MMA
レポート

【Bellator】堀口恭司が逆転負けで王座奪還ならず、セルジオ・ペティスの裏拳で失神KO=Bellator 272

2021/12/04 10:12
【Bellator】堀口恭司が逆転負けで王座奪還ならず、セルジオ・ペティスの裏拳で失神KO=Bellator 272

(C)Bellator

 2021年12月3日(日本時間4日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナにて『Bellator 272』が開催され、メインイベントの「Bellator世界バンタム級タイトルマッチ」で王者のセルジオ・ペティス(米国)に、堀口恭司(日本)が挑戦。序盤の3Rを打撃&テイクダウンで支配した堀口だったが、4Rにペティスの右ハイキックからの左バックフィストを浴びてKO負け。ペティスが初防衛に成功した。

 なお、メインカード第2試合前に、2022年バンタム級ワールドGPの開催が発表。メインの両者を含む8選手の陣容が明らかとなっている。同大会はプレリミナリーからU-NEXTにてライブ配信された

【関連記事】セルジオ・ペティス試合後一問一答の全文

【メインカード】

▼Bellator世界バンタム級選手権試合 5分5R
〇セルジオ・ペティス(米国)王者
[4R 3分24秒 KO] ※左バックフィスト

×堀口恭司(日本)挑戦者
※ペティスが初防衛に成功

 Bellator世界バンタム王者セルジオ・ペティスは、元UFC世界ライト級王者アンソニー・ペティスの実弟。RFAで王者に輝いた後、UFC入りしバンタム級で3勝1敗の戦績を残した後、フライ級へ転向。現UFC世界フライ級王者ブランドン・モレノや、当時王者のDJに挑戦経験があるジョン・モラガ、ジョセフ・ベナビデスに勝利も、二階級王者のヘンリー・セフードに判定負け。バンタム級に戻しながら、オクタゴン最終試合はフライ級でタイソン・ナムに判定勝ちし、Bellatorへ移籍。

 2連勝後の2021年5月に、当時Bellator世界バンタム級王者だったフアン・アーチュレッタに挑戦し、判定勝利で新王者に輝いた。その際にペティスは勝利後のマイクで、RIZIN王者・堀口恭司の名を挙げ、BellatorとRIZINのダブルタイトルマッチをアピールしていた。今回はルーファスポーツに出稽古中の平本蓮がコーナーマンとして帯同している。

 現RIZINバンタム級王者の堀口恭司は、2019年6月に米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催された「Bellator 222」にて、当時の王者ダリオン・コールドウェルに挑戦し、5R判定3-0で王座奪取に成功、日本人初のBellator世界王者となっていた。

 しかし、右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷により、2020年11月28日付で王座を返上。2020年大晦日に朝倉海を1R TKOでRIZINバンタム級王座奪還に成功すると、2021年9月にBellator定期参戦を発表。Bellator王座の奪還も目指していた。朝倉戦以来、約11カ月振りの実戦。元王者として2年半ぶりのBellator復帰の初戦で、いきなり、かつて自身が保持していた王座に挑戦することになる。

 先に堀口が軽やかなステップで『My Time』で入場。“カラテキッド”のコール。コーナーマンにはマイク・ブラウンらがつく。続けて王者ペティスが小走りで花道を進む。コーナーマンには、デューク・ルーファス、平本蓮らがつく。タッチグローブ後、堀口はKIDのように両腕を叩く。

 1R、ともにオーソドックス構え。フェイントをかけながらステップ踏む堀口に、ペティスは中央を取りどっしり構えてベタ足で詰める。左で飛び込む堀口に右を合わせに行くペティス。堀口は右カーフキック。ニータップでテイクダウンは堀口! 蹴り上げをさばき、ペティスの立ち上がり際に左足をかけてスタンドバックに。小外から崩す堀口。離れ際に後ろ蹴りも。

 高いガードで詰めるペティス。左から右の堀口だが、ブロックするペティス。跳びヒザも見せるが、じっくり詰めるペティス。堀口は右の後ろ蹴りをボディに入れる。

 右前蹴りで牽制の堀口は右カーフキック。足を上げチェックするペティス。堀口の右に左右を返す。詰めるペティスに距離を取る堀口。ワンツーの飛び込みの右をかわすペティス。片手をマットについて蹴りを放つ。堀口も後ろ蹴り。手数は堀口だが……。「1Rと同じように戦え」とブラウン。「1Rに1回はテイクダウンを狙え」と語る。

 2R、サウスポー構えの堀口は左の蹴りを着地させ、そのままオーソドックス構えに。堀口は右のカーフキック! バランスを崩すペティス。詰めるペティスに堀口はまたもニータップでテイクダウン! 下から蹴り上げるペティスはオモプラッタも右腕を抜く堀口は、亀になるペティスのバックからヒザ蹴り。堀口は蹴り上げの踵をもらい右目下をカットした。

 背後からパウンドする堀口。片ヒザ立ちのペティスをリストコントロールして崩すと、背後から右手でパウンド連打。正対して離れるペティス。左ローを打つ堀口。左から右で飛び込み。ペティスも右ジャブ。カーフキックも堀口は足を上げてチェックする。

 3R、右目下の出血は止まった堀口。前手でフェイントしてニータップを見せる堀口。またも右カーフキックの堀口。そこにバックフィストを狙うペティスも空振り。さらに左右で後ろ廻し蹴りも堀口はしっかりかわす。堀口のカーフに右を狙うペティス。左右にステップの堀口はみたび後ろ蹴りを腹に。さらに左を伸ばしてニータップで詰めてボディロックテイクダウン! このラウンドもテイクダウンを奪う。

 ハーフから右で脇差しパウンドする堀口。潜ろうとするペティスは左で差すとがぶりに切り替えバックへ! 素早いトランジッションでペティスをコントロール。しかしバックに回る堀口を前方に落としたペティスが立ち上がる。

 右カーフキックでペティスの左前足を流す堀口。なおも右ロー。そこに右ストレートを狙うペティス。ペティスコーナーの平本は「ジャブを出してリズムを壊せ」とアドバイス。

4R、チャンピオンシップラウンド。詰めてきたセルジオ・ペティス。そこにダブルレッグは堀口。切るペティス。堀口は速い踏み込みで左を突くと、またもニータップでテイクダウンを奪う! ここまで全ラウンドでテイクダウンを奪う堀口。ペティスの下からの跳ね上げにもインサイドガードに残る堀口。クローズドガードをしているのはペティスだが、場内はブーイング。ペティスの蹴り上げに上体を離す堀口。

ペティスの左に右のカウンター狙いは堀口。 凄まじいフェイントでペティスを翻弄する。堀口の入りにワンツーを返すペティスだが、そこに堀口はいない。詰めるペティスは堀口の入りに左を狙うも空振り。堀口はダブルレッグも切るペティス。頭が下がったところにギロチンチョークで狙いも、すぐに頭を上げる堀口。左から右で前に出るペティス。飛び込んでの左ボディを当てるペティス! しかしジャブが出ない。 

 左を突いてニータップも深追いしない堀口。そこで詰め返すペティスは堀口の左フックを頭を下げてかわして右で差して押し込み、堀口の右手を押っ付けたまま近距離で右ハイキック、それをダッキングしてかわした堀口に、そのまま回転しての左バックフィスト! 堀口が後方に大の字でダウン! 堀口は失神しており、ペティスは鉄槌を落とそうとするも拳を止めレフェリーが間に入った。堀口は担架でケージ外に運ばれながらもガッツポーズを見せている。

 試合後、再びベルトを巻いた王者は、「4Rまで厳しい戦いだったけどあれが出た。いいタイミングで出たと思う。コーチ、みんなありがとう。(4Rで何を考えた)堀口はすべてをぶつけてきた。彼は世界でベストだからベストを発揮しないといけないと(コーチから)言われた。母に感謝します。マーシャルアーツに僕を導いてくれたみんなありがとう」と語った。

 試合前に、2022年バンタム級ワールドGPの開催が正式に発表されており、8選手のなかには堀口の名前も含まれている。堀口はGPで再び修羅の戦いに挑むことになるか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事