MMA
インタビュー

【UFC】元同門ガヌーとの王座統一戦は実現なるか? デリック・ルイスと暫定王座を争うシリル・ガーヌ「“ボン・ギャマン”スタイルで行く」=8.7「UFC265」

2021/08/05 14:08
 2021年8月7日(日本時間8日)、米国テキサス州ヒューストンのトヨタセンターにて「UFC265」が開催される。  メインイベントでは、ヘビー級2位のデリック・ルイス(米国)と、3位のシリル・ガーヌ(フランス)が暫定王座を争う。  今大会に準備が間に合わなかったという正規王者のフランシス・ガヌー(カメルーン)とは、ガヌーのフランス時代に同じコーチのもとで練習を行った。もし、ガーヌが今回のルイスとの戦いで勝利し、暫定王座を獲得すれば、地元フランスで、元同門同士の「王座統一戦」の可能性も出てくる。  2020年まで15年間プロとしてのMMAが禁止されていたフランスで、MMAファイターとして成長した2人が交わるときは来るのか?  シリル・ガーヌは、フランス西部のラ・ロッシュ=シュル=ヨンで、グアドループ(カリブ海の西インド諸島)をルーツに持つ家庭に生まれた。  10代の頃はサッカーとバスケットボールで活躍。その後、高級家具の販売員として働くためにパリへ移住し、友人の紹介でムエタイを始めた。  2016年6月にプロムエタイデビュー。AFMTの91kg級王座を獲得すると、K-1参戦経験を持つブリース・ギドンに3RTKO勝ち(※ギドンは、2009年8月「K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO」でリコ・ヴァーホーベンに判定勝ちしている強豪)、WBCムエタイ世界スーパーヘビー級王者のヤシネ・ブガネムにも判定勝ちを収めるなど、プロ13戦全勝(9KO)の戦績を残している。  2018年8月にカナダ・モントリオールのTKOでプロMMAデビュー。フランス系カナダ人の多い同地で、ボビー・サリバンを相手にノーアームギロチンチョークで1R 一本勝ち。いきなりTKOヘビー級王座獲得に成功した。その後、2度防衛しUFCと契約。  2019年8月、UFC初参戦でハファエル・ペソアを肩固めに極めると、ドンテイル・メイエスにもヒールフックで一本勝ち。続けてタナー・ボーザーを判定で退けると、2020年12月に当時ヘビー級ランキング7位のジュニオール・ドス・サントスも右ヒジで2R TKO。  2021年2月には、4位のジャルジーニョ・ホーゼンストライクとメインの5Rで戦い、リーチを活かしたジャブと多彩な蹴りで完封。6月には5位のアレキサンダー・ヴォルコフをスタンドの攻防で終始圧倒して判定勝ちを収めるなど、UFC参戦後も6連勝と、MMA連勝・無敗記録を「9」に伸ばしている。  ニックネームは“Bon Gamin(ボン・ギャマン)”。その意味と大一番に向けた心境を聞いた。 僕はデリックに触れるけど、彼には決して触れさせない ──トヨタセンターでのメインイベントに向け、体調はいかがですか。 「最高だよ。少しだけ時差ぼけがあるけど、それはいつものことで、僕のミッションは、夜寝る時間になる前に寝ないこと。太陽に従うこと。これが個人的なルールさ」 ──あなたはいつも「これが仕事だ」と言っていますが、UFCヘビー級の暫定王座を得ることは、あなたにとってどんな意味がありますか。 「そうだね……、暫定王座戦は大きなことだけど、最終的なものではない。ただ僕は、自分の試合と勝利、そしてどうすれば勝てるかということに本当に集中しているよ」 ──ホーゼンストライク戦、ヴォルコフ戦と、立て続けに5Rを経験した感想を聞かせてください。 「初めての経験だったけど、ほんとうに快適だったよ。以前から、5Rであればもっと快適に過ごせるだろうと思っていたからね」 ──ヘビー級の体躯で、5Rをこなすためのカーディオやパワーをどのように維持しているのでしょうか。 「僕はアスリートになるために生まれてきたのだと思う。まず、僕は良い遺伝を持っている。ちょっと不思議な話だけど、どの競技でも自信があったんだ。10代の頃はサッカーやバスケットボールで活躍した。さまざまなスポーツを練習してきたことで、あらゆる部分で身体能力が向上したんだ。  コンディションだけでなく、ファイトIQ──つまり試合中にいかにエネルギーをコントロールできるかが重要だと思っている。これはとても重要なことなんだ。コンディションが良くても、1R目ですべてを使ってしまう選手もいるからね。その管理が僕の“秘密”さ(笑)。もちろん、コンディショニング・コーチであるライアン・ジレットが新しいメソッドを持っていて、いかにして身体を守るか、マインドセットや神経系、試合中に起こるすべてのことを対象にコンディショニングを行ってくれている」 ──対戦相手のデリック・ルイス選手は、KOに特化したストライカーですが、テイクダウンの防御力もあることを示しています。対戦相手としての彼をどうとらえていますか。 「この選手は本当にタフで、グラウンドで押さえ込むのは簡単じゃない。でも可能ではある。最初のうちはそれは僕のゲームプランじゃないね。もし試合がグラウンドになったら、もちろん仕留めようと思う。でも、一番危険なのは彼のレスリングのディフェンスじゃないから。  ホーゼンストライクとの試合と少し似ている。(ルイスは)大きなKOパワーを持っていて、そういう相手に触られるとダウンしてしまう。ディフェンスの技術的なトレーニングを行ってきたけど、ホーゼンストライク戦でもやったことをすべてうまくやって、動いて距離をコントロールするつもりさ。これは魔法じゃないからね」 ──本当の意味での死闘になるでしょうか。