MMA
インタビュー

【修斗】“冷たい格闘サイボーグ”工藤諒司、いよいよ感情大爆発か「声には出さない修斗愛が僕にはある。その気持ちは彼より強い」=7月25日(日)後楽園でSASUKEと世界王座決定戦

2021/07/22 12:07
 2021年7月25日(日)後楽園ホールで開催されるプロ修斗公式戦のメインイベント(第8試合)にて、「世界フェザー級チャンピオン決定戦」(5分5R)として、“未完の大器”工藤諒司(同級7位/TRIBE TOKYO MMA)が、環太平洋王者のSASUKE(同級1位・マスタージャパン東京)と対戦する。  前王者で現RIZINフェザー級王者・斎藤裕が、2021年3月末付けでベルトを返上したたため、空位となっていた王座を両者が争う。  工藤は、MMA10勝1敗1分。2020年12月の前戦では、2年前に判定負けした唯一の黒星の相手・山本健斗デリカットにも左右ラッシュで1R4分28でTKO勝ち。7連勝をマークしている。  対するSASUKEは、MMA8勝1敗1分。工藤と同じく2016年12月に山本に判定負けしたが、2019年11月に判定勝ちでリベンジ。2021年1月の前戦では、内藤太尊を2R リアネイキドチョークで極めるなど、6連勝中だ。  世界ランク1位のSASUKEに、工藤はいかに戦うか。強い組みを軸とする両者だが、工藤は「僕はレスリング、SASUKE選手は柔道がベースになっているので、似ているようでも違う。特に組際の強さは自分が勝っていると思います。もつれた展開になると僕が上回れる。でもこの勝負は先に隙を見せた方が負けると思っています」と、自身の優位性と勝負のポイントを語っている。 「声には出しませんでしたが、あるんですよ、修斗愛が。声に出す気持ちもあると思いますが、表に出さずに秘めてる気持ちを感じてもらう愛の形もいいじゃないですか。その気持ちは彼より強いと思います」──ケージの中心で修斗愛を最後に叫ぶのはSASUKEか、工藤か。 [nextpage] しっかり5R動ける練習はしている。でもこの試合は一瞬で決着するような試合になると思います ──現在、脅威の7連勝中。2017年のプロデビューから12戦10勝1敗1分。素晴らしい戦績です。 「順調にここまで来れたと思っています」 ──そしてここ3戦は連続KOフィニッシュ中と勢いは止まりません。この要因は何だと感じていますか? 「最初からKOを狙っている訳ではないんです。流れの中でそうなっているという感じです。身体が自然に動けているんだと思います。少しでも成長できているのかなとは感じています」 ──その動ける要因となっているものはなんでしょうか? 「何なんでしょう(苦笑)。自分ではよく分かってないのですが、いい練習が出来ている事ではないでしょうか」 ──身体が思ったように使えるようになったという事でしょうか? 「身体が自然に反応しているという感じが近いかもしれません。昨年12月の山本健斗デリカット戦がまさにそうでした。最初に当たった左フックは狙って打ったものではありません。身体が勝手に動いて、気がついたら相手が倒れていて。当たった感触もほぼ無かったので、逆に焦りました」 ──唯一の黒星を喫した山本選手にリベンジして、いよいよチャンピオンシップのオファーが届きました。相手はSASUKE選手。そして世界タイトルが賭けられました。 「正直、環太平洋への挑戦はあると思ってましたが、世界戦のオファーが来るとは思ってませんでした。でも連勝している今、このタイミングでお話を頂けたのは良かったです」 ──実際、オファーが来た時のお気持ちはいかがでしたでしょうか? 「嬉しかったです。初めてタイトルに挑戦するのもあります。やっとここまで来たなという感じです。これまでタイトルというものに縁がなく、今まで一番になったことがないので自分でも楽しみです」 ──いよいよSASUKE選手と対戦します。印象は? 「そろそろ当たるとは思っていましたので驚きはありませんでした。SASUKE選手は総合格闘家というイメージです。隙もなく何でもできる。強いんだろうなとは思っています。SASUKE選手が山本健斗選手と当たった試合をよく見ていました。自分が戦った選手相手にどんな試合をするんだろうと思って見ていました。こう戦うんだなぁという感じで見ていました」 ──お二人は、スタイル的に似ていると言われる事も多いのではないでしょうか? 「周りからもよく言われます。でも僕はレスリング、SASUKE選手は柔道がベースになっているので、似ているようでも違うのだと感じています。特に組際の強さは自分が勝っていると思います。もつれた展開になると僕が上回れる。でもこの勝負は先に隙を見せた方が負けると思っています」 ──ファイトスタイルは似ていると言われるお二人ですが、キャラクターとしてはお互い真逆なイメージがあります。感情を爆発させる“動”のイメージのSASUKE選手。工藤選手は感情が一切表に出ない“静”のイメージです。 「感情を出さない……というか出せないんです。勝った瞬間とかは安心感の方が強過ぎて、気持ちが高ぶるような事にはならないです。すぐに落ち着いちゃいます」 ──SASUKE選手みたいなタイプを見てどう感じますか? 「お客さん的には楽しいでしょうね。自分にはできないです。盛り上げるような所はSASUKE選手に任せます」 ──今回、勝ってベルトを巻いたら、それも変わるような事もありますか? 「それはあるかもしれませんね」 ──感情を爆発させる工藤諒司が見れるかもしれない? 「もしかしたら(笑)。初めての事なので自分でも分からないです。修斗の世界タイトルです。僕、修斗が大好きなんで」 ──そういう所の感情も全然出さないじゃないですか! 「実はそうなんです。総合格闘技の始まりで、歴史もあって。やっぱり修斗だなって」 ──SASUKE選手は声にどんどん出して言うタイプ。工藤選手は静かに思う修斗愛。 「僕は声には出しませんでしたが、あるんですよ、修斗愛が。声に出す気持ちもあると思いますが、表に出さずに秘めてる気持ちを感じてもらう愛の形もいいじゃないですか。その気持ちは彼より強いと思います」 ──工藤選手がそう思ってたなんて初めて知りました。 「なので、この世界戦のお話を頂いた時、本当に嬉しかったんです。いつも以上に気持ちが入ります」 ──俄然、この試合が楽しみになりました。工藤選手はこの試合、ズバリ短期決戦になると思いますか、それともじっくり戦うことになりそうですか? 「うーん……正直分からないです。お互いに5Rの試合は初めてですし、3R超えた時点でどうなっているのか。しっかり5R動ける練習はしているので長期戦となっても不安はありません。でもこの試合は一瞬で決着するような試合になると思いますので、ご覧いただく皆さんも目を離さずに見ていて欲しいです」 ──当日は全席完売。でも会場に来れない方はABEMAでお楽しみ頂けます。 「今は便利になってABEMAさんのお陰でWifi環境さえあれば、どこでも試合をご覧頂けます。ゆっくり自宅で、また出先でもご覧いただけます。沢山の方にご覧いただきたいです」 ──試合が楽しみです。 「試合に向けて恒例の東京大仏(板橋区)乗蓮寺の池にいる鯉を眺めに行ってきます」 ──鯉、お好きなんですよね。 「はい、鯉は穏やかで自分を犠牲にしても仲間を守る、仲間思いの魚なんです」 ──鯉って、工藤選手の性格に似てるんですね! 「そうかもしれませんね」 プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.5 Supported by ONE Championship2021年7月25日(日)後楽園ホール[開場]17:15 [開始]18:00※全席完売、当日券販売は無し※ABEMA「格闘チャンネル」生中継 ▼メインイベント 第8試合 世界フェザー級チャンピオン決定戦 5分5RSASUKE(同級1位・環太平洋王者/マスタージャパン東京)工藤諒司(同級7位/TRIBE TOKYO MMA) ▼セミファイナル 第7試合 女子世界スーパーアトム級次期挑戦者決定戦 5分3RSARAMI(同級2位/パンクラスイズム横浜)中村未来(同級4位/マルスジム) ▼第6試合 バンタム級 5分2R論田愛空隆(心技館)中村倫也(EX FIGHT)※デビュー戦 ▼第5試合 ライト級 5分2Rエドモンド金子(BRAVE)岡澤弘太(佐山道場) ▼第4試合 フェザー級 5分2R仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)結城大樹(マスタージャパン福岡) ▼第3試合 バンタム級 5分2R齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)野瀬翔平(マスタージャパン福岡) ▼第2試合 フライ級 5分2R山内 渉(FIGHT FARM) ※デビュー戦植木“令和”新(シューティング宇留野道場)※デビュー戦 ▼第1試合 トライアウトルール フェザー級 3分2R村山大介(マスタージャパン東京)スソン(KRAZY BEE)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事