MMA
ニュース

【ONE】北米に大反響のDJvs.モラエスのフィニッシュ、UFC王者スターリング「マイティマウスが大丈夫だといいけれど…」ヤンは「いいヒザ蹴りだった」

2021/04/08 21:04
【ONE】北米に大反響のDJvs.モラエスのフィニッシュ、UFC王者スターリング「マイティマウスが大丈夫だといいけれど…」ヤンは「いいヒザ蹴りだった」

(C)ONE Championship

 2021年4月8日、シンガポール・インドアスタジアムで「ONE on TNT 1」が開催され、米国時間のプライムタイムに「TNT」にて放送。北米ユニファイドルールとは異なるONE Championshipのルールでの決着に、UFCやBellatorファイターらが反応、大きな反響を呼んでいる。

 ONEの北米進出第1弾大会のメインイベントは、ONE世界フライ級タイトルマッチ。王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)に、GP覇者にして挑戦者のデメトリアス・ジョンソン(米国)が挑んだ。

 モラエスは、生後わずか数日でブラジルの首都ブラジリアの路上に放置され、孤児院で育ったという厳しい幼少時代を過ごした過去を持つが、格闘技で生計を立てるようになり、現在はアメリカントップチーム(ATT)に所属し、堀口恭司らと練習を積んで、今回のタイトルマッチの準備をしてきた。

 対するDJことデメトリウス・ジョンソンは、元UFC世界フライ級王者で、ONEフライ級ワールドGP優勝者。UFCではヘンリー・セフードに敗れるまで、UFC史上最多となる11度の王座防衛に成功。2019年3月からONEフライ級ワールドグランプリに参戦し、若松佑弥、和田竜光、ダニー・キンガッドを下し、優勝を遂げている。

 北米市場では、ATTで研磨する不屈の王者と、北米メジャーのレジェンドによるメインイベントともいえる。

 そんななか、先制したのはモラエスだった。

 オーソドックス構えのDJにいきなり右のカーフキックをヒット。これはセコンドで日本のシュートボクシングに参戦経験を持つATTのカテウ・キビスが得意とする動き。スイッチを常とするDJは、顔色を変えずに前足を入れ替えたが、長身のモラエスを相手に長い距離は不利と植え付けられただろう。

 続くモラエスの右ミドルを被弾しながらも、ジョンソンは打ち終わりに組みつきテイクダウン。しかし、下のモラエスはすぐに外がけから足関節狙い、足を抜くジョンソンに片足タックルの要領でついて行くトランジッションで、上を取り返すことに成功している。1Rからペースはモラエスのものだった。

 2Rにフィニッシュは訪れた。

 再び右カーフキック狙いのモラエスは、さらに左ミドルハイキックと中間距離を蹴りで制すると、続けて右の蹴りへ。その蹴り足を掴んで詰めてきたDJにモラエスは右アッパー!

 後方に倒れたDJは左で脇を差して立ち上がろうとするが、その立ち際を左手で頭を固定したモラエスは、ONEでは許されている3点ポジションでの頭部へのヒザ蹴りへ! 再び後方にダウンするジョンソンにパウンドの連打でレフェリーを呼び込んだ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事