MMA
レポート

【GRACHAN】手塚基伸がバンタム級新王者に! 伊藤空也に52秒一本勝ち、荒東がまたも怪獣退治、大搗が高須をTKO

2021/12/19 16:12
 2021年12月19日(日)千葉・幕張ベイパークアリーナで『GRACHAN 52』が開催された。メインイベントでは、RIZIN帰りの王者・伊藤空也(BRAVE/王者)vs.挑戦者・手塚基伸(シークレットベースドミネート・コブラ会)のGRACHANバンタム級タイトルマッチ5分3Rが行われた。 ▼第8試合 GRACHANバンタム級タイトルマッチ 5分3R×伊藤空也(第6代GRACHANバンタム級王者/BRAVE)王者[1R 0分52秒 腕十字]〇手塚基伸(第3代GRACHANバンタム級王者/シークレットベースドミネート・コブラ会)挑戦者  伊藤は長野県の禅道会空手出身。16歳でGLADIATORでプロデビュー後、DEEP、Wardog Cage Fightを経て、2016年1月からGRACHANに参戦。2017年12月から6連勝をマーク。格闘技に専念する為に3年務めた会社を退職し上京。BRAVEの宮田和幸に弟子入りし内弟子として練習。  2020年9月の第6代GRACHANバンタム級王座決定戦で獅庵に判定勝利で王者に輝いた。前戦、2021年6月のRIZINバンタム級トーナメント1回戦では、金太郎を相手に打撃、組み技ともに真っ向勝負。判定負けも評価を高める内容で、10月2日の『RIZIN LANDMARK vol.1』にも出場が決まっていた(相手は渡部修斗)が、新型コロナウイルスの陽性反応が出たため欠場。  手塚はUFC参戦経験を持ち、第3代GRACHANバンタム級王者、初代HEATバンタム級王者に輝いた強豪。GRACHAN、HEATを経て、2019年6月から修斗に参戦し、奇天烈に肩固めで一本勝ちを飾ると、11月に小野島恒太に判定勝ち、2020年1月に魚井フルスイングに負傷TKO勝ちと修斗3連勝を飾った。  2020年3月の修斗で安藤達也と対戦予定であったが不運にも大会中止に。2021年4月に、大阪のリングで約8年ぶりにPANCRASEに復帰し、PANCRASEバンタム級10位の土肥潤を相手に判定勝利。8月にはGRACHAN大阪大会で第5代GLADIATORバンタム級王者・竹本啓哉に判定勝ちと5連勝で王座返り咲きを目指す。  1R、サウスポー構えの手塚にオーソドックス構えから左ローを前足に突く伊藤。手塚のダブルレッグをがぶる伊藤だが金網際でスプロール出来ず、手塚の引き込みの中に入る。  下から右で差して伊藤の背中ごしに四つでロックし左腕を肩に乗せタイトにストレートアームバーは手塚。伊藤がヒジを曲げるとそこから跳ね上げスイープも狙う手塚に伊藤は中央に戻る。   ヒジ、パウンドを狙い、左拳を伸ばす伊藤。その左腕を深く掴んだ手塚は一気に腰を切って腕十字へ! 肩抜き後転でうつ伏せになり、伊藤の腕を伸ばすと、伊藤がタップした。  見事な一本勝ちで第7代王者となった手塚は、ベルトを巻いてケージの中で子供を肩車。「修斗で3連勝して、PANCRASE、またGRACHANに戻って来ました。また新たな選手も出てきているし、防衛戦も伊藤空也も1年くらい時間あげるからまた這い上がってきてください。俺、どうすればいいですかね。バンタム級トーナメントもやってたし、いけるんちゃうかな、俺。GRACHAN背負ってまたやっていきます」とマイクで語った。 [nextpage] ▼第7試合 GRACHAN無差別級 5分2R〇荒東”怪獣キラー”英貴(パラエストラ大阪)[1R 3分54秒 KO]×ラデック(チェコ/AACC)  1R、サウスポー構えのラデックは左の蹴りから。ローキックが荒東の股間に入りローブローとなり中断。再開。ラデックの左蹴りに右ストレートを合わせに行く荒東は、ラデックの左に左フックも。ラデックの前蹴りを腹にもらうもものともせず前進、右フックを効かせて左右連打。最後は金網に詰めてラッシュ、またも“怪獣”を倒した。  試合後、荒東はマイクを持ち、「ヘビー級のRIZINで素人みたいのやってるけど、これで5戦5勝、海外でもやっているし、RIZIN出るの、俺でしょう!」とRIZIN出場をアピール。 [nextpage] ▼第6試合 GRACHANフェザー級 5分2R×拓MAX(TEAM HAMBOLT)[1R 2分17秒 リアネイキドチョーク]〇和田健太郎(ストライプル新百合ヶ丘)  1R、早々いダブルレッグテイクダウンは和田。拓MAXの立ち際にバック奪い、リアネイキドチョークを極めた。試合後、和田は「ストライプル新百合ヶ丘の和田です。今回一本勝ちすることが出来ましたので、次はもっと強い選手と戦わせてください」とマイクアピールした。 [nextpage] ▼第5試合 GRACHANバンタム級 5分2R×善司郎(総合格闘技道場DOBUITA)[判定0-3]〇松本尚大(拳心會)  1R、サウスポー構えの善司郎は左を振ってダブルレッグテイクダウン。金網使い立つ松本はワンツーの右を当てて首投げも、ブリッジで返して上になる善司郎。  2R、松本の崩しに下になる善司郎。バック奪う松本はリアネイキドチョークを狙う。腰をずらし正対する善司郎はダブルレッグテイクダウンも上体を立てる松本が細かいパウンド。  判定は松本が3-0で勝利した。 [nextpage] ▼第4試合 GRACHANバンタム級 5分2R〇フミ・グローブTV(パラエストラ札幌)[1R 2分38秒 腕十字]×平田純一(DAMM FIGHT JAPAN) 1R、フミはダブルレッグテイクダウンから平田の蹴り上げを捌きパスガード、腕十字を極めた。 [nextpage] ▼第3試合 GRACHANフェザー級 5分2R×高須将大(ストライプル茨城)[1R 3分30秒 TKO]〇大搗汰晟(総合格闘技宇留野道場)  1R、ボディロックで詰める高須に金網背にギロチン狙いから首を抱え払い腰テイクダウンは大搗。ブリッジで返して立ち上がる高須だが、なおも大搗は首投げでテイクダウン。袈裟固めからパウンドを連打し、高須にバックに回させずにレフェリーを呼び込んだ。天理大柔道部出身の大搗は強い抑え込みとパウンドで勝利。 [nextpage] ▼第2試合 GRACHANフライ級 5分2R〇児玉勇也(トイカツ道場/とらの子レスリングクラブ)[1R 4分39秒 リアネイキドチョーク]×御代川敏志(パラエストラ柏) 1R、組みから児玉のバックに跳び乗りチョークを狙う御法川。落ち着いて落とした児玉がすぐさまバック奪い、逆襲のリアネイキドチョークでタップを奪った。 [nextpage] ▼第1試合 GRACHANフライ級 5分2R×吉田哲之(パラエストラ町田)[判定0-3]〇小林大介(ALIVE) [nextpage] GRACHAN 51 試合結果 2021年12月19日(日)千葉・幕張ベイパークアリーナ ▼第7試合 GRACHANフェザー級 5分3R〇小島勝志(Style Plus Gym)[1R 4分37秒 TKO] ※右アッパー→ヒザ蹴り×崎山勲(マッハ道場) ▼第6試合 GRACHANライト級 5分2R×藤村健悟(和術慧舟會TLIVE)[判定0-3]〇林 RICE 陽太(パラエストラ森ノ宮) ▼第5試合 GRACHAN無差別級 5分2R〇ヨコヤ・マクレガー(パラエストラ柏)[1R 1分04秒 アームロック]×田馬場貴裕(ねわざワールド品川) ▼第4試合 GRACHANフライ級 5分2R〇宮内拓海(TMC道場)[判定2-1]×水谷健人(AACC) ▼第3試合 GRACHAN60㎏以下契約 5分2R〇長野将大(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)[1R 1分10秒 アームロック]×佐々木歩夢(AACC) ▼第2試合 GRACHANライトヘビー級 5分2R×舘野コング(SCRAPPERZ /TEAM零)[1R 0分35秒 TKO]〇石川廉(BRAVE) ▼第1試合 GRACHANバンタム級5分2R〇松井斗輝(パラエストラ柏)[1R 0分57秒 TKO]×池田貴一(カルペディエム福岡) ▼第02試合 GRACHAN育成枠 ウェルター級△寺石恭平(BRAVE)[判定ドロー]△上田賢人(パラエストラ東大阪) ▼第01試合 GRACHAN育成枠 バンタム級〇ミランダ亜廉(パラエストラ大阪)[2R 0分10秒 反則]×中嶋紳乃介(皇山MMA)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事