MMA
レポート

【UFC】マカチェフが1Rフィニッシュ! 盟友ヌルマゴメドフが保持していたベルトの次期挑戦者候補に。5連勝ツァルキヤンがマカチェフへのリベンジアピール、DEEP JEWELS王者キム・ジヨンが大激闘! 噂のテレンス・マッキニーが11度目の1R勝利

2022/02/28 21:02
 2022年2月26日(日本時間27日)に米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night: Makhachev vs. Green」が開催された。  メインイベントは、ベニール・ダリウシュ(米国)の欠場により、2週間前に試合しているボビー・グリーン(米国)が緊急出場、ライト級4位のイスラム・マカチェフ(ロシア)と160ポンド契約で対戦した。 ▼160ポンド契約 5分5R〇イスラム・マカチェフ(ロシア)22勝1敗(UFC11勝1敗)160lbs/72.57kg[1R 3分23秒 TKO]×ボビー・グリーン(米国)29勝13敗(UFC10勝8敗)158lbs/71.67kg  30歳のマカチェフは、元UFC世界ライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフの幼馴染みで、トレーニングパートナー。2010年にMMAデビューし、2016年にはコンバットサンボ世界選手権(74kg未満級)で金メダル。  MMA11連勝で2015年5月からUFCに参戦。2戦目でアドリアーノ・マルチンスの右フックに1R KO負けしたものの、以降ここまで9連勝。2021年10月の前戦ではダン・フッカーを1R キムラロックで極めている。セコンドにはAKAのハビア・メンデスとともにハビブ・ヌルマゴメドフがつく。  35歳のグリーンは高校時代のレスリングがバックボーン。2009年2月にKOTCでMMAデビュー後、2011年7月にStrikeforceに参戦。JZカルバンこと、ジェシアス・カバウカンチにスプリット判定で敗れるも、以降4連勝で、StrikeforceからUFCに契約が移管され現在まで生き残っている。  MMA29勝12敗でUFC戦績は10勝7敗。2020年にクレイ・グイダ、ランド・バンナータ、アラン・パトリック相手に3連勝後、ティアゴ・モイゼス、ラファエル・フィジエフに判定負け。しかし2021年11月にアル・アイアキンタを1R、右ストレートで降すと、2022年2月12日の前戦でナスラット・ハクパラストに判定勝ちで2連勝中。テイクダウンディフェンスが強く、低い手の構えから繰り出すパンチを武器とする。  1R、グローブタッチをしなかった両者。サウスポー構えのマカチェフ。オーソドックス構えのグリーンが中央を取ると、そこに先に左ハイを見せたマカチェフ。  グリーンもいつも通りノーガードで近づくグリーンに右から左で飛び込むマカチェフ。ダックしてかわすグリーンの首を抱えに行くが、頭を抜くグリーン。  サウスポー構えになるグリーン。前足の右で蹴りを打つと、マカチェフの左の蹴り返しは腰を引いてかわす。右ボディストレートを突くグリーン。かわすマカチェフは、右から左のワンツーで押し戻す。これは距離で外すグリーンはオーソドックス構えに。  右ミドルを腹に突くが、その蹴り足を取ったマカチェフが詰めてグリーンの右腕をオーバーフック。右で脇を差しているグリーンが突き放すも、金網背にしているところにマカチェフはヒザ着きのダブルレッグへ。  尻下でクラッチを組むと、テイクダウン。ニーシールドのグリーンはマカチェフの股下に潜り、ディープハーフで右足を内側から抱えに行こうとするが、足を後方に切ったマカチェフはハーフガードの上に。  右腕で枕に取り、肩でグリーンのアゴを押して寝かせると、ハーフのまま後ろ袈裟に近い形で上からグリーンの右手を引き上げ、ダン・フッカーを極めたときと同じようにアームロック狙い。腕を引いて抜いたグリーンに、その際でパスしマウントを合わせたマカチェフ!  パウンドを受け半身になるグリーン。身体が伸び、左のパウンドをもらい続ける。動けず頭を抱えるグリーンにマカチェフはバックマウントから23連打でレフェリーが間に入った。  危なげなくUFC10連勝を達成したマカチェフは、試合後、マイケル・ビスピンのインタビューに「いい気分です。