王者決定トーナメント 7分1R
山田哲也(E.D.O Yokosuka Base)第5代ZSTウェルター級王者、ONE参戦
竹内 稔(CARPE DIEM MITA)

▼ライト級(-70.3kg)初代王者決定トーナメント 7分1R
須藤拓真(X-TREME EBINA)2021年JBJJF全日本ノーギオープン王者
鈴木 真(CARPE DIEM AOYAMA)

 高橋“SUBMISSION”雄己『Level-G』プロデューサーは、新たに参戦が決定した寒河江寿泰について、「寒河江選手は、今成柔術の僕の兄弟子。トップ、ガード、レッグロックと、グラップリングの完成度の高さは本トーナメントで1番だと僕は見ています。白木アマゾン大輔選手のYouTubeチャンネル『パスガードフィットネス』」内でトーナメントの見所解説をしているのですが、アマゾンさんとの優勝予想トークの中でも、僕は寒河江さんを優勝候補と挙げさせて頂きました。その1回戦の相手は、全日本ノーギオープン王者の峯岸零弥選手。両者共に、アグレッシブな寝技で強力なサブミッションを繰り出すので、“これぞサブミッションオンリーグラップリング!”という好勝負が生まれるのではないでしょうか」と期待を寄せる。

 また、元修斗環太平洋王者の遠藤雄介の参戦については、「後にUFC殿堂入りも果たしたクレイ・グイダから三角絞めからの腕十字で一本勝ちを極めた姿が忘れられない修斗ファンも多いのではないでしょうか。元修斗環太平洋王者の遠藤雄介選手がLevel-Gで再び戦う姿を見せてくれます。1回戦の対戦相手は、同じく柔道ベースでMMAから参戦の若手再注目MMAグラップラー平田直樹選手。大注目です」とMMAファイター同士の激突に注目とした。

 遠藤は2011年1月の修斗で杉江"アマゾン"大輔に判定勝ち後、網膜剥離のためMMA引退。2019年10月のGRACHAN 41では小谷ヒロキとのグラップリングマッチに臨み、腕十字による一本勝ちをマークしている。

 また、ZST王者でありONE Championshipでも活躍した山田哲也の出場を「今トーナメント唯一の自己推薦での参戦」と明かし、「ZSTらしいノンストップの組技を、現代グラップリングにいかに適応させてくるのかが大変楽しみに思い抜擢させて頂きました」と起用の理由を語った。

 初戦の相手は竹内稔。「国内屈指のチョークの名手、竹内稔選手を相手に山田選手がZSTスタイルで竹内選手の極めをいなして翻弄するのか、竹内選手が斬って落とすのか、楽しみな1回戦です」(高橋)。前日計量でケージグラップリングは、各選手にどんな影響をもたらすか。

 また、既報通り、“レッグハンター”須藤拓真が参戦し、カルペディエムの鈴木真と対戦。須藤は5月21日の修斗で齋藤奨司とフルラウンドのMMAの大熱戦を繰り広げており、6月11日のグラップリング戦で極めの強さを見せるか。

【ワンマッチ・追加対戦カード】

▼-83kg契約(前日計量)7分1R
ニック・オリバー(SAN DIEGO FIGHT CLUB)ADCCオープン優勝
柳井夢人(リバーサルジム新宿MeWe)全日本ノーギオープン優勝

高橋「カーロス・グレイシーの系譜の黒帯であるニック・オリバーが、グラップリング先進国であるアメリカから参戦です。ADCCオープン等を始め、北米のみならず世界中のグラップリング大会で表彰台に立ってきた強豪選手になります。

 対するは全日本ノーギオープン王者の柳井夢翔選手。6月の頭にムンジアル(柔術界で最も権威のある世界大会)に挑戦後、連戦でLevel-Gのノーギグラップリングに参戦します。国内トップである柳井選手に対して、ニック選手がどれほどの力を見せるのか注目です。同日に行われる山田崇太郎vs.グラント・ボクダノフとも同階級となるこの戦い、6月大会後には勝者同士のマッチアップも考えられるでしょう。楽しみです!」

【既報カード】

▼Level-Gグラップリングルール 82.5kg契約 7分1R
山田崇太郎(PANDA GYM)
グラント・ボクダノフ(ALMA FIGHT GYM LIFE)

 また、同大会はツイキャスでの配信も決定。16時からの『Level-G PRO GRAPPRING』と、17時30分からの『KROSSxOVER-CAGE-』の2大会の視聴が1枚の視聴チケット(前売り3,000円/当日券3,500円)で視聴可能となっている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント