AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【DEEP JEWELS】中井りんがTKO勝ち、富松が古瀬に一本勝ち。本野美樹は長野美香破る金星! RIZIN帰りのあい、川村虹花は明暗分ける=6.9 DEEP JEWELS 24

2019/06/09 18:06
【DEEP JEWELS】中井りんがTKO勝ち、富松が古瀬に一本勝ち。本野美樹は長野美香破る金星! RIZIN帰りのあい、川村虹花は明暗分ける=6.9 DEEP JEWELS 24

DEEP JEWELS 24
2019年6月9日(日)東京・新宿FACE

▼第10試合 DEEP JEWELS 58kg以下5分3R
◯中井りん(57.70kg/修斗道場四国)
[2R 1分56秒 TKO]

×ゲオチャイ(57.50kg/Tarnthong Gym) 


 中井りん(修斗道場四国)が1年4カ月ぶりに復活。2019年6月9日(日)東京・新宿FACEで開催される『DEEP JEWELS 24』のメインイベントで、ゲオチャイ・プラチャムウォン(タイ)と対戦することが発表された。中井がDEEP JEWELSに出場するのは今回が初。

中井は体操、柔道を経て2006年10月にMMAでプロデビューし、2010年11月にトーナメントで優勝してVALKYRIE(現在は消滅)女子無差別級初代王者に。2002年12月には初代バンタム級クィーン・オブ・パンクラス王座も獲得し、2014年9月からはUFCに参戦。この試合でUFC女子バンタム級2位ミーシャ・テイトに敗れるまで16連勝(1引き分けを挟む)を達成した。なお、20勝2敗1分の戦績でこれまで喫した黒星はUFCでの2戦のみ。


2016年7月からは国内に復帰。4連勝を収めたが、2018年7月の『RIZIN』前に猛暑の中で練習中に熱中症となり、急性腎炎を併発してドクターストップ。杉山しずか戦が直前で中止となり、その後も体調が回復しなかったことから戦線離脱が続いていた。

ようやく復帰戦が決まった中井は4月16日から20日までは上京し、出稽古を行っていたことをファンに報告している。だが、5月10日の自身のブログには「練習相手がいなくて困っています」との悩みを吐露。「ネットを見ると、世間の人達は私が負ければ良いと想っているんだなと想ってふさぎ込んでしまって生きてる事がつまらなくなります。こんな状況で、試合なんか出来るのかと想います」(原文のまま)と、復帰戦へ向けてナーバスになっていると思われる投稿がされていた。


しかし、前日計量では、「日本の女性が強いということをJEWELSの代表としてお見せしたいと思います」と力強く語り、宇佐美館長も「全局面で上回って相手にならないと思う」と自信を見せた。

対戦相手のゲウチャイ・プラチャムウォンはMMA戦績2勝2敗という26歳。ムエタイで65勝10敗、ボクシングで32勝12敗、レスリングで45勝28敗、母国の柔術大会でもメダルを獲得している打撃を得意とするトータルファイターだ。


MMAで喫した2つの黒星のうちひとつは、3月のDEEP JEWELSで佐藤絵実を34秒でリアネイキドチョークで下した強豪アム(スワナン・ブンソーン)戦でのもの。2014年に110ポンド(49.89kg)契約でアムと対戦したゲウチャイは、オーソドックスのアップライトの構えでアムの蹴りをスウェイでかわし、蹴り足を掴んで先にテイクダウンを奪い、相手のマウントを2度リバーサルするなどシーソーゲームを展開したが、最後は腕十字に敗れている。


 また、もうひとつの黒星の相手はONE Championshipにも参戦経験のあるタロス・サム(カンボジア)で、2017年11月に同じく腕十字で一本負けを喫している。

いずれの試合もゲウチャイは、162cmの長身から繰り出す右の長い蹴りを武器に、自身のSNSでのニックネームを「Keawjai Boxingsex」としている通りの好戦的な右のパンチで相手に圧力をかけており、身長で6cm下回る中井にとっては警戒が必要な打撃を持つが、組み力では、中井に分がある。下からのリバーサルに注意しながら、しっかりと抑え込んで削りたいところだ。 前日計量後にはゲウチャイが、大学でレスリング部に所属し、ローカルタイトルも持っていることが判明。得意のムエタイにいかに融合させてくるか。



1R、ゲオチャイは右ミドルをヒット。中井もゲオチャイのミドルを掴んで右ストレートを入れる。さらに中井の左にゲオチャイは鼻を赤くする。右を振り蹴り足をつかんでテイクダウンは中井。しかし宇佐美館長の「立たせろ」の声に3度スタンドに戻す。



2R、打撃を試すように右フック、左ストレートを刺す中井。ゲオチャイも右ミドル、得意の左ハイは中井はブロック。思い切って左右のボディ打ちで入る中井。蹴り足を掴むと中井は一気にテイクダウン。ゲオチャイに足を効かさせず、サイドから中腰で鉄槌連打! レフェリーが間に入った。



試合後、中井は復帰戦に至った周囲への感謝を述べると、「これからも私が JEWELSに出て JEWELSは強いんだというふうにしていけたらと思います」とあいさつ。恒例の勝利の側転からのバック宙を2度、披露した。

試合後の会見では、今回の出来を「30点。ダメでした」辛口の自己評価。理由を「練習したことが出せなかったので」と語り、今回、数限られた実戦のなかで、ムエタイベースのファイター相手に様々な打撃にトライしていたことを明かした。同席した宇佐美館長も「あそこ(パウンド)で勝負を決めたくなかったわけです。(実戦で試したかった?)練習では100パーセントでやっていますが、試合と練習は違うということを実感しました」と課題が残ったことを挙げた。あえて1Rに打撃勝負に出ながら、2Rにテイクダウンからフィニッシュしたことについて中井は、「我慢できなかった」と反省しきりだった。


