キックボクシング
レポート

【KNOCK OUT】無敗の高校生ホープ・乙津陸が試合終了直前の劇的KO勝ちでメインを締める「そろそろベルトが欲しい」

2022/08/06 20:08
【KNOCK OUT】無敗の高校生ホープ・乙津陸が試合終了直前の劇的KO勝ちでメインを締める「そろそろベルトが欲しい」

乙津(左)が左フックで試合終了直前にKO、劇的なフィナーレとなった 撮影/安村発

SACRED FORCE presents KNOCK OUT-EX 2022 vol.1
2022年8月6日(土)東京・新宿FACE

▼メインイベント(第6試合)KNOCK OUT-REDスーパーフライ級 3分3R延長1R
〇乙津 陸(クロスポイント大泉)
KO 3R 3分00秒 ※左フック
×谷津晴之(新興ムエタイジム)


 乙津は2021年10月にプロデビュー以来4勝(2KO)無敗の18歳ホープ。対する谷津はNJKFフライ級1位で5勝(1KO)2敗2分の戦績を持つ19歳。乙津にとっては他団体トップランカーへのチャレンジマッチとなった。


 1R、乙津は左インローと右カーフ、谷津も左インローを蹴っていく。谷津が前へ出てくるところに左フックを合わせる乙津だが、谷津の左ローがローブローになって試合中断。再開後も左フックを当てに行く乙津に谷津もワンツーからの左ミドルで対抗する。


 2R、ミドルの蹴り合いから乙津が左フックをヒットさせる。強気に前へ出る乙津は谷津が打つところへ左フックを狙い撃ち。谷津は反撃に転じようとするがまたも左フックをもらう。何度も左フックが命中するが、谷津は前へ出てワンツー、左ミドル。谷津が組み付いてくると乙津は頭部へヒジ。


 3Rは激しさを増してミドルを蹴り合い、フックを出し合う。乙津はカウンターの左フック、さらにはヒジでもヒットを奪うが谷津はものともせず前へ出て打ち合いに行く。両者足を止めての打ち合いでまたも左をヒットさせるのは乙津だが谷津は一歩も退かない。ラスト30秒で打ち合いになり、乙津が左右の連打で谷津の頭を揺らすが谷津は下がらず。前へ出てパンチを打ち続ける。


 そこで乙津の右フックからの左フックがこれまでよりも強烈にヒット。ついに前のめりに倒れる谷津。立ち上がるもレフェリーが様子を見てストップし、乙津のTKO勝ち。試合タイムはなんと3分ちょうど。


 乙津はマイクを持つと「今日、対戦してくださった谷津選手ありがとうございました。なんか初めてのメインで緊張したんですがこういう勝ちが方出来てよかったと思います。そろそろ俺、ベルトが欲しいので挑戦の試合をお願いします」とタイトルマッチをアピールした。

 試合後、乙津は「こういう展開になるとは思っていました。自分は慌てないで、メインで気持ちも上がっていると思ったので、いつもの試合をするってことを意識していてけっこう出来ましたね。途中で危なっかしいところもありましたが、それもいつも通りです(笑)」と、普段通りの試合をすることを心掛けていたと打ち明けた。

 3Rの打ち合いに関しては「相手が打ち合ってくれたらありがたいと思っていたので、作戦通り。あれ(最後の左フック)は嬉しいですね。綺麗に入った。手応えはめちゃありました。(左フックが)何発も入ったんですが一番綺麗に入りましたね。あれは一発で効かせたというよりもそれまでの蓄積だったと思います。その前も何発かは綺麗に入っていたので。効いている場面もありました」と、それまで何度も当てていた左フックの蓄積で最後は倒れたのではないかとした。

 クリーンヒットを奪っても谷津が構わず前に出てきのは焦らなかったのかと聞かれると「逆に綺麗に当たったことで気持ちが上がりましたね。デビュー戦でそれを味わったので慣れました。デビュー戦の時は嫌になっちゃったんですよ。こんなに倒れないのかって。今回はそうならなかったので成長できた感じでした」と、デビュー戦でも同じ展開を経験していることが活かせたという。

 そして最後には「そろそろベルトが欲しいです。NJKFの1位をKO出来たのでそろそろお願いしたいですね。まずはRED、次はBLACK。当面はREDに集中します。どっちでもいいんですがREDの方がやりたいです」と改めてタイトル挑戦への意欲を示した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント