キックボクシング
レポート

【NKB】ローキック合戦は43歳のベテラン内田雅之に凱歌、どん冷え貴哉が笹谷淳に勝利、バンタム級決勝は海老原竜二vs龍太郎に

2021/10/16 22:10
【NKB】ローキック合戦は43歳のベテラン内田雅之に凱歌、どん冷え貴哉が笹谷淳に勝利、バンタム級決勝は海老原竜二vs龍太郎に

1Rからの徹底した奥足への左ローで勝機をつかんだ内田(左)

NKB日本キックボクシング連盟「必勝シリーズvol.6」
2021年10月16日(土)東京・後楽園ホール

▼第10試合 62.0kg契約 3分5R
○内田雅之(KickBox/ジャパンキックボクシング協会ライト級2位、元新日本キックボクシング協会フェザー級王者)
判定3-0 ※50-47、50-46、50-45
×野村怜央(TEAM-KOK/NKBライト級3位)


 メインイベントは、元新日本キックボクシング協会フェザー級王者・内田をNKBライト級3位・野村が迎え撃つ一戦。


 内田は2004年10月にデビューした43歳のベテラン選手で、2011年12月に新日本キックボクシング協会日本フェザー級王座を獲得。2019年7月には二階級制覇を狙って日本ライト級王座決定戦に臨んだが、高橋亨汰に敗れた。前戦は5月のジャパンキックで1Rと2Rに右ストレートでダウンを奪い、3Rにはバックスピンエルボーを決めて興之介に壮絶なTKO勝ちを収めた。戦績は32勝(8KO)13敗9分。


 野村は2019年4月に大月晴明と対戦し、判定で敗れているもロー&ミドルキックで大月の強打に対抗。右フックでグラつかせる場面も作った。2020年8月にはINNOVATIONのリングに乗り込み、INNOVATIONスーパーフェザー級1位・櫻井健を2R1分54秒、TKOに破っている。6月大会でちさとKissMe!に判定勝ちし、8月にはNKBライト級王座挑戦者決定戦を行う予定だったが、体調不良により欠場。今回が再起戦となる。戦績は8勝(5KO)8敗2分。


 1R、序盤から右ハイ、右ストレートで積極的に攻めていったのは野村。内田はプッシュしての左ロー、そして右スイングフックで応戦する。残り15秒で内田が右ストレートを強打。パンチをまとめて優勢を印象づける上手さを見せた。


 2R、内田は強い右ローを蹴り、奥足への左ローもタイミングよく何度も蹴っていく。野村がローを蹴り返してくると右ストレートを合わせ、さらにパンチをまとめる。野村は後半になると右ローを当て始めた。


 3R。右ローの数を増やす野村だが、内田もしぶとく左奥足ローを蹴ってくる。前に出る野村に下がる内田。それでも野村も目立った攻撃がなく、このラウンドは両者手数が少なかった。


 4R、内田は左右ロー、野村は右ローを蹴り続ける。ローキック合戦の様相を呈する中、野村の右ローで内田が下がり、棒立ちになって蹴られる場面も。これで野村が有利かと思われたが、残り30秒で内田の左ローで今度は野村の足が大きく流れ、両者ともローが効いた状態に。


 5R、右オーバーハンドから左ローを蹴る内田。野村は前に出るも手が出ず、内田にローを蹴られる。内田は右ハイを蹴ると今度はヒザ蹴りをボディへ連打。野村はロープを背負い、レフェリーがスタンディングダウンを宣告。ここからはボディを攻める内田に野村は必死に耐える。


 判定は3-0で内田の勝利。またもベテラン健在ぶりを見せつけた内田はマイクを持つと「倒せなかったんですが、まだまだ自分が強くなる自信があります」と、43歳でもさらに成長していくと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント