MMA
インタビュー

【UFC】“ガヌーよりもパワフル”デリック・ルイス「ブルース・バッファーに『チャンピオン』とコールされたら最高」「ベルトは質に入れる(笑)」=8.7「UFC265」

2021/08/06 09:08
【UFC】“ガヌーよりもパワフル”デリック・ルイス「ブルース・バッファーに『チャンピオン』とコールされたら最高」「ベルトは質に入れる(笑)」=8.7「UFC265」

(C)Zuffa LLC

 2021年8月7日(日本時間8日)、米国テキサス州ヒューストンのトヨタセンターにて「UFC265」が開催される。メインイベントでは、ヘビー級2位のデリック・ルイス(米国)と、3位のシリル・ガーヌ(フランス)が同級暫定王座(5分5R)を争う。

 今大会に準備が間に合わなかったという正規王者のフランシス・ガヌー(カメルーン)に2018年7月、互いに慎重な展開ながらも判定で勝利しているルイスは、今回のシリル・ガーヌとの試合に向け、「フランシス戦のような退屈な試合は二度としたくない。シリルが派手なスタイルに変えて、フィニッシュを狙ってくれることを期待しているよ」と、牽制した。

 MMA25勝7敗のルイスは、2021年2月の前戦でカーティス・ブレイズに2R KO勝ちし4連勝中(ブラゴイ・イワノフ、イリル・ラティフィ、アレクセイ・オレイニク、ブレイズに勝利)。今回は2年9カ月ぶりのタイトルマッチで、2018年11月の「UFC 230」で当時ヘビー級王者だったダニエル・コーミエーに挑戦し、2Rリアネイキドチョークで一本負け。戴冠はならなかった。

 しかし、ルイスと拳を交えたダニエル・コーミエーは、「ヘビー級で最もパワフルなのは、フランシス・ガヌーではなくデリック・ルイスだ」と、そのパワーを評価。「ガヌーがデリック・ルイスを相手に膠着したのは、自分にそのパワーが跳ね返ってきてしまうから」と“ザ・プレデター”をもってしても、ルイス相手には、思うように試合が出来ないことを指摘している。

 そんなルイスが、試合前のメディアインタビューに応じた。

 地元での暫定王座戦に向け、「俺がMMAを始めたとき、いつかこのヒューストンでタイトルを防衛して、ブルース・バッファーに『チャンピオン』とコールしてもらうことができたら最高だって思っていた。俺はいつでも感情をストレートに出して戦う。ファンの声援が俺の助けになると信じている」と、戴冠への意欲を示した。

 試合中に起こしかけたスタミナ切れを“エサ”にして、隙を見せた相手を逆に食ってしまうような動きも見せるルイスだが、今回はカーディオを強化。週6日のトレーニングに加え、練習後に自主的に自転車を漕ぐ姿もコーチ陣から明かされている。

 ルイスは「俺と一緒にオクタゴンに入ると、優位に立っていると思っていても、目と目を合わせれば全く違うものになる。今の俺は変わった。怒りを溜め込んで、絶妙なタイミングで吐き出すんだ」と、進化を語る。

 試合後に「股間が暑いから」とショーツを脱いで勝利者インタビューを受けようとしたり、ベルトや妻についてユーモアたっぷりに話す“ビースト”だが、36歳でのキャリアのピークに向け、大一番に集中している。

「家族、妻、子供たち……彼らからすべてを奪うような愚かなことはできない。俺がどのような男であるか、そして彼らが親になったときにどのようになっていてほしいかを示すために、俺は信頼できるやり方を見せなけれなならない。俺の格闘技キャリアは祝福されたものであり、そのことを神に感謝しているよ」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント