K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】卜部功也「そろそろ倒さないといけない」vs大沢文也「本当に今回は対策バッチシです」

2021/07/17 04:07
【K-1】卜部功也「そろそろ倒さないといけない」vs大沢文也「本当に今回は対策バッチシです」

過去の戦績は卜部(左)の2勝1敗。今回は8年ぶり4度目の対決となった

 2021年7月17日(土)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~ライト級タイトルマッチ』の前日計量&記者会見が、16日(金)福岡市内にて13:00より行われた。

 第10試合のスーパーファイトK-1ライト級3分3R延長1Rに出場する、第2代K-1 WORLD GPライト級王者&初代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は初回62.8kgで300グラムオーバーも再計量は62.4kgでパス。大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)は62.5kgでパスした。

■記者会見での質疑応答

――明日への意気込みは?

卜部「「明日の試合のためにしっかり仕上げてきたので、期待してほしいです。復帰して次は3試合目なので、そろそろ倒さないといけないと思っています。自分でもハードル高く、試合に臨みたいと思います」

大沢「意気込みはこのあいだの記者会見でも言ったんで、言うことはもう何もないんですけど、明日は過去最高に仕上げてきたので。明日の大沢文也を楽しみにしていてください」


(写真)計量をパスした大沢は満面の笑み(K-1公式YouTubeチャンネルより

――4回目の対戦となるが今の心境と、どういった試合にしたい?

卜部「前回の対戦はだいぶ前だったので、今回戦う気持ちは初戦の気持ちで。緊張感持って挑もうと思ってます。どんな試合だって100%やるのが僕の仕事なんで、100%出し切りたいと思います。今回はっていう感じですかね」

大沢「初めてやったときは19歳、十代だったんですけど、それから時を経て。いま10年以上経って、また戦う。しかも4回目の戦いで、いろんな声があると思うんですよ。『また大沢かよ、もういいだろ』って。いろんな声があると思うんですけど、まったく気にならないですね。試合順とかも安保選手に色々と言われたり、その前から普通の格闘技ファンからもすごい言われていて。『なんで大沢、こんな後ろなんだ?』って。でも勘違いしてほしくないのは、僕が第10試合目なんじゃなくて、卜部功也選手が第10試合目。その対戦相手が僕なだけなんで。僕が第10試合目なわけじゃないんで、よろしくお願いします」

――今回の試合の課題は?

卜部「卜部功也の出せるものをすべて出す、っていう感じですかね。それは技術もそうですし、スピード感だったりとか。あとはフィニッシュに向けての技術とか。全力で出し切るってことですね」

――以前の対戦から相手が変わったこと、自分が変わったこと、そしてそれが試合にどう影響すると思う?

大沢「卜部功也は常に成長しかしてないと思うんですけど。今回は自分が変わったところというか、自分が変わったところはちょっと難しいかも知れないですけど、本当に今回は対策バッチシです。それをすべて試合に出して目標を、憧れを越えたいと思ってます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント