ONEONE
MMA
レポート

【PANCRASE】3大王座戦!北方大地が砂辺をTKO、シウバが金太郎を極め失神TKO、翔兵が暫定王者に

2019/07/21 15:07
7月21日(日)東京新木場・スタジオコーストにて「PANCRASE 307」が開催され、ストロー級、バンタム級、フライ級の3階級でタイトルマッチが行われた。 ▼第12試合 ストロー級 キング オブ パンクラス タイトルマッチ 5分5R×砂辺光久(51.9kg/王者/reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/29勝8敗4分 )[5R 0分38秒 TKO]※右フック→パウンド◯北方大地(52.15kg/パンクラス大阪 稲垣組/1位/19勝7敗1分2NC) パンクラス・ストロー級絶対王者・砂辺が、同級1位の北方大地を相手に迎え、3度目の防衛戦に臨む。 この試合は2016年12月に砂辺の初防衛戦で組まれ、当時は2Rに砂辺が一本勝ちしている。パンクラスで8年にわたり無敗記録を更新中の王者と、砂辺に敗戦後ランカー3人、ブラジルの強豪1人と戦い全て勝利を収め、見事再挑戦の権利を得た挑戦者。 心身共に万全の状態で挑む挑戦者に、砂辺はキングの座を守り切る事ができるか!? 両者の思いがぶつかり合う熱戦必至の一戦。3大タイトル戦が行われる真夏の7月21日、最後にベルトを巻くのは砂辺か北方か。【調印式&会見】 1R、右ローをカーフキック気味に狙う砂辺。左ボディ突く北方は、左フックでダウン奪う。下の砂辺は抱きつき密着して凌ぐ。3者10-9北方。 2Rも右ロー当てる砂辺。北方はカウンターを狙いながら、左から右アッパー。砂辺は右ミドルを当てると指差して効いただろう、と仕草。それに笑顔で返す北方。3者10-9砂辺のラウンドに。 3R、大胆に間合い詰め再三ダブルレッグからリフトしテイクダウン奪う北方。バックも奪うが砂辺も背負ったまま後方にスラム! 「予測していた。その落ち際に絞めてやろうと思っていた」という北方に対し、砂辺は正対に成功。追う北方は再びテイクダウン。しかしパウンドが後頭部に入り、口頭注意。北方のダブルレッグに砂辺はギロチン狙う。今度は北方が前方にスラムしてから頭を抜く。3者が北方を支持。 4Rもテイクダウンは北方。削りながらいったん離れて足を蹴る。ブレークから砂辺の左からの押し込みにギロチンでクローズドに入れる北方。砂辺は指を差し入れ、腰を上げて凌ぐ。 5R、左右に身体を振りながら、ワンツーは北方。砂辺は跳び蹴りもそこに右フック合わせた北方がダウン奪うとパウンド! レフェリーが間に入った。 マット上でマイクを持った北方は「次はONE Championship。修斗との対抗戦が決まっていると思うけど、修斗のチャンピオン、俺がぶっ倒したるわ」と力強く語った。 ▼第11試合 バンタム級 キングオブパンクラス タイトルマッチ 5分5R◯ハファエル・シウバ(61.3kg→60.85kg/ASTRA FIGHT TEAM/第3代王者・防衛1/31勝6敗)[2R 1分54秒 TKO]※肩固めで失神×金太郎(61.1kg/パンクラス大阪稲垣組/1位/15勝9敗2分) 3月に行われた初防衛戦では挑戦者の瀧澤を全く寄せ付けず快勝したシウバ。2度目の防衛戦の相手は4連勝で一気にランキング1位にまで上ってきた金太郎だ。攻撃力の高いパンチとキックはまさにマサカリ。一撃で相手の意識を断ち切ることが可能だ。今年早くも2度目の来日となる第3代王シウバがフィジカルと経験の差で一気に押し切ってしまうか? 金太郎のマサカリがシウバの首を狩るか!? 金太郎「5分5Rということは5回倒すチャンスがあるということ」 1R、走り込んで金網までドライブし2度のダブルレッグテイクダウンはシウバ。ニアマウントもスクランブルから立つ金太郎。さらにダブルレッグに来るシウバを潰し、鉄槌連打。シウバはハーフガードで下から両脇を差して組み付くが、金太郎のヒジが後頭部に入り、イエローカードに。 2R、出血にも気持ち切らさないシウバは右を当ててダブルレッグから金太郎を寝かせ、マウントからパウンド、肩固めへ! 金網際に回りスペースが足りないが、金網を蹴って逃げようとした金太郎が失神、TKOとなった。シウバが王座防衛に成功した。 ▼第10試合 フライ級 暫定キング オブ パンクラス タイトルマッチ 5分5R○翔兵(56.6kg/升水組/1位/11勝3敗)[2R 4分50秒 TKO]×上田将竜(56.65kg/緒方道場/3位/11勝4敗)※翔兵が暫定王者に 第5代フライ級王者の仙三がONE参戦中。また怪我により防衛戦の目途がつかないため、翔兵と上田将竜によりフライ級暫定王座が争われる事となった。 翔兵は現在3連勝中、前戦では当時修斗1位にランキングされていたライリー・ドゥトロに判定勝利しンキング1位に。対する上田将竜は現在4連勝中。前戦では小川徹を相手に衝撃の右ハイキックでKO勝利を飾っており、ランキング2位につけている。 両者は2年半前に直接対決し、その時は翔兵が打撃で圧力をかけて上田を完封、判定で翔兵が勝利している。互いに敬意を示している両者。翔兵は前回以上の圧倒を考えているだろう、そして上田はそれ以上の積極さで試合の主導権を握りたい。実力者同士の削り合いを制すのはどっちだ!? 1R、距離を保つ上田は右の三日月気味の前蹴り、右ハイを狙う。翔兵は左右で詰めて右を差して押し込み、離れ際に打撃を狙う。その飛び込みに上田は左で迎え撃つ。3者10-9で翔兵。 2R オーソドックス構えから右で飛び込む翔兵。その離れ際に右を狙う上田。ブレーク。金網際で翔兵のヒザが金的に当たり中段。再開。蹴りから得意のダブルレッグに入る上田。金網背に凌ぐ翔兵は体を入れ替える。圧力をかけていくのは翔兵。上田も右ハイを狙うが、右フックに上田が後方にダウン! パウンドに上田は腕を掴んで腕十字を狙うが、亀になったところに鉄槌連打、レフェリーが間に入った。 ベルトを巻いた翔兵は「これからPANCRASEのフライ級は僕が引っ張っていきます。仙三さん、俺とやろうよ。ベルトは2ついらないから。引退試合、待ってるよ」 ▼第9試合 バンタム級 5分3R×TSUNE(61.3kg/リバーサルジム新宿Me,We/2位/14勝10敗4分)[3R 4分07秒 TKO]○アラン“ヒロ”ヤマニハ(61.55kg/ブルテリア・ボンサイ/7位/16勝8敗4分) 前戦で金太郎に打ち負かされている両者、ランキング常連の二人だが連敗中とあって、今回の結果次第では一気にタイトル戦線から遠ざかることになる。生き残り、復活の狼煙を上げるのはどっちだ!? 1R、サウスポー構えからダブルレッグテイクダウンはTSUNE、下のヤマニハは腰に足を置き三角絞め狙いからオーバーフックしてヒジ。TSUNEは細かいパウンド。蹴り上げから立つヤマニハ。3者10-9、TSUNE。 2R、右から左ハイで詰め、さらに右フックでTSUNEの腰を落とさせたヤマニハ! TSUNEも立つがヤマニハはバックからパウンド、コントロール。 3R、左ボディストレート当て、詰めてダブルレッグをリフトしテイクダウンはTSUNE! ヤマニハはオーバーフックで腰に両足当て、パスを許さず。フックガードからTSUNEはスタミナ苦しいか、跳ね上げられるとスイープしたヤマニハが渾身のパウンド連打! レフェリーを呼び込んだ。 試合後、娘を肩車したヤマニハは、セコンドのマルコス・ソウザ、クレベルらボンサイ柔術の仲間に感謝の言葉を述べた。 ▼第8試合 フェザー級 5分3R×中島太一(65.6kg/パラエストラ東京/3位/13勝11敗1分)[判定3-0]※27-30,28-29×2○ユータ&ロック(65.85kg/秋本道場jungle junction/9位/9勝0敗) カイル・アグオンに僅差の判定で敗れたものの、結婚を機に一皮剥けたと言われる中島太一。対するは、“ロック”の名の通りの固い試合、8戦負け知らずで、あの中原由貴にも勝利しているユータ&ロック。共に2012年に新人戦的大会で優勝ながら、中島が3倍の試合経験で優位か?それともユータの岩ロックとなるか? 1R、ユータはダブルレッグからシングルレッグテイクダウン! 腿上に両足を乗せ腰を殺しいにいくユータだが、立つ中島。さらにユータはダブルレッグ・シングルレッグテイクダウンも中島もすぐに立ち、四つに持ち込む。2者ユータ、1者中島。 2R、右ミドル、左ローは中島。しかしシングルレッグからダブルレッグ、さらに四つから小外刈テイクダウンはユータ! いったんはマウントも亀から正対脇差し立つ中島に、さらにシングルから組んで四つでテイクダウンはユータ! 3者ユータ。 3R、四つから足払いテイクダウンは中島! ニアマウントも立つユータは四つに持ち込み大内刈で乾坤一擲のテイクダウン! シングルから立つ中島にさらに四つから再び大内刈テイクダウン! 腰切り立つ中島はなおもシングルに来る中島の頭を押し切るとバックに回るがゴング。判定は3-0でユータが勝利! 戦績を9戦無敗とした。 [nextpage] ▼第7試合 フライ級 5分3R○ライカ(56.8kg/RIGHT THING ACADEMY/8勝6敗1分)[1R 0分45秒 リアネイキドチョーク]×グレイシ・ファリア(56.95kg/ATS TEAM/BRASIL/2勝1敗) 戦う事でしか生きられないライカが3連続でブラジリアンと対戦。6連勝でパンクラスに復帰したライカだったが、最近は勝ちと負けを交互に繰り返している。対するは柔術とムエタイをベースに戦う21歳のファリアが初参戦。持ち前の打撃テクニックで勝利を全てKOで飾っているファリアを相手にライカは乱打戦に持ち込み打ち勝つか、それとも成長を見せている組みで勝負か。Gleice Faria(アテエス チーム)1997年10月3日生 165cm ブラジル共和国出身 右ボディ突いてから左フックでダウン奪ったライカが亀になったファリラに足をかけずにチョーク! タップを奪った。 ▼第6試合 フライ級 5分3R×荻窪祐輔(57.0kg/K-PLACE/11勝9敗1NC)[判定0-3]※27-30×3○ボカン・マスンヤネ(56.5kg/FIGHT FIT MILLTI/6勝0敗) パンクラスが未来世紀アフリカから選手を招聘。身長155cmとフライ級から2階級下のアトム級並みの小柄なマスンヤネだが、その俊敏な動きは目の肥えた日本のファンを虜にすること間違いなし。5戦全勝というレコードを引っさげパンクラスに乗り込んできた。荻窪が大和魂で黒船の上陸を防ぐか。マスンヤネがフライ級に大砲を打ち込むか!?Bokang Masunyane (ファイト フィット ミリティア) 1994年6月18日生 155cm 南アフリカ共和国出身 1R、トリッキーなステップから荻窪のバックを奪い、ジャーマンスープレックスで投げ、左ハイキックを打つマスンヤネ! 尻餅をつく荻窪は背後のマスンヤネの腕をアームロックに狙うが、またもマスンヤネは後方に投げる! 2R、スタンドでサイドにつきのど輪落とし的に投げるマスンヤネはバックコントロールする。片足をかけシングルバックで背後から首狙うマスンヤネに正対し、脇差し立つ荻窪だが、マスンヤネはバック回りコントロール。 3R、ダブルレッグを豪快にリフトしてテイクダウンはマスンヤネ。バックコントロールからヒザ裏に強烈な蹴り、さらに足払いで何度も荻窪を崩すと立ち際をジャーマンスープレックス! 最後まで荻窪をドミネート。マスンヤネが判定勝利で6連勝を飾った。 ▼第5試合 フェザー級 5分3R×林 大陽(66.15kg/CAVE/6勝5敗)バンタム6位[3R 0分14秒 TKO]○コンバ王子(65.75kg/HMC JAPAN/12勝9敗)前ハワイX-1王者 バンタムから階級を上げる林と、昨年はハワイX-1に専念して王者にもなったコンバ王子の一戦。林がフェザー級という新たな崖を登り始めるか、それともコンバ王子が海外での成長を見せつけるか。1R、サウスポー構えの林に、オーソドックス構えのコンバは大きな左右で前に出るが、左で押し返す林が小外テイクダウン。立ち際に鉄槌をまとめる。10-9、3者とも林を支持。 2R、左の圧力からボディロックテイクダウンは林! 左を当てた林にコンバは片ヒザを着くがそこに林がグラウンド状態のヒザで中断。再開。口頭注意。 3R、前に出るコンバ、そこに林はサウスポーから右フックを狙うが、コンバは頭を下げた右オーバーハンド! 林がダウン。パウンドでコンバが逆転勝利。 ▼第4試合 ライト級 5分3R△菊入正行(70.65kg/NEVER QUIT/8位/4勝1敗1分)[判定1-1ドロー]※29-28,28-29,28-28△岸本泰昭(70.7kg/総合格闘技道場コブラ会/21勝10敗3分) 2019年4月の粕谷優介戦で初めて戦績に黒星を付けたHOPE菊入正行が、またもキャリア豊富なベテランと対戦する。MMA歴12年、トータルの試合数は30戦を超える岸本泰昭だ。DEEP、修斗、HEAT、GLADIATOR、GRACHAN、POWERGATEと数々の団体を渡り歩いてきた実力者・岸本だが、2018年9月の山本琢也戦では判定負けを喫しており、約10カ月ぶりの再起戦となる。 菊入が自慢の打撃を決めるか? それともテイクダウンからの組み立てで岸本がパンクラス初陣を飾るか? 菊入の同門先輩ISAOもベテランの壁に一度はぶつかったがしっかりと超えてチャンピオンとなっている。菊入も同じように壁を超えることができるか。それともタフな試合を積んできた岸本がねじ伏せるか!? 1R、ダブルレッグとシングルレッグで2度テイクダウンは岸本。ニアマウントも脇差し立つ菊入。3者10-9岸本。 2R、サウスポー構えから左振り大内刈テイクダウンは岸本! クローズドガードは菊入。インサイドから細かく鉄槌狙う岸本だが、菊入立ち、岸本の入りに右を合わせる。2者岸本。1者菊入を支持。 3R、左ミドルは岸本当てるが、菊入の右の打ち下ろしのカウンターで後退。シングルレッグテイクダウンに行く岸本に立つ菊入は、右ストレート。岸本のダブルレッグをがぶり前へ。判定は1-1、三者三様のドローとなった。 ▼第3試合 フライ級 5分3R×中村龍之(56.85kg/ロータス世田谷/7位/11勝15敗3分)[3R 4分29秒 リアネイキドチョーク]○NavE(56.75kg/Grand-Square/第3代GLADIATOR同級王者/12勝8敗1分) 第3代GLADIATOR王者となって3年ぶりに参戦のNavEが、まずはフライ級8位の中村と対戦する。中村はNavEの留守中にランカーとなった新鋭。NavEがGLADIATOR王者の強さを見せつけるか? それとも中村がパンクラスの流れの速さを思い知らせるか!? 1R、サウスポー構えのNavEに、オーソドックス構えの中村は右の蹴りを上下に打ち分ける。左で差して押し込むNavEに中村はヒザ蹴りも金的に。再開。右ローから入る中村。左ハイをブロックの上から叩きこむNavE。NavEのダブルレッグは中村がスプロールするも押し込まれる。2者NavE、1者中村。 2R、NavEがダブルレッグテイクダウン。ハーフから中村の立ち際にバック奪い、すぐさま4の字ロック。背後からパウンド、リアネイキドチョーク狙い。2者10-9、1者10-8でNavEのラウンドに。 3R、右ミドルは中村もキャッチしたNavEがダブルレッグテイクダウン! 立つ中村にさらにシングルレッグからダブルレッグテイクダウンはNavE。立ち際をバック奪い、足巻きリアネイキドチョーク! 身体伸ばされた中村がタップした。 ▼第2試合 ライト級 3分3R○松岡嵩志(70.4kg/パンクラスイズム横浜/9勝7敗)[判定3-0]※29-28×2,30-27×平 信一(70.15kg/綱島柔術/初参戦/第2代ZST同級王者/16勝12敗10分) 連勝を金田一に止められた松岡が今回迎え撃つは、38戦目の前ZST王者の平。年2試合のペースを守りコツコツ試合を続け、じっくりとチャンスを狙う松岡が、勝利のタイミングを捉えるか。一気にフィニッシュに来る平がパンクラス初戦白星を速攻で奪うか? ※たいら しんいち 1984年12月4日生 175cm 岩手県出身 1R、シングルレッグは平。松岡はスイッチからバック奪いリアネイキドチョーク狙う。防ぐ平。 2R、開始早々、組み付き金網まで押し込む平。しかし松岡は脇差し正対から小外刈テイクダウン! ハーフから上に。平はフックガードで凌ぐ。 3R、飛び蹴りからシングルレッグは平。右で差して体を入れ替える松岡にダブルレッグに切り替える平は引き込むように前方に投げるが捨て身となり抑え込めず。すぐに金網まで追うが、平のダブルレッグは切るとスクランブルから平が上になったところでゴング。判定3-0で松岡が危なげなく勝利。 ▼第1試合 ライト級 3分3R×小林 裕(70.55kg/フリー/11勝22敗4分)[1R 3分34秒 KO]○雑賀 ヤン坊 達也(69.85kg/総合格闘技道場DOBUITA/初参戦/5勝(5KO)1敗)※カウンターの右ストレート FightingNEXSUSで5戦しその合計タイムが5分24秒。ここ3戦に絞るとなんと合計52秒という速攻勝負が信条の雑賀がパンクラス初参戦。横須賀生まれの横須賀育ち、ヤン坊がライト級に新しい風を吹かせるか。対する小林裕は、じっくりとした試合運びが持ち味。ペースを握った者が勝利に近づくか?※さいか ヤンぼう たつや 1990年9月18日生 180cm 神奈川県出身 【プレリミナリー】『2019年 第25回ネオブラッドトーナメント』 ▼第5試合 フェザー級 8人制トーナメント(3分3R)準決勝×鬼山斑猫(66.0kg/KRAZY BEE)[判定1-2]※28-29×2,29-28○葛西 和希(66.2kg/マッハ道場)※互いにスクランブルから払い腰TDは葛西 ▼第4試合 フェザー級 3分3R×TAG(66.2kg/ERUPT/11勝13敗)[1R 2分02秒 TKO] ※パウンド○小森真誉(65.85kg/GRABAKA※初参戦)8勝2敗 ▼第3試合 バンタム級 3分3R○後藤丈治(61.35kg/TRIBE TOKYO M.M.A)[1R 1分47秒 KO]×平田純一(61.35kg/AACC×SPIDER)※サウスポー構えから金網詰め右フック ▼第2試合 プレリミナリー フライ級 3分3R○西村大輝(56.55kg/ALLIANCE/1勝1敗)[判定2-1]※29-28,28-29,30-27×中嶋悠真(57.0kg/マッハ道場/2勝5敗) ▼第1試合 フライ級 3分3R×廣中克至(57.5kg→57.05kg/RBアカデミー/2勝6敗)[1R 2分22秒 KO]○聡-S DATE(55.65kg/Team DATE/6勝11敗7分) 1R、オーソからサイドキックは聡。サウスポー構えの廣中に回転ヒジから左ヒジで飛び込みKO。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事