EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
インタビュー

【GLEAT】田村潔司はなぜGLEATのMMA部門『GLEAT MMA』を旗揚げするのか「プロレスラーと名乗る以上は強さとか表現が必要だと思う」

2022/11/24 14:11
 2022年12月14日(水)東京・後楽園ホールにてGLEATのMMA部門『GLEAT MMA』を旗揚げする田村潔司。UWF、UWFインターナショナル、リングス、PRIDE、HERO'S、DREAM、巌流島と渡り歩いた田村が、エグゼクティブプロデューサーとして『GLEAT MMA』で見せたいものとは何か。そこにはアントニオ猪木、前田日明、高田延彦から受け継がれてきた田村の“こだわり”があった。 『ゴング格闘技 2023年1月号 NO.323』に掲載された田村潔司インタビューより、『GLEAT MMA』に関する部分を抜粋・掲載する。 「これは1回目で終わる可能性もあるかもしれない」その理由 ――田村さんが立ち上げるMMAイベント『GLEAT MMA』についてお聞きしたいと思います。なぜ今回、このイベントを開催することにしたのですか? 「僕がやっていることって、猪木さん、前田さん、高田さんたちがやってきたことなんだなって薄々感じてきているんですね。僕が観ていたプロレスって、やっぱり強くないといけないし、戦いを表現しないといけないと思うんですよ。2022年のプロレスってロープに飛んで跳ねたりとか宙返りをしたりするイメージだと思うんですけれど、僕は猪木さんたちの戦い方がインプットされているので、プロレスラーは強さが前提であって。その前提があっていろいろな広がりを持つのはいいとは思うんですけれど、今は強さを表現するプロレスラーが少なくなってきているので……別に少なくてもいいんですけれど。僕自身はあまり表に評価されていないと思うし、評価されていようがしていまいがどうでもいいんですけれど、僕自身は強さっていうのは根底にないといけないと思っているので。  僕が下に教えるのであれば、僕が新弟子の頃とは時代が違うので精神的なところは昔に比べてちょっと甘いですけれど、基本的にプロレスラーと名乗る以上は強さとか表現が必要だと思うので、そういう意味で『GLEAT MMA』というのはプロレスラーが総合格闘技に挑戦……あえて挑戦と言いますが、挑戦するというコンセプトなんです。ガチガチの総合格闘技って技術も最高峰に凄く洗練された技術があるじゃないですか。だからUFCとかRIZINとかと比べると技術的には劣るんですけれど、目指すのはそこじゃないんですね。  アントニオ猪木、前田日明、高田延彦がやってきたことに僕がちょっとだけですけれど関わらせていただいたので、それを僕よりも下の世代に、僕はUWFに入門したのでUWFからの流れっていうのを僕自身の思考でちょっとでも伝えられたらなというのがあります。プロレスラーの中でも強さを求めない選手もいますけれど、ちょっとでも『GLEAT MMA』の意向に賛同と言うか共有してもらえたらな、というところはあります。ただ、これは1回目で終わる可能性もあるかもしれないです」 ――えっ、それはなぜですか? 「そういう選手がいなかったら大会が出来ないからです。僕はUWFをずっと語っていきます。それは1人でも出来るからです。でも大会となると人がいないと出来ないので。1人でもいれば何らかの形で伝わって行けばいいなと思っています。今回は井土(徹也)がメインで近藤(有己)選手とやるわけですけれど、近藤選手も近藤選手で猪木→前田・高田→船木という流れがあるわけですが、近藤選手は船木・鈴木の血は受け継いでいてもイメージとしては格闘家だと思うので、その近藤選手と井土が戦うのを単純に僕が見てみたいってイメージでマッチメイクさせてもらいました」 ――それは、田村vs.船木をイメージして見てもらいたいってことでしょうか? 「そうですね。だいぶ世代が違いますけれど、面白いかなと思って。僕はマッチメイクするにあたって勝ち負けはどうでもいいんですよ。この戦いが歴史の1ページとして残ることが重要なことだと思うので」 [nextpage] UFCとかRIZINとコンセプトは違うんです ――今後も続けるとすれば、強さを求めるプロレスラーに参戦してもらいたい、と。 「いや、強さを求めているんですけれど、求めていないんです、今の時代は。というのは、負けてもいいんです。勝敗よりもプロレスラーとして何を伝えられるか、だと思うんです。負けてもいいし、格闘技の技術がなくてもいい。猪木さんの世間に出すエネルギーのように、1人のレスラーが技術がなくてもそこを表現すればいいんです。  もっと具体的に言うと、ボクシングの試合で世界王者vs.4回戦はあり得ないですけれど、もしやったとして4回戦の選手が秒殺される可能性があったとします。だけど秒殺された方の選手はそれが財産になるんですよ。自分がどれだけその試合に向けて練習をしたかというのは試合に出るんです。結果は負けてもその1カ月か2カ月練習したことって表には出ないですけれど、自分の裏の世界では財産になるんですよ。あとはリング上で表現するのであれば、どういう負け方をするかで。これは語弊がありますけれど、中途半端に負けるのではなく、負けるのだったら正々堂々と綺麗さっぱり自分の散り際を考えながらやってもいいと思う。  もうひとつのパターンで言うと、パンチをもらったけれど死に物狂いで相手に向かっていく、その気持ちが伝われば僕は凄くいいと思う。だから強い弱いは関係ないです。プロレスラーとしてどういう表現をするかを僕は期待しています。だからUFCとかRIZINとコンセプトは違うんですよ」 ――今のプロレスラーたちに、そのコンセプトに賛同して欲しいとの気持ちはあるでしょう? 「いや、賛同してもしなくてもいいです。やらない選手はやらないんですから。GLEATの中でも純プロレスとU系の選手と分かれているので。だから別にそこは求めてないです。そういう選手が1人いればその選手だけでいいです。その選手もいなくなったら僕が1人で語ればいいだけ。井土もプロレスラーは強くなければいけないという発想の持ち主なので。だから今、練習を見ていますけれど肌感覚で感じるには僕らがやってきたことに近い選手なのかなと思いますね。僕も何人も見てきましたけれど、口で表現する人、内面で表現する人、いろいろいるわけです。何となくですけれど井土は僕らに近い選手かなと思います」 ――最後に、UWFやUスタイルと聞くともう古いもののように感じる人は多いと思います。でも、田村さんの中では時代に合わせて進化しているものなんですか? 「進化していると思います。僕だけ進化している感じですね(笑)。U-FILEにも僕の精神を引き継いでいる選手っていると思うんですよ。いつかどこかで交わることがあれば歴史の1ページになるでしょうし、井土が格闘家としての心構え、プロレスラーとしての心構えだったりが僕と近い考えであれば多分その選手と井土が交わる可能性があるでしょうし、そこは分からないです。それは5年、10年、20年経ってあの時に田村が言っていたのはこういうことだったんだというのを分かる人が1人、2人いればいいなって期待を込めています」  なお、『ゴング格闘技 2023年1月号 NO.323』で田村はアントニオ猪木の格闘家の部分“サブミッションレスリング”の実力についても語っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント