キックボクシング
ニュース

【THE MATCH】武尊は那須川戦後、試合を見直して研究していた──親友・大岩龍矢が明かす「前向きで、強い」武尊がバックステージで各代表に語っていたこと

2022/06/23 05:06
【THE MATCH】武尊は那須川戦後、試合を見直して研究していた──親友・大岩龍矢が明かす「前向きで、強い」武尊がバックステージで各代表に語っていたこと

(C)ゴング格闘技/THE MATCH 20222/大岩龍矢チャンネル

 2022年6月19日(日)東京ドームで開催された『THE MATCH 2022』のメインイベントにて、那須川天心(TARGET/Cygames/RISE世界フェザー級王者)に、3R 判定で敗れた武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)。

 試合後の証言として、本誌では武尊の盟友の松倉信太郎城戸康裕。那須川天心を育てた父・弘幸会長、那須川とスパーで拳を交えた京口紘人らのコメントを紹介してきた。

 今回は、武尊のセコンドにKRESTから渡辺雅和代表とともにコーナーマンとして入った大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMIーONO KREST/Bigbangライト級王者)による「至近距離」から見た“世紀の一戦”を紹介したい。大岩は、自身のYouTubeで、那須川に敗れた武尊が、試合から帰宅後すぐに自身の動画を確認し、研究していたことを明かし、「俺が思ってた以上に前向きで、強いなって思った」と、存在を賭けて戦った敗者を心配するファンにメッセージを送った。

『武尊のそばにいてください』というメールが何千件と来て──

 本誌『ゴング格闘技』では、直前プレビューとして「証言・武尊を間近で見てきた男たち」として大岩に、武尊の“世紀の一戦”までの姿を取材していた。

 大学からキックボクシングを始め、卒業したら東京のジムに入る、と決めていた大岩が、名古屋からチームドラゴンに見学に行った時、武尊から「同級生だね、絶対来てね。待ってるから」と声を掛けられ、「緊張して『はい、分かりました』と返事した」のがファーストコンタクト。米国合宿で距離が縮まり、いまや互いのコーナーマンとして切磋琢磨してきた。

 そんな武尊の大一番を大岩は同門の同級生、そして親友としてサポート、ともに追い込みもやってきた。

 本誌の取材に「そばで見てて気迫とオーラが凄い。武尊の凄さは『自分の空間に持っていくところ』だと思うんですけど、それを練習中に感じるんですよね。武尊がミット打ちを始めると『武尊の空間』、オーラが出来上がるんです。そんなことは今回が初めての感覚ですね。武尊がやるとアウトボクシングの選手も『打ち合う空間』になってインファイトさせられてしまう。気持ちとか覚悟が違う。天心選手は打ってこなくても、武尊が打ち合いの空間にして倒して勝つだろうな」と語っていた大岩。

「すべてを賭けて」臨んだ試合は、1Rに那須川の左のカウンターを浴びた武尊がダウン。立ち上がった武尊は、ジャブをもらいながらも、ヒット&アウェーの那須川を最終Rに打ち合いの空間に誘い込んでいる。しかし、延長Rに持ち込むことは出来ず、3R判定5-0の敗北。

 この結果について、大岩は「あんまり動画で触れたくなかった」と冒頭で語るが、「いろんな方からDMが来て、『武尊くん、大丈夫ですか』『武尊のそばにいてください』とか、何千件と俺のところに来ていて、みんな悔しいし、ムードが落ちている。ずっと下を向いていてもしょうがないな、少しでもみんなに、この動画を通して、なんか元気を与えられたらいいなと思って、動画を回すことを決めました」と、近況を伝えることにしたという。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア