ONEONE
MMA
インタビュー

【RIZIN】浅倉カンナ、24歳の決意「次、挑戦できるなら絶対にベルトを獲ってやる」。そのために女王・浜崎に「“怖いな”と思わせるような試合を」

2021/10/12 20:10
【RIZIN】浅倉カンナ、24歳の決意「次、挑戦できるなら絶対にベルトを獲ってやる」。そのために女王・浜崎に「“怖いな”と思わせるような試合を」

24歳のバースデーケーキを手に「今は減量で食べれないので、試合が終わったら何か自分にご褒美を」と笑顔で語った浅倉カンナ(C)RIZIN FF

 2021年10月24日(日)神奈川・ぴあアリーナMM『Yogibo presents RIZIN.31』にて、DEEPミクロ級(-44kg)&DEEP JEWELSアトム級(-47.6kg)二冠王・大島沙緒里(AACC)と、女子スーパーアトム級(-49kg)5分3Rで対戦する浅倉カンナ(パラエストラ松戸)が12日、同じ千葉ネットワークのパラエストラ柏で公開練習を行った。

 浅倉は2分間のボクシングのミット打ちを披露。サウスポー構えからシャープな左ストレートで快音を響かせた。

 1997年10月12日生まれ。この日、24歳になった浅倉は、「自分の誕生日を忘れていて(笑)、昨日くらいになって気が付きました。公開練習の日が自分の誕生日になったのはなんかヤラシイなと思って」と、苦笑しながらも、RIZINスタッフからのバースデーケーキに喜び、「今日は減量で食べれないので、試合が終わったら何か自分にご褒美を買おうかなと思います。大人の女性になりたいので、しっかり今回いい勝ち方をして、24歳の良いスタートを切れればいいなと思っています」と抱負を語った。

試合がしたくてしょうがなかった

「良いスタート」というのは、敗戦からの仕切り直しの意味もある。

 レスリングベースの浅倉は、2019年8月からアリーシャ・ザペテラ(現Invicta FCアトム級王者)、ジェイミー・ヒンショー、古瀬美月、あい相手に4連勝をマーク。しかし、2021年3月に「RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ」で王者・浜崎朱加と約2年3カ月ぶりに再戦し、スプリット判定負け。今回が7カ月ぶりの再起戦となる。

 もっとも試合をこなせる20代前半に、コロナの影響もあり、対戦相手が決まらず試合が組まれなかったことについて、浅倉は「試合がしたくてしょうがなかったので、今回の試合が凄く楽しみです。でも(試合が)あるかな? と思ってずっと練習はしていたので、それ(の期間に積み上げてきたもの)が今回の試合に活きるかなと思います」と、前向きに語る。

「今回も凄くワクワクしていて、前回浜崎さんに負けてしまってずっと悔しいままだったので“早く試合が来ないかな”って思っていました。前回の試合でベルトを取れなかった。そこからのスタートだと思っているので、良いスタートダッシュを切ること、をテーマに練習してきました」

 二階級王者・大島との試合に向け、得意の組み技のみならず、試合毎に進化を見せている立ち技も磨いてきた。ミット打ちで見せたボクシングについて、「パンチはずっと課題としてやっていて、YouTubeのコラボ企画でもたくさんの人に打撃を教えてもらって凄い勉強になるし、自分の中でもやっぱり(手応えは)あります。前までは打撃が怖いなと思った時があったんですけど、今は楽しいなって思うときもあるので、感覚は凄い上がっているなと。今回は打撃も自信を持って使ってみようかなと思います」と、スタンドでの自信とともに、試合でも積極的に使っていきたいとした。

 また、継続的にフィジカルを強化しており、「前回(浜崎戦前)からフィジカル練習も週2回に増やし、何年か先のことを考えて強化している部分もあります。今回フィジカルで勝つというよりも、“1年後・2年後の自分の為に”フィジカルトレーニングをやっていることが大きい」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事