それとも我慢強い自分のままで、得意なムエタイのスナイパーになるつもりでしょうか。 「その通り、いい画が描けている。僕は彼に触れるつもりだけど、彼には決して触れさせない。それが僕の目標さ。もしかしたらラウンドを重ねるごとに、最後にはフィニッシュを決められるかもしれないね」 ──KO決着のプレッシャーはありませんか。 「このスポーツを始めてまだ3年だけど、僕にとってはそれが普通だ。数年前に始めたばかりだからなのか、プレッシャーは無いし、ファンのためにショーをしたいと思っている。  でも、僕のスタイルは僕のスタイルさ。例えば、(フロイド)メイウェザーのような選手は、KOを取るようなタイプじゃなく、テクニシャンのファイターだ。人々が(KOを)求めているのは分かるけど、僕はプロ9戦中、サブミッションが3回、TKOが3回、判定が3回ある。つまり、僕にはすべてが可能なんだ」 [nextpage] アジアが大好きだ。日本にも良い戦いの文化があるから行ってみたい。東京五輪で得たことは── ──ところで同時期に開催されているオリンピックは見ていますか。 「移動や準備があったから見ていないけど、ニュースやインスタグラムでは見ているよ。僕の友人であり、スパーリングパートナーでもあるムラ・アリエブが東京オリンピックでボクシングで出場しているからね。残念ながら彼は試合に負けてしまったんだけど(※スーパーヘビー級準々決勝で英国のフレーザー・クラークと対戦し「意図的なバッティング」で失格に。アリエブは試合後、リングエプロンに座って抗議した)、あれは本当にクレイジーだよね。彼は失格になったけど、ただ事じゃなかった。レフェリーはバッティングだと言ったけど、僕にはそう見えなかった。悪いレフェリングだった。これが今回のオリンピックで得た最大の収穫さ。良くない方のね(苦笑)」 ──アマチュアムエタイの国際連盟であるIFMAがIOCの承認団体として認められ、正式種目化はまだですが、ムエタイはオリンピックへの進出が承認されました。そのことについてどう感じていますか。 「僕はムエタイ出身だから、それは本当に良いニュースだよ。僕がムエタイを始めた頃は、たぶん5カ月後くらいでコーチにリングに上げてもらって、試合に挑戦するたびに上手くなっていった。今後、ムエタイが僕の国のファイターたちにとって、より多くの人の目に触れ、機会を得ることができ、もしかしたら2024年のパリ五輪で、僕の国でスターになるチャンスがあるかもしれないし、それによってより多くのお金を得ることができるかもしれない。僕は、MMAがこれに追随し、MMAがオリンピック競技として承認されることを願っているよ」 ──コロナウイルスが一段落すれば、旅行が始まり、UFCのイベントがアジアに戻ってきます。あなたはすでにUFCシンガポールとUFC釜山で試合をしていますが、他に戦ってみたい国はありますか。 「もちろん、アジアは大好きだよ。3~4カ月月の間、車で旅行に行ったことがあるんだ。たくさんの国を訪れたよ。タイはもちろんのこと、ラオス、カンボジア、インドネシア……。特にタイは大好きだから、そこで戦いたいと思っているんだ。中国には行ったことがないので、ぜひ行ってみたいね。そして、日本にも良い戦いの文化があるから行ってみたいよ」 ──今回の試合に勝てば、次はUFCヘビー級チャンピオンのフランシス・ガヌー選手との王座統一戦が待っています。そのことについてはどう考えていますか。 「特に何も言うことはない。僕にとって、これはスポーツであり、彼はただの対戦相手だ。土曜日に勝てば、いい気持ちでタイトル戦に臨めると思う」 ──フェルナンド・ロペス(※元カメルーンのMMAファイターで修斗ベルギー大会にも出場。かつてフランシス・ガヌーも指導)コーチにも質問を。シリルがフランシスと対戦する可能性について、どのように考えていますか。 フェルナンド もし、シリルがこの試合に勝てば、王座統一戦が行われるでしょう。ビッグマッチになるので、彼はフレッシュで集中しなければなりません。フランスの人々にとって、とても良いことだと思います。何があっても、この2人は同じジム、MMAファクトリーで同じコーチのもとに生まれたのですから。フランスはMMAが禁止されていた小さな国ですが、チャンピオンと暫定チャンピオンという、2人のヘビー級選手を育てました。それはアメージングなことです。ただ、私たちが目指すのは、尊敬と誇りだけで、他には何もありません。 ──シリル選手は、まだMMAファクトリーにいたときのフランシス選手とトレーニングが重なっていた時期はあったのでしょうか。 「あまりないんだ。たしかに僕たちは同じジムで生まれた。僕がMMAを始めたばかりの頃、彼に会ったのは2回だけだった。だから親しくはないんだ。僕たちは同じコーチを持っているから、もし実現すれば、これは僕のコーチにとってはとても誇らしいことだ。多くの人がこの試合を待ち望んでいると思う。もしかしたら、この試合がパリで行われ、大きな成功を収めるかもしれない。  でも、それまでは今回の試合に集中している。どうやって(ルイスを)倒すか? いい質問だね。正確には分からないけど、“ボン・ギャマン”(ガーヌのニックネームで英語で「良い子」を意味する)スタイルで行くだけだ。僕の取り柄はグッドガイであること。“良い子である”ということは集団のなかでのことを指すのではなく、マインドセットのことなんだ。いつまでの子供のようにフレッシュなマインドを持ち続けること。やりたいことを、奢らずにやる。いろいろなことに対して、いいモチベーションで取り組む。それがボン・ギャマン、なんだ」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事