ボクシング
ニュース

那須川天心とのスパーリングを振り返った京口紘人「日本王者とかでも普通に戦えるレベルにあると思いますけれど」

2021/05/13 11:05
 WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベボクシングジム)が、YouTubeの企画で行ったRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TEPPEN GYM)とのスパーリングを振り返った。 「ついさっきコラボしてきたんですけれど、それについての感想動画」にて、京口は「一言で言うとやっぱり強いですね。“天才”って一言で比喩しちゃうと失礼にあたるくらい努力もされていると思いますし、身体能力だけじゃないなって感じましたね。考えながらで、感覚派じゃないなと。先の先の先を見ているじゃないですけれど、それは凄い感じたし、対峙してみて距離も遠かったですし、ミットを持ったんですけれど左ストレートが凄い貫通力なんですよ。芯に突き刺さる質のパンチで硬いし、ジャブも打ち分けられるし、いろいろな角度でジャブも打ってきますし、すっごいなと思いましたね。脱帽です。強かった」と評する。 (C)RISE「適応力半端ない。バランスもめっちゃいいし、凄いって言葉しか出てこーへん。改めて凄さが分かりましたね」と、那須川のボクシングを絶賛する。  京口が「何級でやるの?」と聞いたところ、那須川は「55kgくらいでやるので1回それくらいの体重で試合してみて、バンタムでやるかスーパーバンタムでやるか」と答えていたという。 (C)RISE それについて京口は「国内は全然日本チャンピオンとかでも普通に戦えるレベルにあると思いますけれど、いかんせん階級がバンタム、スーパーバンタムはレベルが高いので。どういう試合をするのかなって思いますけれど」と、すでに日本チャンピオンクラスの実力があるとし、「村田(諒太)選手のようにデビュー戦から日本チャンピオンと(ノンタイトルでの)対戦もあり得る」とした。 [nextpage] 那須川天心vs京口紘人のスパーリング動画と京口紘人の感想動画
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事