ありがとうみなさん。僕は今回のダリウシュ戦のためにものすごくハードに練習してきた。次はタイトルマッチがしたい。タイトルマッチじゃないと。僕の準備は出来ている。僕はここにいる。いつもいつもハードにトレーニングしているんだ、いかなる場合も勝利を掴むために」とタイトルマッチを希望。  さらに、ダリウシュとの試合をどう思うか? と聞かれ「彼が最高の選手の一人であるということはあることはよく分かっている。自分がベルトを手にして彼を待つだけのこと」と、ライト級王座挑戦が先だと語った。  5月7日(日本時間8日)の「UFC 274: Oliveira vs. Gaethje」で、王者シャーウス・オリヴェイラが、1位のジャスティン・ゲイジーの挑戦を受けることが決定しており(※同大会で決定していたテイシェイラvs.プロハースカのライトヘビー級王座戦は6月に延期)、その勝者にダナ・ホワイト代表はマカチェフを挑戦させることを、メディアに語っている。  次期挑戦者候補となったマカチェフは、盟友ヌルマゴメドフが巻いたベルトをダゲスタンに持ち帰ることが出来るか。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇ウェリントン・トゥルマン(ブラジル)18勝5敗(UFC3勝3敗)185lbs/83.91kg)[2R 1分29秒 腕十字]×ミシャ・サークノフ(カナダ)15勝8敗(UFC6勝6敗)185.5lbs/84.14kg  トゥルマンは柔術黒帯でムエタイ使い。2020年8月にアンドリュー・サンチェスに、21年6月にブルーノ・シウバにともに1R TKO負けを喫したが、2021年8月の前戦でサム・アルヴィーにスプリット判定勝ちした。  対するサークノフは柔道・レスリングがバックボーン。ライトヘビー級からミドル級に転向。2021年10月の前戦では、ミドル級初戦で元ランカーのクシシュトフ・ジョッコにスプリット判定負け。  1R、オーソドックス構えのトゥルマンは右ストレートから。サウスポー構えのサークノフ。左ミドルを突くサークノフ。トゥルマンは右フックからそのままシングルレッグへ。四つから大外刈狙いのサークノフに体を残すと、左でオーバーフックしたサークノフの右腕を腕取りのように引き落として崩してバックテイク!  トゥルマンはスタンドバックから持ち上げて崩して、マットに手を着かせると、その立ち上がり際で背中に乗ってチョーク狙い。右手を喉下に入れるトゥルマンの左手を両手で掴んで防ぐサークノフ。  その左手を喉下に入れたトゥルマンは顎上から絞めると、サークノフは引き込まれず背負ったままズラして横に落とすことに成功。中腰でパウンドを連打する。  そのスペースで下からシングルレッグに入るトゥルマンに脇下から右腕を入れて首横で左手でクラッチしてクォーターネルソンの形で首を絞って前転させたサークノフは仰向けになったトゥルマンにノースサウスチョーク。  首を抜いたトゥルマンはガードから亀に。サイドバックからパウンドのサークノフ。正対しハーフになったところでブザー。  2R、右ストレートのトゥルマンに、左ミドルを入れるサークノフ。トゥルマンは右前蹴り。サークノフはシングルレッグから押し込んで右で差す。  金網背にヒザ蹴りを突くトゥルマンは、右ヒジ。サークノフは右足で足払いでテイクダウン! フルガードのトゥルマンは下からサークノフの右手を掴むと一気に腰を切り、腕十字! ヒジを極められたサークノフはタップ! トゥルマンのセコンドのグローバー・テイシェイラも歓喜のガッツポーズを見せた。  試合後、トゥルマンは「とても気持ちよかった。1Rにリアネイキドチョークで少し力を使いすぎて、少しガス欠になってしまった。でも、コーチがいい仕事をしてくれて、“W”(WIN=勝利)を手に入れることができた。ジムでは世界チャンピオンのグローバー・テイシェイラと本当にしっかりとトレーニングをしてきた。集中力を切らさず、今夜は素晴らしい試合ができたよ」と語った。 [nextpage] ▼女子フライ級 5分3R〇プリシラ・カショエイラ(ブラジル)11勝4敗(UFC3勝4敗)125lbs/56.70kg[判定3-0] ※29-28×3×キム・ジヨン(韓国)9勝5敗(UFC3勝5敗)126lbs/57.15kg  女子フライ級でDEEP JEWELSバンタム級王者のキム・ジヨンが登場。UFCでは2戦目からフライ級に落とし、3勝3敗。2020年にアレクサ・グラッソに判定負け後、2021年9月にモリー・マッキャンに判定負けで2連敗中。  対するカショエイラはブラジルで8連勝後にUFC入り。初戦でヴァレンティーナ・シェフチェンコにリアネイキドチョークで一本負け後、モリー・マッキャンに判定負け、ルアナ・カロリーナに判定負けで3連敗も、2020年2月にシャナ・ドブソンにアッパーで40秒KO勝ち。5月にジナ・マザニーも2R KOに降すも、2021年12月のジリアン・ロバートソン戦で1R リアネイキドチョークで一本負けしている。  1R、ともにオーソドックス構え。ジャブ&ローで攻めるジヨン。打たれ強いカショエイラは右オーバーハンドを強振するが大振り。しかしダブルレッグテイクダウンを決める。  2R、カショエイラはワンツーからアッパーも、ジヨンも右フックの打ち返し。打たれながらも前に出るカショエイラは回転を上げ、飛び込んで右から左、さらに右を打ち込むと、ジヨンはジャブ、ワンツーで反撃する。  3R、回転を上げて左右でジヨンを後退させるカショエイラ! ジヨンはケージを背にしながらも左を当ててサークリング。一瞬、動きが止まったカショエイラを詰めるジヨンは右アッパー! スタミナ厳しいか、カショエイラは手数が減るとジヨンが前に。  ジャブの刺し合い、互いに右フックを当てると、ジャブを突くジヨンにカショエイラは右オーバーハンド! 右目下を腫らし消耗しているカショエイラだが、右を当てると前へ。しかし押し戻すジヨンはワンツーの右が頬をとらえる! 左ジャブをもらいながらも右ヒジを振って追うカショエイラ!  右ヒジの連打で前に出て左縦ヒジも。さらに左手で首を掴んでの右ヒジと鬼気迫る攻撃。残り1分も右ヒジを当てたカショエイラがついにジヨンをカットさせ、さらに左テンカオを2発! 圧力に下がりながらも打ち合うジヨン。  最後まで打ち合った2人の“ゾンビガール”はブザーに正座して互いにハグ。激闘の判定は3-0(29-28×3)でカショエイラが逆転勝ち。雄たけびを上げて、セコンドと涙のハグをかわした。 「自信を持って試合に臨んだ。チームがついていてくれるから仕事を果たすだけだった」と勝利を語ったカショエイラは試合後、紫帯を腰に巻かれた。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇アルマン・ツァルキヤン(アルメニア)18勝2敗(UFC5勝1敗)156lbs/70.76kg[2R 1分57秒 TKO]×ヨエル・アルバレス(スペイン)19勝3敗(UFC4勝2敗)156lbs/70.76kg  ライト級13位のツァルキャン。2019年4月のUFCデビュー戦でイスラム・マカチェフに判定負けも、以降4連勝。3つの判定勝ち後、2021年9月の前戦でクリトス・ギガゴスに左フックからのパウンドで1R KO勝ちしている。  対するアルバレスも4連勝中。2019年2月のオクタゴンデビューでダミール・イスマグロフに判定負けも、以降4連続フィニッシュ(1R決着が3度)。2021年11月の前戦では、チアゴ・モイゼスにパンチラッシュで1R TKO勝ちを決めている。  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツーハイはツァルキヤン。アルバレスは右ハイもそれをかわして蹴り足を抱えたツァルキヤンがテイクダウン! ガードに入れるアルバレス。互いにでヒジ打ち。足を越えさせないアルバレス。下から4の字ロック、足を解いて腕十字を狙うが、外したツァルキヤンはかつぎパスへ。  いったん亀になり正対してガードに戻すアルバレス。上のツァルキヤンは細かくパウンド。さらに右ヒジ! 下のアルバレスは鼻をカットし多量に出血。腕十字狙いでブザー。  2R、右前蹴りはアルバレス。ツァルキャンはダブルレッグテイクダウン。首を抱えるアルバレスからサイドを奪うと、右手を股下にいれてクルスフィックスに。腕あh抜いたアルバレスだが、サイドからツァルキヤンは鉄槌・パウンド! 亀になって立ち上がろうとするアルバレスを崩して足をかけて、右手でリストロックして、パウンド連打! 