EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
レポート

【Fighting NEXUS】フェザー級に新星! 黒帯柔術家・横山武司がMMA連続一本勝ち、ファビオ・ハラダが小森真誉を1Rで極める

2022/05/10 20:05
【Fighting NEXUS】フェザー級に新星! 黒帯柔術家・横山武司がMMA連続一本勝ち、ファビオ・ハラダが小森真誉を1Rで極める

(C)Fighting NEXUS

 2022年5月8日(日)、東京・GENスポーツパレスにて『Fighting NEXUS vol.27』が開催された。メインの山本空良vs.寿希也のフェザー級王座戦に連なるセミのフェザー級戦に、黒帯柔術家の横山武司が出場。

 1996年生まれの横山は、同じく柔術黒帯の兄・大鋳と共に伝統派空手と柔道、中学から柔術を始める。2018年世界選手権・茶帯アダルト・フェザー級ベスト8、2019年全日本選手権・黒帯アダルト・フェザー級優勝などの実績を誇る。

 2019年の「JBJJF東京オープン2019」黒帯オープンクラス決勝でクレベル・コイケに「顔を挟まれた」三角絞めで一本負けも、全日本の階級別では決勝で八巻祐に三角絞めを極めてフェザー級優勝。極めの強さは際立っている。

 2022年2月のFighting NEXUSでプロMMAデビューした横山は、木村豊を相手に1R 三角絞めで一本勝ち。初陣を飾っている。柔術でかつて佐々幸範に師事し、MMAでは佐藤将光の教えを受けている。

 対する十河も寝技師。柔道、レスリングを幼少期から大学まで続け、「Pancrase Bayside Fight1」でギロチンチョークで一本勝ち。マーシャルワールドジャパンカップAクラスで優勝経験も持つ。秋本道場からUP STARTジムを設立。Fighting NEXUSには2021年12月に初参戦し、山口力をハンマーロックに極めている。

▼第9試合 5分2R(延長1R)フェザー級 65.8kg契約
◯横山武司(Swells柔術ジム)
[1R 3分39秒 トーホールド]
×十河卓児(UP START)

 1R、ともにサウスポー構え。横山は左ローを当てる。右のサイドキックは不発。近づくがここはいい形で組めず離れる。右フックで前に出る十河。ブロッキングの横山は、低いヒザ着きのシングルレッグから左で差して腰を抱き、スタンドで横に着いていくが、右手で小手に巻いた十河が誘い込みながら払い腰テイクダウン!

 すぐに上体を立てる横山はガードから右手を巻き込み三角絞め狙い。四角に足を組む横山にヒジを張り、金網に押し込み、腰にヒザを突く十河。下から足を手繰ろうとする横山は、足を解いて十河の左足を引き寄せようとするが、足を組んで伸ばさせない十河が潰してパウンド。

 しかし左足を差し込んでいる横山は、潜りから十河を前方に送り込んで、右足を外ヒールに狙い、突っ込んできた左足もからめクロスヒールへ。その組み手を掴んで極めさせない十河。

 手を着いてケージに腰をつけて足を伸ばされないように防ぐ十河に、横山はうつ伏せになって左足をトーホールドに極めえると、十河は声を上げてタップ。十河は担架に乗せられ、ケージを後にした。

 試合後、横山は、「今回も30人くらい応援に来てくれて、すごく力になりました。11月(7日)NEXUS初の後楽園ホール大会があって、全階級のタイトルマッチがあるらしいので、僕もいい試合を組んでもらえるようにこれからも頑張ります。母の日で、母に感謝を伝えたいと思います。ゴールデンウィークはほんとうに練習と減量で一切、遊ばなかったので地元の友達、祝勝会頼みます」と笑顔。11月の後楽園ホール大会出場をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア