キックボクシング
レポート

【ジャパンキック】藤原乃愛が初黒星!撫子が徹底した組みで藤原を攻略し新王者に

2023/03/19 17:03
【ジャパンキック】藤原乃愛が初黒星!撫子が徹底した組みで藤原を攻略し新王者に

ジャパンキックボクシング協会「KICK Insist15」(第1部)
2023年3月19日(日)東京・新宿FACE

▼第7試合 メインイベント ミネルヴァ ピン級タイトルマッチ 3分3R
×藤原乃愛(ROCK ON/ミネルヴァ ピン級王者)
判定0-3 ※29-30×2、28-29
〇撫子(GRABS/挑戦者・同級1位)
※撫子が新王座に就く。藤原は初防衛に失敗。


 藤原はアマチュアで50戦以上を経験し、アマチュアKNOCK OUT 45kgリーグ戦で優勝。2021年5月のジャパンキックでプロデビュー戦を行い、2022年5月のNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)で王者Ayakaを破り、6戦無敗のままミネルヴァ・ピン級王座に就いた。7月には初の“ヒジ打ちあり”ルールに挑み、ペッテァーに3RでKO勝ち、9月も元タイ・イサーン地方ピン級王者ヌアファーに3RでTKO勝ち、11月はチョンプーに判定勝ち、そして今年1月にペットルークオンに判定勝ちとタイ人を相手に4連勝。10戦無敗を誇る。3月に高校を卒業したばかりで初防衛戦に臨む。


 挑戦者の撫子は極真空手をバックボーンに持ち、2022年1月に藤原とドロー(藤原唯一の引き分け試合)、3月の再戦では判定で敗れているが、、その後は4連勝。2022年12月にはKROSS×OVER KICK女子-45kg王者の松本徐倫を破っている。


 1R、撫子は体力を消耗させる作戦なのかタックルのように組み付いて組みの展開に持ち込む。藤原は組まれる前に左ミドルの連打、前蹴りを放って撫子に組ませまいとするが、それでも撫子は組み付く。


 2Rも撫子はローを蹴って突進し、組み付くとヒザ。藤原はサイドキック、前蹴りで先手を打つが、撫子に組み付かれてロープに押し込まれる展開が続く。2Rのまでの採点は20-19×2、19-19で撫子有利。


 3R、組まれることを警戒してか、撫子に組まれ際にフックをもらってしまう藤原。組まれる前の蹴りも伸びず、撫子の組みのパワーの前に為す術なく試合終了。撫子が藤原を攻略して初黒星を付けた。


 撫子はマイクを持つと「北海道から来ました。今日は北海道からも10名以上の応援に来て下さりありがとうございました。藤原選手がいたからこそここまで頑張ることが出来ました。良きライバルだと思っています。これからも練習を一生懸命頑張っていきたいと思います。会長、この1年間自分に付きっきりで練習してくださってありがとうございました。これからも大きい舞台に立てるように頑張っていくのでよろしくお願いします」と、号泣しながらジムの会長であるTOMONORIにお礼の言葉を述べた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.325
2023年3月23日発売
「K-1 30周年」ホースト&アーツのレジェンド対談、魔裟斗×小比類巻貴之×武田幸三のMAX鼎談、新世代王者たち、K-1名勝負50選など30年の歴史とこれからを徹底特集。「RIZIN開幕」など春の格闘技特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント