K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】安保瑠輝也が荒ぶる「こんなプロ意識の欠片もない選手に負けるわけがない。あたりまえにブッ倒す」

2021/07/17 01:07
 2021年7月17日(土)福岡国際センター『ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~ライト級タイトルマッチ』の前日計量&記者会見が、16日(金)福岡市内にて13:00より行われた。  第9試合のスーパーファイトK-1ウェルター級3分3R延長1Rに出場する、第4代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の安保瑠輝也(team ALL-WIN)は今回からウェルター級に階級を上げたが、初回67.6kgで100グラムオーバー。再計量は67.5kgで問題なくパスした。対する初代九州プロキックボクシングスーパー・ウェルター級王者の幸輝(インタージム)は67.5kgでパス。 (写真)階級を上げての第一戦となる安保。初回は100グラムオーバーも再計量で難なくパス(K-1公式YouTubeチャンネルより) 続いての会見で安保は開口一番、「まずねえ、ABEMAにしろ、Youtubeにしろ、SNSにしろ、俺がね、こんだけおいしく煽ってあげてるのに、それに対する何の反応もない。こんなプロ意識の欠片もない選手に負けるわけがないので。明日はあたりまえにボコボコにします」と言い放つ。  それに対して幸輝は「明日、待ち待った福岡大会、地元九州で試合ができるので本当に楽しみです。いつも以上に調子もいいので、明日はしっかりKO狙って倒したいと思います。自分は明日の試合でしっかり見せるので、楽しみにしていてください」と、前煽りではなく試合で盛り上げると答える。  安保はなおも「煽りVTRにしろ、俺が一番数字取ってるじゃないですか? それに対して、ここで俺に噛み付くことが、ファンにとってこの試合を楽しみにさせることだと思うんですけど(幸輝は)その仕事を一切しない。あと、SNSを見にいったんですよ、どんなこと発信してるのかと思って。『あと試合まで1カ月半』、『あと1週間』…、誰がそんなん楽しみにすんねん。そのプロ意識の低さ、俺はまったくリスペクトできないんで。こんな選手が勝ったところで、K-1は何一つ盛り上がらない。だから俺が、あたりまえにブッ倒します」と全否定。 (写真)幸輝も見事な逆三角形を描く肉体で計量をパス(K-1公式YouTubeチャンネルより) その言葉についての感想を求められた幸輝は「自分はまだK-1グループ2戦目なので、ここで大きなことも言えないので。まあ、しっかり勝って結果で見せて、地方の選手がK-1のトップ選手にしっかり通用するところを、見せていきたいです」と、静かながらも安保を倒して下剋上を起こすと宣言した。  一方、これが怪我からの復帰戦、そして階級を上げて最初の試合となる安保は仕上がりについて「メチャクチャいいですよ。前回、山崎(秀晃)選手に負けて、自分の弱い部分をすべて洗い出して、それも全部やりましたし。あとは怪我も、右ストレートで殴れるっていうのも実感できてるので。自分自身、10カ月ぶりの再起戦になりますし、試合自体は凄く楽しみだと思っています」と、かなりの自信。 「ウェルター級にしろ何級にしろ、一番ベルトが似合う日本人は俺なんで。ウェルター級でも俺がベルトを獲って、それを分からせてやろうと思ってます」と、2階級制覇を実現させると言い放った。それに対して幸輝は「明日のことしか考えてないので。しっかり明日勝って、次のこと考えていきたいです」と安保に勝つことが次につながると最後まで冷静に答えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事