亀のまま動けなくなったアルバレスを見て、レフェリーが止めた。  5連勝を決めたツァルキヤンは、試合後「打撃も柔術も鍛えているからどんな試合でも戦える。自分のパフォーマンスには満足しているし、5Rだって行けるからやらせてほしい。マカチェフとの再戦はいい試合になるだろうね。この階級では俺たちがトツプだ」と語った。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇アルメン・ペトロシアン(アルメニア)7勝1敗(UFC1勝0敗)186lbs/84.37kg[判定2-1] ※29-28, 28-29, 30-27×グレゴリー・ホドリゲス(ブラジル)11勝4敗(UFC2勝1敗)186lbs/84.37kg  2Rは右を当ててテイクダウンも決めたホドリゲスだったが、1Rと3Rの接戦でロー、ミドルなど打撃で上回ったペトロシアンがコンテンダーシリーズからUFCデビュー戦で勝利。 [nextpage] ▼ライト級→160ポンド契約 5分3R〇イグナシオ・バハモンデス(チリ)13勝4敗(UFC2勝1敗)154.5lbs/70.08kg[3R 1分40秒 ニンジャチョーク]×ロン・チュー(中国)18勝5敗(UFC1勝2敗)160lbs/72.57kg ※体重超過  チューは体重超過。バハモンデスに報奨金の40%を支払い試合に。LFAからContender Series 2020を経て、UFCで1勝1敗のバハモンデスはムエタイも巧み。打撃で劣勢となったロンはダブルレッグテイクダウンも、下から右でオーバーフックし、スイープしたバハモンデス。  スイッチしての左ミドル、左ストレートを受けたロンが、再びダブルレッグに入るも、切ったバハモンデスが首をとらえ、背中を着けさせてのニンジャチョークを極めた。オクタゴン2連勝。ロンはUFC1勝2敗と負け越しに。 [nextpage] ▼女子フェザー級 5分3R〇ジェジアニ・ヌネス(ブラジル)9勝1敗(UFC2勝0敗)145.5lbs/66.00kg[判定3-0] ※30-27, 30-27, 30-26×ラモーナ・パスクアル(中国)6勝3敗(UFC0勝1敗)146lbs/66.22kg パスクアルにテイクダウンされたもののヌネスが打撃で勝利。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇テレンス・マッキニー(米国)12勝3敗(UFC2勝0敗)156lbs/70.76kg[1R 2分11秒、リアネイキドチョーク]×ファレス・ジアム(フランス)12勝4敗(UFC2勝2敗)155lbs/70.31kg  2021年11月にマッキニーのセコンドのコロナ陽性で中止から仕切り直しのライト級戦。  レスリングベースのマッキニーはLFAから2021年6月にUFC入り。現在4試合連続1Rフィニッシュ勝利中だ。前戦では、UFC2勝2敗1分のマット・フレヴォラにワンツーで7秒KO勝ち。勝利後にケージから飛び降りてヒザを怪我するなど、溢れるフィジカルをコントロール出来ず持て余しているところも。  対するジアムは元ISKA世界王者。UFC2勝1敗で、2021年6月の前戦ではルイジ・ベンドラミを打撃で上回り判定勝ちしている。  1R、サウスポー構えのマッキニー。オーソドックス構えのジアム。左ストレートで飛び込むマッキニーを右ローで迎撃するジアム。マッキニーはバランスを崩して倒れたかと思いきや、右足を掴みに。足を飛ばして抜いたジアムの左腕を抱えてからすぐに正対! 上を取り返す。  下から4の字ロックのジアムが足を解くと、マッキニーはすぐに担ぎパス。サイドを奪うが、ジアムも右足にからんでハーフに。右で脇を差し、金網に押し込むと上半身を立てようとしたジアムの脇を潜りバック狙い。  足をかけさせないようジアムが正対した際でマウントを奪ったマッキニーは右のパウンド。ブリッジからリバーサルを狙うジアムについていくとバックマウントに。腰をずらし半身になるジアムにリアネイキドチョークへ。アゴにもかかった腕を押し上げようとしたジアムだがタップした。  クレバーな戦い方で、UFC2試合連続、MMA5試合連続、11度目の1R勝利を手にした27歳のマッキニーは、「調子がいい。俺の時代が来た感じがするよ。ほかの選手には敬意を払っているけど、自分が主役に躍り出る」と、ライト級を駆け上がることを宣言。最後に手裏剣を飛ばすポーズでオクタゴンを後にした。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R〇ジョナサン・マルチネス(米国)15勝4敗(UFC6勝3敗)144lbs/65.32kg[判定3-0] ※29-28, 29-28, 30-27アレハンドロ・ペレス(メキシコ)22勝9敗(UFC8勝4敗)144.5lbs/65.54kg 1Rに右フックでダウンを奪ったペレスだが単発に。サウスポー構えから遠間の距離でカウンター、左の蹴りも含めた打撃で上回ったマルチネスが2R以降を制して判定勝ち。 [nextpage] ▼ウェルター級 5分3R〇ラミズ・ブラヒマイ(米国)10勝4敗(UFC2勝2敗)170.5lbs/77.34kg[1R 2分02秒 リアネイキドチョーク]×マイケル・ギルモア(米国)6勝5敗(UFC0勝2敗)170.5lbs/77.34kg  1R、ともにオーソドックス構え。圧力をかけるブラヒマイにギルモアは右オーバーハンド。しかしそれをかわしたブラヒマイがカウンターのダブルレッグでテイクダウン。  手を着いて立とうとしたギルモアのバックに回り、すぐに左足をかけると、片ヒザ立ちのギルモアのアゴを引き上げてリアネイキドチョークへ。腰をずらして正対するギルモアにマウントへ。ここも背中を見せて立とうとしたギルモアにリアネイキドチョークを極めた。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇カーロス・ヘルナンデス(米国)8勝1敗(UFC1勝0敗)125lbs/56.70kg[判定3-0] ※28-29, 30-27, 29-28×ビクター・アルタミラノ(メキシコ)10勝2敗(UFC0勝1敗)123lbs/55.79kg  平良達郎が戦うUFCフライ級。平良のオクタゴンデビュー戦の相手は、MMA8勝1敗のカーロス・キャンデラリオ(米国・30歳)に決定しているが、今後、対戦相手になる可能性のある選手が第1試合に登場。  10勝1敗のヴィクター・アルタミラノは元LFAフライ級王者。2021年8月の「Contender Series 2021」でカーロス・カンディラリオにスプリット判定勝ちでUFC入りを決めた。  対する7勝1敗のカーロス・ヘルナンデスも2021年10月の「Contender Series 2021」からUFC入り。ダニエル・バレズにスプリット判定勝ちしている。  1R、サウスポー構えのアルタミラノは左ミドル。オーソドックス構えのヘルナンデス。アルタミラノはワンツーで前に出るが、そこにカウンターのボディロックから小外でテイクダウンはヘルナンデス。しかし、下のアルタミラノもスクランブルから立ち上がる。  2R、左の前蹴りで前進のアルタミラノ。右で差すが、ヘルナンデスはヒザを突いて突き放す。左ミドルを当てるアルタミラノ。ヘルナンデスのワンツーをダッキングでかわす。左ボディをヒットさせるアルタミラノ。シングルレッグに入るヘルナンデスを切るが、ヘルナンデスも左右で前に。  右手を前に出して、左の蹴りはアルタミラノ。ヘルナンデスの入りにアルタミラノは左アッパー! アルタミラノの組みには右ヒザを合わせる。なおも組むアルタミラノを左で小手に巻いて投げるヘルナンデス。アルタミラノもすぐに立つ。ここはアルタミラノのラウンドか。  3R、アルタミラノの組みに右で差して体を入れ替えるヘルナンデスが投げ。残すアルタミラノは左右、下がりながらも左ミドルを打つ。四つから左で差すアルタミラノ。首相撲ヒザも。左ハイはガードしたヘルナンデス。組んできたアルタミラノに首相撲ヒザを突く。  右を振って右を差したヘルナンデス。左ミドルを当てて押し込むアルタミラノに体を入れ替え右ヒジを突くヘルナンデス。しかし、最後残り10秒でテイクダウンを決めたアルタミラノ!  判定2-1(29-28, 30-27, 28-29)でヘルナンデスがUFC初勝利。ヘルナンデスは「プレッシャーがあって変な感じだったけど勝ててよかった」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント