MMA
ニュース

【ONE】メインを戦う2人の女子世界王者が激闘を予告。秋山成勲、松嶋こよみ、平田樹もフェイスオフ!

2019/06/13 17:06
6月15日の「ONE: LEGENDARY QUEST」上海大会に向け12日、公式フェイスオフが同地のユンスペースにて行われた。 メインイベントでは「ONE女子アトム級ムエタイ世界タイトルマッチ」に臨む、王者スタンプ・フェアテックス(タイ)と挑戦者アルマ・ユニク(豪州)が対戦。フェイスオフではスタンプがピンクのスーツにミニスカートを合わせれば、ユニクもタイトなワンピースで登場。試合衣とは異なる艶やかな姿で決戦を盛り上げた。 王者のスタンプは「これは中国では初めてのことです。皆さんの温かい歓迎と、ONE Championshipがくれた機会に本当に感謝しています」と地元ファンに挨拶。 王座戦に向け「今週の土曜の夜の私の対戦相手(アルマ・ユニク)は速く攻撃的です。彼女は対戦相手に多くのプレッシャーをかけるのが好きで、スピーディに動きます。私も彼女に圧力をかけようとします。ファンにエキサイティングなショーをお見せしたいと思います」と激闘を予告した。 さらに、「ムエタイは私の生き方で、子供の頃からトレーニングをしてきました。私はただ家族にもっと良い人生を送ってもらいたいです。そして、世界中の女性を誇りに思うようにしたいです」とONE女子立ち技二冠王は語った。 対する挑戦者で、WBCとIPCCの世界バンタム級王者であるユニクも「私は肉体的にも精神的にも準備ができています。ONE Championship最大のステージで、私は自分自身と自分が何をしているのかを見せたいと思います。私はスタンプとつま先を付き合わせて戦う準備ができています」とインファイトを予告。 さらに「彼女は偉大なチャンピオンです。しかし私は強く、速く、そして拳を交換するのが好きです。殴り合うことを恐れていません。もちろん、私はノックアウトするつもりです。しかし、私はこの戦いがどのように終わるのか予測できません。代わりに、私は最初から最後まで最善を尽くすことを約束します」と王者と同様に、挑戦者も熱戦に向かう覚悟を決めていることを語った。 また、フェイスオフには、日本から秋山成勲、松嶋こよみ、平田樹が参加。さらにその対戦相手であるアギラン・タニ、クォン・ウォンイル、アンジェリー・サバナルも出席。それぞれ、ファンの前で対峙した。 「ONE: LEGENDARY QUEST」は6月15日(土)、上海の宝山アリーナで開催され、日本ではAbemaTVが17時40分から生中継を予定している。 【関連記事】キレッキレのダンスと打撃で魅了! 立ち技2冠女王スタンプ vs 18歳“スレンダーダイナマイト”ユニクの選択秋山成勲「『本当にあいつ43歳なのか?』っていう動きが出来たら」=6月15日上海大会でONEデビュー 『格闘代理戦争』から6.15 ONEデビュー、平田樹「今まで日本の女子格にいなかったような選手になりたい」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事