K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】全試合KOの完全制覇で2階級制覇した野杁正明「これから先も怪物らしくバタバタ倒していく」

2021/09/21 14:09
 2021年9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』の一夜明け会見が、21日(火)都内にて行われた。 「K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」で3試合全てKO勝ち、完全制覇でスーパー・ライト級に続き2階級制覇を成し遂げた野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が前夜の試合を振り返った。 「有言実行できたいい一日だったなと思いました」と野杁。 「1回戦と準決勝は事前から言っていた実力差を見せつける内容にする、それが実行できた合格点をあげられる内容でした。決勝も1RでKOしたかったんですが、無理して攻めるとリスクもあるし、それはセコンド陣と直前に対策を練って『3Rかけて倒せばいいよ』ってセコンドとのやり取りもできたので作戦通りにできたのでよかったと思います」  その「実力差を見せる」といった一連の発言が逆にプレッシャーになることはなかったのかと聞かれると「優勝して当たり前と言われてプレッシャーに感じることもありましたが、それもプレッシャーにならないというか。実力を出せれば必ずできることだと思っていたので、そんな感じてもいなかったですね」と、自分の実力にそれだけ自信があったとする。  今後については「圧倒的な強さを見せつけないといけないと思いますし、これで世界一かと言ったらこの階級には海外の強豪がたくさんいるので、ピケオー(Krushスーパー・ウェルター級王者)もアンサーしてくれていますし、このベルトを狙っている海外の選手がいるので、海外の選手を呼んで世界トーナメントをこのベルトを懸けてやりたいと思っています。昨日もそうでしたが無理して8人にする必要ないと思っていて、1日3試合は疲れるのもありますし(笑)。4人で2階級のトーナメントもできますし、2階級のトーナメントが見られるのは贅沢ですし、今のK-1にない新しい可能性を見出していきたい」と、K-1のスタンダードある8人トーナメントではなく4人トーナメントを提唱した。  手元にベルトがあることには「素直に嬉しい気持ちもありますが、特に変わりないというか…。僕自身は特別な気落ちはないですね。周りの人たちや家族は喜んでくれました。娘はキラキラしたベルトが見たいと言っていたので喜んでくれました」と、自分自身は特別な感情はないという。  日本人3選手を相手にKOという形で実力差を見せたが、トーナメント前の4試合は外国人選手を相手にいずれも判定勝ち。野杁はウェルター級では倒せないのではないかとの声も上がっていたが、「倒せないって言われたのが悔しかったのでフィジカルを鍛えたんです。それが今回のいい結果につながったので、今は外国人選手とやってもKOできる自信があります。さらに強くなった自分を見せたいですね。日本人選手とやって倒せるところは見せられたので、次は外国人選手を倒せる姿を見せないといけない」と、課題を克服した姿を見せたいとした。  試合後には、今月頭に足が筋断裂して歩けないほどになっていたことを告白。その影響については「1回戦と準決勝は1Rで終わったので影響はなかったんですが、決勝の2Rに若干違和感があって、踏ん張れなかったです。踏み込みがいつも通りじゃないのはあったんですが、筋断裂した直後と比べると痛くなかったので影響はなかったですね」と、試合に影響することは幸いにもなかった。  小学2年生から空手を始め、プロになってからは11年。飽きたり、格闘技が嫌になったりしたことはなかったかと聞かれると「昔はありましたね。プロになる前、中学の頃は。友だちみんな遊んでいますし、周りでは恋人が出来て遊びに行っていて。その時に自分は練習に行っていて。練習をして試合に出て負けた時は辞めたいと思ったこともありました。でも今は全然ないですね。格闘技が僕の生活の一部なので、格闘技がなかったら今の僕はないと思いますし、怪我をして練習ができなかった時はそわそわしていました。練習が僕の生活の一部なので。格闘技は生きていくうえで大切な存在ですね」と語った。  そして最後に「これから先も怪物らしくバタバタ倒していくので、これからも期待してください」とファンにメッセージを送った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント