MMA
インタビュー

【修斗】川名TENCHO雄生の王座に挑戦する18歳・西川大和「試合で誰かが助けてくれるわけじゃない。自分自身のメンタルや体調、テクニック、心を信用して戦う」

2021/09/20 15:09
【修斗】川名TENCHO雄生の王座に挑戦する18歳・西川大和「試合で誰かが助けてくれるわけじゃない。自分自身のメンタルや体調、テクニック、心を信用して戦う」

(C)SUATAIN/Susumu Nagao

 2021年9月20日(月・祝)、東京・後楽園ホールにて、プロ修斗公式戦『PROFESSIONAL SHOOTO2021Vol.6 in Supported by ONE Championship』が開催される。

 メインは、世界ライト級チャンピオンシップ(5分5R)として、王者・川名TENCHO雄生(Y&K MMA ACADEMY)に、同級1位の西川大和(西川道場)と挑戦する。

 王者・川名は、2020年7月のキャプテン☆アフリカ戦での1R KO勝ちで同級王座戴冠以来の修斗参戦。修斗世界王者として、2020年9月にRIZINに初参戦し、DEEP王者の武田光司にスプリット判定負け後、2021年6月のRIZIN2戦目でも矢地祐介に判定負けと2連敗を喫しており、修斗ケージに戻っての初防衛戦でどんな試合を見せるか。

 対する西川は、立ち技でも活躍する“18歳の二刀流”。MMAでは、2020年5月の修斗初参戦から未だ負け知らずの5連勝中で、前戦では元環太平洋ライト級王者“剛腕”大尊伸光に三角絞めで一本勝ちしている。

 また1月に西川は、マックス・ザ・ボディに2R バックマウントからのパウンドラッシュでTKO勝ちを収めており、その後のマックスが環太平洋ライト級王者のキャプテン☆アフリカを下したことを考えても、挑戦者としての評価の高さがうかがえる。

 30歳の川名は北米PFL、RIZINでも王者クラスとの対戦を重ねており、経験に裏打ちされた試合運びとケージレスリングでの強さに定評がある。一方、18歳の西川は、大尊戦でまさかの引き込みからの三角絞めを極めてみせたが、トップに強い川名相手に、今回はどんな戦い方を見せるか。本誌インタビューと修斗オフィシャルからのコメントを合わせて、下記に紹介する。

いかにダメージを貰わず、フィニッシュできるかを常に考えて動いている

──「野生児」と称される事が多い西川選手です。

「多いですね(笑)。確かに幼少期の頃は裸足で生活してたり、山の中でトレーニングしたりとかいう事がありました。ただ猿に育てられたりとかいうような事はないですし、今はちゃんと靴も履いてますし、皆さんと同じような生活をしています」

──西川選手の幼少期って、それこそ10年ほど前の話って事ですよね。我々からしたらつい最近の話です。

「10数年前、小学校に入る前辺りは、父と山や川によく行ってました。その頃にいろんなメディアに取り上げられたイメージのまま止まってるんでしょうね」

──学校の登下校も裸足だったと聞くと、やっぱり凄いなと思ってしまいます。

「そういう事もしてた事はありますが、ちゃんと靴も履いてましたよ(笑)」

──試合会場でも裸足の所を幾度か拝見しました。

「それは戦う前から足裏の感覚を慣れさせておくという意味でそうしていました。普段は靴を履いて生活していますので感覚を戻す意味で、そうしていたんです」

──そういった教えはお父様の影響だったんですよね。

「そうです。格闘技の技術的な部分というより、身体の感覚の大切さや勘の部分を自然の中から学べというものでした。裸足もその一つです。実際自分でもその感覚は大事にしています」

──“山で生活”や“裸足”という部分だけが切り取られて「野生児」というイメージが一人歩きしてしまった。

「感覚を研ぎ澄ますという意味の一つでしかありませんでした。父からの教えでとにかく一番言われたのは「頭を使え」という事でした。頭を使って賢くなれと言われてきました」

──自然というフィールドを使ったのは、あくまで身体能力を伸ばすためだったと。

「はい。野生的でダイナミックなイメージを持たれがちですが、冷静に相手の動き、心を読みながら戦っています。心は熱く、思考は冷静に。あくまでクレバーに戦う。特に修斗に上がるようになってからはスタイルも全て変えました。いかにダメージを貰わず、フィニッシュできるかを常に考えて動いています」

──参戦する前は打撃のイメージが強かったですもんね。

「タックルさえもできなかった状態でした。今持っている自分の武器でいかに戦うか。弱い部分はどう補うか。得意なポジションへどう相手を動かすかを常に考えて戦っていました。これから先、いかに長く戦っていけるかを考えてスタイルチェンジをしている状態です」

──修斗に参戦して5連勝。4連続フィニッシュという結果も合わせて説得力があります。

「熱い気持ちだけではケガも増えるし、ダメージも蓄積してしまう。考えて戦っている結果だと思います」

──結果にご自分で描いた内容もついてきている感じでしょうか?

「自分に課していた課題はクリアしてきました」

──ピンチらしいピンチも未だ見たことがありません。

「自分は追い込む様なトレーニングはほとんどやりません。疲れるトレーニングはやらないようにしています。その時間があったら技術の反復とイメージトレーニングに時間を割くようにしています」

──今まで持っていた西川選手のイメージとかけ離れていくような感じです。

「もちろん楽をしている訳ではありません。いろんな所にトレーニングに行かせていただいてます。ですが専門的なMMAのトレーニングは週に一回程度。今あるこの状況を活かして、どうやって勝つかを常に考えて行動するようにしています。それが結果に繋がっているのではないでしょうか。あとは読書も影響していると思います」

──もう野生的なイメージは捨てます(笑)。どんな本を読まれるんですか?

「歴史、経済……あまりジャンルに拘ることなくいろんな本を読むようにしています。大企業の創業者の方々が若い頃何をやっていたとか、その思考至るまでのお話だとか。本から学ぶ事は多いですし、いろんな事に役立てています」

──お気に入りの作品は?

「そこは「五輪書」ですね。それと本田宗一郎さんの著書が面白かったです」

──もうクレバーファイターですね。野生児だなんて失礼しました。

「でも今でもよく言われますよ、『字読める?』って(笑)」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事