ONEONE
キックボクシング
レポート

【イノベーション】児嶋真人が引退試合で最後まで攻め続けるも吉田凛太朗に敗れる

2021/10/12 13:10
Japan Kickboxing Innovation & DANGER GYM「AROUSAL-6」2021年10月10日(日)茨城・Waiwaiドームしもつま ▼第12試合 Masahito Kojima final ライト級(61.23kg) 3分5R×児嶋真人(DANGER GYM/INNOVATIONスーパーフェザー級6位)判定0-3 ※49-50、47-49、47-50〇吉田凛太朗(VERTEX/NJKF/NJKFライト級1位)  DANGER GYMのエース、児嶋の引退試合が所属ジム主催興行で行われ、児嶋はNJKFライト級トップランカーの吉田と対戦した。試合前には、昨年11月、同興行のInnovationスーパーフェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント準決勝で対戦した櫻井健がリングインし、児嶋に花束を手渡し、激励した。  1R、サウスポーの児嶋は独特のステップから左ミドル、左フック。吉田は組み付いてヒザ、こかしも多用し相手のリズムを崩す。2R、児嶋はバックブロー、バックスピンと大技を狙うも、吉田は右ミドル、徐々に右ストレートのクリーンヒットが目立つように。  3R、児嶋のパンチを空振りさせて、吉田は組んでのこかしを何度も決めてスタミナを削っていく。4R、疲れを見せ始めた児嶋だが、吉田の右ストレートを被弾し、こかされながらも前に出続ける。  5R、手数を出し続ける児嶋は打ち合いに持ち込みたいものの、吉田はパンチをいなして組み付くなど主導権を握らせない。最後まで攻め続けた児嶋だったが、時間切れ。  判定で敗れた児嶋には会場から拍手が送られた。引退セレモニーでは10カウントゴングが鳴らされ、最後にマイクを握った児嶋は「キックボクサーの引退試合はやはり実績がないとできないので、正直、僕の実績ではできるものではありません。そんな中、凄く幸せな時間を作っていただいた井手本(高司)会長、大会運営の皆様、最後に練習に付き合ってくれたTEAM KOKの大嶋(剛)会長、本当にありがとうございました。負けてしまいましたが、温かい拍手を送っていただき励みになります。ありがとうございました」とメッセージした。 [nextpage] ▼第11試合 スーパーバンタム級(55.34kg) 3分3R×清水克彦(DANGER GYM/INNOVATION)判定0-3 ※28-30×3〇加藤和也(ドージョー☆シャカリキ)  2年ぶりの復帰戦となる清水と、昨年11月の前回大会で聖域東北バンタム級王者・佐藤篤弥を破っている加藤がセミファイナルで激突した。  1R、パンチを振り回す加藤は、偶発性のバッティングを受けてヒートアップ。倒れた清水に攻撃してしまいイエローカード(注意)を受ける。2Rもラフファイトを仕掛ける加藤は右フックを当てて清水からダウンを奪う。3Rもパンチで詰める加藤に、清水は組んでのヒザで対抗。度重なるバッティングでイラ立ちを見せる加藤は最後まで倒しに姿勢を見せ、判定勝ちした。 [nextpage] ▼第10試合 57.5kg契約 3分3R△TAKAYUKI(REV/元NJKFスーパーバンタム級王者)ドロー 判定1-1 ※30-29、29-30、29-29△都築憲一郎(エムトーンジム) ▼第9試合 ライト級(61.23kg) 3分3R〇TAKUYA(K-CRONY/NJKF)判定3-0 ※30-28、29-38、30-29×KEIGO(フリー) ▼第8試合 54kg契約 3分3R×齊藤龍之介(ドージョー☆シャカリキ)判定0-3 ※28-30、27-29、27-30〇神助(エムトーンジム) ▼第7試合 聖域地区王座決定戦 ライト級(61.23kg) 3分3R×ソムプラユン・ヒロキ(DANGER GYM/INNOVATION)判定0-3 ※29-30、28-30×2〇中島 崇(PCK亘理Lantredelion)※中島が聖域東北ライト級王座に就く。 ▼第6試合 ライト級(61.23kg) 3分3R×哲太(Team S.A.C)TKO 3R 1分48秒〇手塚拓也(VERTEX/NJKF) ▼第5試合 ミドル級(72.57kg) 3分3R×鈴木清照(ドージョー☆シャカリキ)判定0-2 ※28-29、28-28、27-28〇スーパーアンジ(旭ジム) ▼第4試合 ミネルヴァ公式戦 51kg契約 2分3R×エミ NFC(ナゴヤファイトクラブ/INNOVATION/ミネルヴァライトフライ級7位)TKO 2R 1分00秒 ※レフェリーストップ〇佐藤“魔王”応紀(PCK連闘会/ミネルヴァスーパーフライ級3位) ▼第3試合 ミネルヴァ公式戦 46kg契約 2分3R×Azu(DANGER GYM/INNOVATION)※デビュー戦判定0-3 ※28-29、29-30×2〇ねこ太(トイカツ道場) ▼第2試合 ライト級(61.23kg) 3分3R×高須 樹(DANGER GYM/INNOVATION)判定0-3 ※28-30×3〇コウキ・バーテックスジム(VERTEX/NJKF) ▼第1試合 59kg契約 3分3R〇龍旺(BomboFreely/NJKF)判定3-0 ※30-27×3×木村郁翔(BIG MOOSE/NKB)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事