MMA
ニュース

【Bellator】ワールドGP準決勝ミックス「ホリグチに勝って、勢いと自信がついた」×マゴメドフ「賞金よりも一生モノのベルトだ」=12月10日(日)朝決戦

2022/12/09 18:12
 2022年12月9日(日本時間10日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて、『Bellator 289: Stots vs. Sabatello』が開催される。  日本ではU-NEXTで生配信される同大会で、優勝賞金100万ドル(約1億3700万円)の「Bellatorバンタム級ワールドGP」準決勝2試合が行われる。  メインカードでは、現バンタム級暫定王者のラウフェオン・ストッツ(米国)とダニー・サバテーロ(米国)がGP準決勝および同級暫定王座戦(5分5R)を争うほか、もうひとつの準決勝でマゴメド・マゴメドフ(ロシア)とパッチー・ミックス(米国)が決勝進出をかけて対戦する。  大晦日にRIZINとの対抗戦に臨むBellator勢を知るには必見の今大会。前日の本計量を済ませた後のモック計量では、通常体重がウェルター級ほどもあるミックスは135ポンド(61.23kg)のジャストでパス。対するマゴメマゴメドフが134.4ポンド(60.96kg)のアンダーで計量をパスしている。  キャップを被り、スケールの上で右手を挙げて1番のポーズを見せたマゴメドフに対し、ミックスは両手でガッツポーズ後、左胸を叩いて鼓舞。フェイスオフでは後手に組んで笑顔のマゴメドフに対し、ミックスも落ち着いた表情で視線を合わせた。  ミックスは身長180cm・リーチ182cm。マゴメドフは身長171cm・リーチ175cmと身長は9cm差、リーチでもミックスが7cm長い形となる。 マゴメドフに対して、自分を試せるのが楽しみ(ミックス)  19勝2敗で黒星は現UFCのピョートル・ヤンとのACB時代の判定負けと、2021年8月のストッツ戦での判定負けのみのマゴメドフについてミックスは、計量前日の会見で、「マゴメドフの前戦のバルゾラ戦は一進一退の攻防で素晴らしかった。マゴメドフのことはとても尊敬しているんだ。彼はタフだし、彼のスキルセットには敬意を払っている。そのマゴメドフに対して、自分のスキルを試すことができるのは楽しみだ」と語る。  2020年9月にフアン・アーチュレッタとのバンタム級王座決定戦で5R判定負け、キャリア14戦目で初黒星を喫し、王座獲得に失敗したミックスだが、その後、アルバート・モラレスを3R 肩固めで極め、ジェームズ・ギャラガーも3Rにギロチンチョークで極めている。  そして、2022年4月のGP1回戦で元王者の堀口恭司を判定で破った。 「ホリグチと戦って、勢いと自信がついた。ホリグチに勝って“もう待っていられない”と思ったんだ。あのホリグチに厳しい戦いを強いられたからこそ、ほかのGPの選手にも間違いなく勝てるという確信を持つことができた」  堀口戦で競り勝ち自信を深めたというミックスは、もうひとつのGP準決勝について、「僕にとってGP決勝は取り逃したベルトを手にする機会であり、最高の相手とやりたい。だからこそ、自分としてはスタッツの方がその相手だという評価だ。何が起ころうとも、僕は彼から逃げたりはしない。ストッツはサバテーロを相手に、本当に自分のゲームに取り組まなければならないだろうね。決勝では、ストッツの活躍に期待したいけど、もしサバテーロが彼のやり方で勝ち上がってくるならばそれでも構わない」と、ストッツとの決勝での対戦を望むが、サバテーロでも構わないという。 [nextpage] ミックスの全ての攻撃に対して道具も答えも持っている(マゴメドフ)  一方、ミックスと対戦するマゴメドフは、「ミックスの前戦の堀口戦は接戦だったが、パッチーが取ったラウンドが多く、あの日は彼の方が優った」と、堀口戦のミックスを評価。  その上で、「彼はベストコンディションで、僕とのファイトにやる気満々だ。でも、僕は彼のすべての攻撃に対して答えを持っているし、道具も持っている。彼が何をテーブルに持ってきても食べることができるよ」と、全局面で圧倒できるとした。  2011年にプロMMAデビューして、ヤンとの再戦まで13連勝。初黒星後も5連勝をマークしてきた。 「僕は長い間、このスポーツを続けてきた。このスポーツを長くやってきて“見たことがないもの”はないと思う。僕の経験はとても大きく、キャリアの中で本当にタフなチャレンジに直面してきたんだ。それでもケージに入る前はいつも小さな不安がある。でも、ひとたびケージに入ればすべてがなくなる。目標はベルトだ。カネ(優勝賞金100万ドル)がもたらす喜びは儚いが、ベルトを手にする感動は一生ものだからね」  ダゲスタンのハサヴユルト出身で同郷のザビット・マゴメドシャリポフらとともに武術寄宿学校で学んできたマゴメドフは、引退を決めた盟友のサポートも受け、悲願のBellatorバンタム級のベルト獲得のために、準決勝も必勝体制で臨む。  そんななか、同じくGP準決勝を戦うストッツとサバテーロの予想も割れている。  ストッツは、「接戦になることは分かっている。だから僕の予想も行ったり来たりしている。今は、パッチー・ミックスに軍配が上がると思っているよ。というより、ミックスとはまだ一度も対戦したことがないし、この階級を一掃したいんだ」と、ミックスとの決勝を希望。  サバテーロは、「俺がスタッツをぶちのめした後に戦うのは……おそらくマゴメドフだろうな。正直あまり気にしてないし、確信もないんだけど、あえて予想するなら、だ。パッチーのことはそこまで評価していないんだよ。バックをとってボディトライアングル(四の字フック)を入れたらすごく強いけど、その状況以外では、Bellatorバンタム級のほとんどの選手が奴より手強いと思う。もちろんあの体勢を取られたら厄介だけど、そこさえ避けることができれば、マゴメドフにとってイージーな試合になるんじゃないか。ただ、パッチーとキョージの試合みたいなこともあるからね。俺はパッチーがあんなに何度もキョージのバックを奪うなんて想像していなかったよ。だからあんまり確信はないんだけど……おそらく俺が決勝でやっつけるのはマゴメドフだろうなと思うよ。ただ、もしパッチーが決勝に上がってきたら、俺がATTとして借りを返すことができるから、それもワクワクするね」と、マゴメドフ勝利を予想しながらも、こちらもどちらと決勝で対戦しても構わないとした。  果たして、コ・メインのGP準決勝を勝ち上がるのは、マゴメド・マゴメドフか、パッチー・ミックスか。 [nextpage] 『Bellator 289: Stots vs. Sabatello』計量結果&写真 2022年12月9日(日本時間10日朝7時~)U-NEXT生配信米国コネチカット州アンカスビルモヒガンサン・アリーナ 【メインカード】 ▼Bellatorバンタム級選手権試合&ワールドGP準決勝 5分5Rラフェオン・ストッツ(米国)暫定王者・18勝1敗 134.4ポンド/60.96kgダニー・サバテーロ(米国)挑戦者 6位・13勝1敗 135ポンド/61.23kg [nextpage] 王者カモーシェとヴェラスケスが8カ月ぶり再戦 ▼Bellator世界女子フライ級選手権試合 5分5Rリズ・カモーシェ(米国)王者・17勝7敗 124.8ポンド/56.60kgジュリアナ・ヴェラスケス(ブラジル)挑戦者・1位 12勝1敗 124.2ポンド/56.33kg [nextpage] バンタム級2位のミックスと3位のマゴメドフがGP準決勝 ▼Bellatorバンタム級ワールドGP準決勝 5分5Rパッチー・ミックス(米国)2位・16勝1敗 135ポンド/61.23kgマゴメド・マゴメドフ(ロシア)3位・19勝2敗 134.4ポンド/60.96kg [nextpage] 7勝無敗のダルトン・ロスタとLFA→コンテンダーシリーズのアダムスが激突 ▼ミドル級 5分3Rダルトン・ロスタ(米国)5位・7勝0敗 185.6ポンド/84.18kgアンソニー・アダムス(米国)10位・9勝2敗 185.4ポンド/84.09kg [nextpage] 渡辺華奈戦から再起のキールホルツがララを下したジョアンと対戦 【プレリム】 ▼女子フライ級 5分3Rデニス・キールホルツ(オランダ)3位・6勝4敗 124.2ポンド/56.33kgイララ・ジョアン(ブラジル)・10勝6敗 124.8ポンド/56.60kg [nextpage] 3連勝中クラッチマーと6連勝から2連敗のウィリスが対戦 ▼ウェルター級 5分3Rカイル・クラッチマー(米国)9勝1敗 170.8ポンド/77.47kgジャリール・ウィリス(米国)15勝4敗 170ポンド/77.11kg [nextpage] 6連勝から初黒星のローと、コンバット柔術常連のレンシオーニのフェザー級戦 ▼フェザー級 5分3Rコーディ・ロー(米国)6勝1敗 145.4ポンド/65.95kgクリス・レンシオーニ(米国)9勝3敗 146ポンド/66.22kg [nextpage] ▼フェザー級 5分3Rカイ・カマカIII(米国)9勝5敗1分 145.2ポンド/65.86kgケビン・ベーム(米国)9勝5敗 145.1ポンド/65.81kg [nextpage] ▼ウェルター級 5分3Rマーク・レミンガー(米国)12勝5敗 170.8ポンド/77.47kgマイケル・ロンバルド(米国)12勝3敗 169.8ポンド/77.01kg [nextpage] ▼ミドル級 5分3Rパトリック・ダウニー(米国)1勝0敗 185.8ポンド/84.27kgクリスチャン・エコールズ(米国)2勝2敗 185.4ポンド/84.09kg [nextpage] ▼バンタム級 5分3Rキャス・ベル(米国)5勝2敗 136ポンド/61.68kgジャレッド・スコギンズ(米国)10勝2敗 135.2ポンド/61.32kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント