MMA
レポート

【Combate Global】女子のみの大会でタイガームエタイのディアスが、覆面女子をTKO! UFCドーカス兄弟イチオシのアダムスが4連勝、女子MMA史上最大の出血試合も

2021/05/06 19:05
 4月30日(日本時間1日)、米国フロリダ州マイアミのユニビジョン・スタジオにて、女子のみのMMA大会『Combate Global: Combate Latina』が開催された。  女子118ポンド(53.52kg)契約で行われたコ・メインイベントでは、クラウディア・ディアス(スペイン)とドゥルセ・ガルシア(メキシコ)が対戦。  名門タイガームエタイジム所属のディアスは現WMCムエタイフェザー級王者。ムエタイで9勝4敗1分。キックボクシングでも8勝3敗の戦績を持つストライカー。UFCファイターのローマ・ルックブンミーらと練習を積んでいる。  MMAでは「ONE Warrior Series」でジェネリン・オルシムに判定負け、クリスティ・オストに負傷TKO負けでまだ勝ち星に恵まれていない。「Combate Global」には初参戦となる。  対するガルシアは“セクシースター”のニックネームでルチャドーラとして活躍。プロボクシングでも6戦全勝(1TKO)を誇る。2019年4月の「Combate 35」でMMAデビューし判定勝ち。同年12月の2戦目はギロチンチョークを極めて2勝目を挙げている。  ガルシアは「ルチャアンダーグラウンド」に出場したことで米国でもよく知られる女子プロレスラー。2017年の「トリプレマニアXXV」では、ローズマリー、レディシャニ、浜田文子との4ウェイマッチに参加し、ローズマリーを相手に腕十字を離さず怪我をさせたとして、2年間プロレスの試合から干された経験を持つ。 ▼女子118ポンド(53.52kg)契約 5分3R○クラウディア・ディアス(スペイン)[2R 3分27秒 TKO]×ドゥルセ・ガルシア(メキシコ)  1R、ともにオーソドックス構え。ディアスの左ジャブ、右フックを浴びるガルシアは鼻血。ガルシアもワンツーを振るが、カウンターの前蹴りで突き放される。さらにディアスは右カーフキック。  ワンツーからシングルレッグに入るが、ここはガルシアも差し上げ体を入れ替え、離れる。右ミドル、左ジャブをヒットさせるディアス。ガルシアも右を突くと、右手をぐるぐると回してアピール。  2R、先に中央を取り、前に出るガルシアだが、左ジャブ、右ストレートを被弾する。声をあげながらワンツーを刺しこむディアスは、右ストレート、左フック! ガルシアのアゴが上がる。ガルシアもワンツースリーの最後の右をヒットさせるが浅い。  前蹴りを巧みに使うディアスは右をスイングさせてヒット! たまらずガルシアは両脇を差してボディロックから金網まで押し込み、後方にスープレックス狙い。しかし、これが捨て身になり、額でマットに着いたディアスが上に。マウントを奪うと抱き着くガルシアを両手で剥がしてパウンド連打。  背中を向けたガルシアにディアスがチョーク狙いで後方に引き込んだところで、動けないガルシアを見てレフェリーが間に入った。  2R 3分27秒、ディアスがTKO勝利。ONE本戦は再開したものの、「ONE Warrior Series」は休止するなか、米国で嬉しいMMA初白星を手にした。  一方、顔を腫らせたガルシアだが、ディアスの挨拶にしっかりハグ。しばらくマット上に座り込んでから、ケージを後にした。  ディアスは試合後には、ガルシアに決めたクロスカウンターの写真をアップし、プロボクシング12勝2敗3分でWBF等で活躍したジョン・ハッチンソン(アイルランド)コーチから指導された「オーバー・ザ・ブリッジ」だと投稿。  敗れたガルシアも、「人生の一秒一秒、すべての経験、すべてのプロセスを楽しんでください。なぜなら、あなたの道がどれほど困難であったかは、あなただけが知っているからです。ありがとう、どんな逆境でも笑顔で腕を伸ばして、必要な回数だけフライトに再挑戦します」と、今後の挑戦について記している。 [nextpage] アダムスが4連勝!「UFCに行く時」(ドーカス兄弟)  また、メインの女子ストロー級戦では、アマチュアMMA4戦無敗、プロでも3連勝中のクリサイダ・アダムス(米国)と、MMA4勝1敗のカレン・セディーロ(メキシコ)が対戦した。 ▼女子ストロー級 5分3R○クリサイダ・アダムス(米国)[判定3-0]×カレン・セディーロ(メキシコ)  アダムスは、UFCファイターのクリス&カイルドーカス兄弟が同門のマルティネスBJJ所属。対するセディーロは、地元メキシコで3連勝中だ。  1R、ともにオーソドックス構え。先にワンツーで詰めるアダムスがダブルレッグからシングルレッグテイクダウン。ハーフガードからパスしパウンドでゴング。  2Rには右で差したアダムスが、引き出しダブルレッグテイクダウン! セディーロの下からの腕十字も防ぎ、いったん体を離して飛び込んでパウンドする。  3R、セディーロの左ミドルを受けながら、蹴り足を掴んでバックテイクするアダムス。後方に持ち上げながらテイクダウンするアダムスに、スイープから上を取るセディーロ。すぐにアダムスは金網を使い立ち上がる。残り10秒の拍子木に左右を振るセディーロだが、ゴング。  判定は3-0でアダムスが勝利。試合後、UFC3連勝中のドーカスはアダムスについて「彼女がUFCに行くときが来た」と、その強さに太鼓判を押している。 [nextpage] 女子MMA史上最大の出血試合か!? ダウンの応酬の末、カットされたゲラルドが勝利に号泣  第2試合では、女子MMA史上、最も出血の多い試合の一つと言われた試合が行われた。  メキシコのニコル・ゲラルドはアマチュアMMA2勝1敗。国際総合格闘技連盟であるIMMAF-WMMAAで2勝1敗の戦績を持つ。  対する米国のリーナ・ノーヴィルは、アマチュアMMA4連勝後にプロとなり、LFAで1R KO負け、Combate Globalで判定負けと、まだ勝利を掴んでいない。 ▼女子ストロー級 5分3R○ニコル・ゲラルド(メキシコ)[判定3-0]×レーナ・ノーヴィル(米国)  ともにオーソドックス構え。ワンツーから右ローを打つゲラルドにカウンターの右ストレートを当て、さらに左・右でダウンを奪うノーヴィル。バックに回ると4の字ロックで背後からヒジを突く。  しかし、抜けたゲラルドが今度はスタンドで右のバックフィスト! ダウンするノーヴィルにすぐにマウントを奪うゲラルドはパウンド&ヒジ!  ゲラルドは右から左の二段蹴りを放つが、それを右ストレートで迎撃するノーヴィル! ダウンするゲラルドにマウントを奪いに行くノーヴィル。スイープするゲラルドの左腕をオモプラッタに極めし、下からヒジ連打! 出血するゲラルドは空いた右手で鉄槌を落とす。  右の額をカットし、大流血のゲラルドだが、縦の動脈のカットはストップが早いものの、横のカットで静脈の場合は、出血があっても続行するケースは少なくない。  顔面を赤く染めながらもパンチを振るうゲラルドにノーヴィルも返り血を浴びながら応戦。  判定は3-0でゲラルドが勝利。血を拭いたゲラルドは、コールに顔を覆い、号泣。激闘を繰り広げたノーヴィルもハグし、笑顔で勝者を称えた。 [nextpage] ▼女子ストロー級 5分3R○マラヤ・ミラー(米国)[判定3-0]×アリツテル・マリシカル(メキシコ) ▼女子バンタム級 5分3R○エリイザベス・ショロダー(米国)[判定3-0]×バイルカ・ソト(米国)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事