▼第9試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分3R
◯富松恵美(48,75kg/パラエストラ松戸)
[1R 4分28秒 キムラロック]

×古瀬美月(49.00kg/Y&K MMA ACADEMY

(前日コメント)
富松「先日、怪しいLINEが来て、相手が病気だと。試合が無くなることも頭に浮かびましたが、DEEPの方々が力を尽くしていただき、そして古瀬選手が──正直、親子であっても遜色ない──こんな短期間で承諾してくれた熱意と、組んでくれたDEEPに感謝します。古瀬選手は格闘代理戦争で準優勝し、この間の試合も間近で見させていただき、これからの女子格闘技を担っていく選手で、上がってきてほしいですけど、まだまだ鍛えていかないと勝てないんだぞというところを見せて、明日は完勝したいと思います。熱い試合を楽しみにしていてください」

古瀬「急きょ参戦、感謝しています。すごい強い相手とは知っている。一生懸命を見てもらえたら」

セミファイナルでは、富松恵美(パラエストラ松戸)と対戦予定だった佐藤絵実(毛利道場)が「病気によりドクターストップ」で欠場のため、代わって古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)が緊急出場し、富松と49kg契約で対戦(※当初のアトム級は47.6kg)する。

AbemaTVの「格闘代理戦争」で活躍した古瀬は、約1カ月前の5月12日の「DEEP 89 Impact」にも出場しており、ストライカーの樋田智子(カルペディエム福岡)を相手に、要所でテイクダウンを奪い削って判定勝利も、後半のスタミナに強い樋田に苦しめられる場面も見せた。

古瀬と対戦する富松は元ストロー級暫定王者。2018年6月に強豪のパク・ジョンウン、8月にパク・シウに連敗を喫したが、3月9日の「DEEP JEWELS 23」では、レスリング出身の青野ひかるに2R、一本勝ちし、復活を遂げている。

基本はオーソドックス構えの富松とサウスポー構えの古瀬。長い手足を武器に自分の距離で戦いたい古瀬に対し、しっかりジャブから崩す富松は寝技では一日の長がある。今回のスクランブル出場で古瀬はいかにベテランの富松と対するか。前日計量後には、「厳しい戦いになるとは分かっていますが、頑張りたい」と挑戦のひとつであることを語っている。

1R、サウスポー構えの古瀬とオーソドックス構えの富松。前手をぶつけあいながら、前足に右ローは古瀬。富松もモーションの少ない右ストレートをヒット。



打ち合いの中で前ががりにさせられた古瀬。富松はそこにダブルレッグテイクダウン! 古瀬はスクランブルで立つことができず、あるいは選択せず。下から右腕をオーバーフックし、ヒジを頭部に打つ。

しかし、富松は脇差しパスガードへ。いったんは上体を離すと、両足をさばきながら、下から脇を差してきた古瀬を押さえ、上四方へ。最後は頭付きのキムラロックを極めた。

試合後、マイクを渡された富松は、対戦予定だった相手の怪我により、急遽、試合のオファーを受けた古瀬に感謝の言葉を述べると、「私も“熟年”(※前日計量で佐伯代表が富松をそう紹介)なので(笑)、若手に上がってきてほしいですし、若手が盛り上げて“ずっと続く団体”にしてほしい。ただ、まだまだ上が強いというところも証明したかった」と、女子格闘技ブームの前から格闘技に取り組んできた矜持と、ブームで終わらせない強い意志を語ると、「ちょっとはベルトに近づけたかでしょうか」と、再び王座戦線にからむ意欲を見せた。

▼第8試合 DEEP JEWELSストロー級 5分2R
×長野美香(51.80kg/CORE王子豊島)
[判定0-3]※18-20×3

◯本野美樹(52.70kg/AACC)


大晦日RIZINで山本美憂に判定負けした長野美香は、3月のHEATで鈴木万李弥に完勝したAACC所属の本野美樹と対戦する。長野は4月のQUINTETでグラップリングマッチながら柔術家の杉内由紀に一本負けを喫しており、本職のMMAで踏みとどまりたい。東海大柔道部出身の本野との一戦は、ベテランと新鋭の下剋上マッチといえる。



1R、互いにサウスポー構えから、長野はジャブで距離を取り、右ストレートを差す。大内刈テイクダウンは本野。ラバーガード、フットチョークを狙う長野の下からの仕掛け潰しパウンドを打つ。

2R、ジャブ、左ストレートを突く長野に、1Rと比べ入り辛くなる本野だが、AACCでRENAからも打撃のアドバイスを受ける本野は、右の刺し合いに応じる。

さらに、得意とする足払いローキックを狙いながら、最後は柔道の足技ではなくダブルからシングルレッグテイクダウン! 長野のガードワークを防ぎ、上のままゴングを聞いた。本野はデビュー2戦目にしてRIZIN出場経験もある長野を相手に判定3-0で完勝。


本野は試合後、「プロ2戦目で長野選手との対戦が決まって毎日が充実して試合が楽しみでした。その長野選手に勝つことができて素直に嬉しいです。まだまだやることはあるので、もっともっと強くなってでっかい舞台で戦えるように頑張ります」と目標を語った。

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年7月号
2019年5月23日発売
復刊第2号! 6.14 NY MSGでBellator王者コールドウェルに挑戦する堀口恭司と、無敗のグスタボを下した朝倉未来がスパーリング対談。さらに武尊×不可思の盟友対談、那須川天心秘話、平成格闘技プレーバックも掲載!

関連する記事