AbemaTVAbemaTV
ボクシング
インタビュー

那須川天心が亀田興毅戦を振り返る「今まで戦ったことのないような気迫が伝わってきた」ボクシング転向は「今じゃない。欲を言えば両方やりたい」

2019/06/23 16:06
那須川天心が亀田興毅戦を振り返る「今まで戦ったことのないような気迫が伝わってきた」ボクシング転向は「今じゃない。欲を言えば両方やりたい」

ボクシング転向については「今じゃない」とし、「できれば両方やりたい」との夢を語った那須川 撮影/安村発

 2019年6月22日(土)『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』(AbemaTV)で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がプロボクシング世界三階制覇・亀田興毅とAbemaボクシングルールで対戦した。

 試合後、那須川は報道陣に次のようにコメント。亀田から感じた気迫、ボクシング転向についてなど、疲れを感じさせない元気な姿で報道陣の質問にハキハキと答えていた。

自分が今ボクシングに行ったらまだ後悔するんじゃないかな

 技術とか戦いの中の攻防というより、一番感じたのは気持ちです。今まで戦ったことのないような感覚・気迫が伝わってきました。ヤバいなとは思わなかったですが、最後の3R残り1分は、自分は足を使って動くスタイルなんですが、ここで足を使っていつものスタイルでやってもいいのかなって思っちゃって、最後はちょっと慣れない打ち合いというか、自分から仕掛けようという気になりました。


(試合を控えてヘッドギアを外すのに抵抗は?)全くないですよ。次の試合のことは試合前は考えましたけれど、試合になったら一切そんなことは考えず、全部出し切ろうと思いました。亀田選手がとってくれたので、やるしかないなと。そこまで変わった感じはしなかったんですが、より迫力はありました。

(倒せそうな)感覚はあったんですけれど、そうさせなかった亀田選手が強かったですね。


(戦前の勝敗予想は亀田有利だったが)見てろよ、というのはありました。見返したというような想いはないですが、皆さんに証明は出来たかなっていうのはあります。(あと1RあればKOできていた?)いやいやいや、それはナンセンスです。


(ボクシング転向は?)考えたりはしますけれど、例えば自分が今ボクシングに行ったらまだ後悔するんじゃないかなっていうのがあって。キックボクシングが盛り上がってきていますが、ここでいま自分が抜けてしまうと、少しは自分がキックボクシングを盛り上げられていると思うので、今抜けるべきではないと感じます。欲を言えば、ですよ。欲を言えば両方やりたいです。


(ボクシング技術で圧倒していたが?)圧倒していたかどうかはわかりませんが、自分の技術は出せたかな、テーマは出来たかなと思います。相手はサウスポーなので前の手のリード(右ジャブ)をめちゃめちゃ練習しました。そうですね…欲を言えば両方やりたいです。

(亀田があまり攻撃できなかったのは?)それは自分が出させなかったと思います。出す距離の前に自分が全部止めるというのをやっていたので。

ボクシングとキックの世界王座を同時に持つのが夢

(JBCと日本プロボクシング協会の声明については?)もっと仲良くやりたいです。キックボクシングが凄い、ボクシングが凄い、じゃないんですよ。誰もそう思っていないと思うんです。一部の人だけだと思います。どっちが、ではなく両方凄いですし、自分はボクシングをナメているとかふざけるなとか言われますが、一切ナメていませんし、本当に素晴らしい競技だと思っています。キックボクシングも凄い競技です。


 だからそれを両方…日本ではできないので、RISEで世界のベルトを獲って…という構想、夢はあります。キックのベルトを現役で持っていて、海外で(ボクシングの)世界タイトルを獲って、両方持つという。それって夢がありますよね。両方現役で獲った人っているんですか? 多分、どっちかを辞めてからだと思うので、両方現役で持ちたいです。それが夢、憧れです。

(他人がやっていないことをやりたい?)それはあります。同じことをやっていてもつまらないですし、同じ道を歩きたくないです。また違った形で盛り上げられればいいんじゃないかと思います。こういう話は話していて楽しいですよね。


(魔裟斗さんからは?)凄かったね、と言われました。試合をしすぎじゃない? とも言われました(笑)。

 今回のイベントは賛否両論あったと思いますが、自分は本当にやってよかったなと思いますし、また自分の新たな可能性を皆さんに見せることができたと思うので、これからもどんどん期待してもらってそれに応える、それ以上のものをやっていきたいと思います。皆さん、これからも那須川天心に期待していてください」

<関連記事>
那須川天心が亀田興毅を圧倒するも亀田も最後まで奮闘、最終Rはヘッドギア無しで殴り合う
那須川天心に亀田興毅とガッツ石松氏がボクシング転向を熱烈ラブコール、父・弘幸氏は「考えています」
亀田興毅が那須川天心戦を終えて「亀田興毅ができる全てのことを出して終わることができた」ボクシングへの想いも熱弁

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事