MMA
レポート

【ONE】まさかのボディ一発KO! セーマペッチがクラップダムとの幻の決勝戦を制し、ノンオーに挑戦アピール=ONE: FULL BLAST

2021/05/28 22:05
【ONE】まさかのボディ一発KO! セーマペッチがクラップダムとの幻の決勝戦を制し、ノンオーに挑戦アピール=ONE: FULL BLAST

(C)ONE Championship

ONE: FULL BLAST

2021年5月28日(金)配信

▼バンタム級 ムエタイ 3分3R
〇セーマペッチ・フェアテックス(タイ)
[1R 2分07秒 KO]
×クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)


 セーマペッチは7チャンネルTVマッチを主戦場とし、2017年頃からは海外選手との戦いが主流となる。ONEには2018年7月から参戦。2019年11月にONE Super Seriesムエタイ世界バンタム級タイトルにも挑戦したが王者ノンオーに4RでKO負け。2020年のバンタム級(※65.8kg)ムエタイトーナメント準決勝でロートレックを判定2-0で降したが、怪我により決勝戦を欠場。代わってロートレックが敗者復活で決勝へ進出し、クラップダムを判定3-0で破って優勝したという経緯がある。


 クラップダムも7チャンネルTVマッチ出身。サウスポーのファイタータイプで、左ストレートを決め技とする元ルンピニー2階級制覇王者。2018年にはプロムエタイ協会ライト級王者の肩書を引っ提げて初来日。REBELSのリングで梅野源治とルンピニースタジアム認定ライト級王座決定戦を争い、4Rに強打で梅野を2度ダウンさせてのTKO勝利を収め、日本のムエタイファンにも強烈なインパクトを残した。前回は2020年12月にルンピニースタジアム生誕記念興行で2Rに左フックでKO勝ちを収めている。


 勝者が次のムエタイ世界バンタム級王座に挑戦すると見られている一戦だ。


 1R、サウスポー同士。まずは低い前蹴り、ジャブで様子を見る両者。しばらくしてレフェリーがアグレッシブを促す。それでもなかなか仕掛けない両者だったが、クラップラムに左ローにセーマペッチが左ストレートを返し、この一撃がレバーにグサリ。


 ボディ一発でKOという衝撃的な決着で、セーマペッチがKO勝ち。王者ノンオーへの挑戦をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事