ムエタイ
レポート

【BOM】Jが喜多村誠にリベンジ&王座奪取、ONE OFG戦は打ち合いの末ドロー、非情なる元同門対決は高橋幸光がKO勝ちで涙

2021/12/05 15:12
【BOM】Jが喜多村誠にリベンジ&王座奪取、ONE OFG戦は打ち合いの末ドロー、非情なる元同門対決は高橋幸光がKO勝ちで涙

前蹴りを多用したJは顔面前蹴りもクリーンヒットさせた

BOM WAVE07- Get Over The COVID-19<第1部>
2021年12月5日(日)東京・ニューピアホール

▼第8試合 メインイベント BOMミドル級(72.57kg) タイトルマッチ 3分5R
×喜多村誠(ホライズンキックボクシングジム)
判定0-3 ※47-49、48-49×2
〇J(TSK japan)
※Jが新王座に就く。喜多村は初防衛に失敗。

 今大会は2部制で行われ、第1部のメインイベントはBOMミドル級(72.57kg)タイトルマッチ3分5Rで、王者・喜多村がJの挑戦を受ける。


 喜多村は大学の空手部で主将を務めたのち、伊原道場に入門して2005年7月に新日本でプロデビュー。2011年10月に第4代日本ミドル級王者となった。2015年5月にはラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王座にも挑戦している。2018年10月、元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者のT-98をヒジでカットし、TKO勝利。伊原道場から独立して最初の海人戦ではKO負けを喫したが、その後は3連勝。


 JはBOMの常連ファイターで、WMC日本スーパーウェルター級王座、ルンピニージャパン同級王座、WMCインターコンチネンタル・ミドル級王座を獲得。パンチ、ヒジを得意とし、4月には松島勲也を延長戦の末に判定で振り切った。


 両者は7月にBOMミドル級王座決定戦で対戦し、喜多村が判定2-1で勝利して王座に就いている。11月大会で喜多村がクアンをKOするとJがリングに入り、「7月、僕のベルトを懸けた決勝戦、アツい男の拳の語り合いをしたんですよ。だけど俺マジであの時の判定マジで納得いってねえから。俺負けてねえから。リベンジマッチって感じになってるけど、そのベルトは俺のだから。12月5日、リベンジマッチだからとっとと返せ」とラップ口調で再戦をアピール。


 喜多村も「正直、自分もあの判定納得いってないので近いうちに再戦しましょう。こっちの方が強いってことを証明します」と、その場でベルトを懸けての再戦を承諾。今回実現に至った。


 1R、喜多村は右ローを狙い撃ち、Jは前蹴りで突き放しにかかる。


 2R、喜多村は右ローを主軸にパンチにつなげていく。Jもパンチを繰り出し、前蹴りで引き離す。ヒットは少ないが喜多村の手数が増えてきた印象。


 3Rも右ローを蹴る喜多村は右ストレートに繋げる。Jは前蹴り、パンチ、ヒザでボディを攻めて削っていく。パンチの手数も増やし始めたJが左右フック、ヒジも合わせにいった。


 4R、Jは前蹴りを多用して顔面とボディに打ち分ける。さらに左ミドルとヒザでもボディを攻め、喜多村が思い切り右を打ってくると同じく右を返す。疲れが見える喜多村だが、右ローを蹴り続ける。


 5R、両者に疲れが見える中、ハイキックも繰り出す。喜多村は右ストレートを放つが、Jは前蹴りで突き放す。一進一退となったが、最後の30秒でJがヒザ蹴りでラッシュ。テンカオ、組んでのヒザと優勢を印象付け、判定3-0でタイトル奪取&リベンジに成功した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント