SirikaSirika
キックボクシング
レポート

【NJKF】健太がカーフキックに耐え最終Rに怒涛のラッシュで1年半ぶりの勝利、99戦目の国崇は琢磨の強打でマットに沈む

2021/02/12 21:02
【NJKF】健太がカーフキックに耐え最終Rに怒涛のラッシュで1年半ぶりの勝利、99戦目の国崇は琢磨の強打でマットに沈む

カーフ&ローキックを狙われながらも最後は怒涛のパンチラッシュを見せて勝利をつかんだ健太(右) 撮影/安村 発

ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2021 1st」
2021年2月12日(金)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインII スーパーファイト 61.3kg契約 3分5R
〇健太 (E.S.G/元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
判定2-0 ※49-49、49-48×2
×高橋一眞 (真門ジム/NKBライト級王者)


 NJKFを代表する選手として『ONE Championship』など世界を舞台に戦った健太だが、現在は1年半に渡って勝ち星から遠ざかっており、白星は2019年6月のNJKF後楽園大会、ジョー・セイシカイ戦までさかのぼる。2020年10月にはキャリア最軽量となる62kg契約戦(元々は67~70kg)を戦ったが高橋亨汰に判定負け。12月27日にはホーストカップ日本スーパーライト級タイトルマッチで小川翔1に敗れた。96戦目となる今回はそれをさらに下回りほぼライト級となる61.3kg契約。


 高橋は日本キックボクシング連盟の看板・高橋三兄弟の長兄で、“怒突き合いお兄ちゃん”の異名通り常にド突き合いのファイトを展開。16勝のうち13勝がKOという倒し屋だ。前戦は2020年9月、『KNOCK OUT』でスアレックを相手に延長戦までもつれ込むもTKO負けしているが、2019年5月には健太に勝利した小川翔からもTKO勝利を上げている。


 1R、インローの蹴り合い。健太は変則的なハイキックを放つ。高橋はカーフキックを織り交ぜる。健太は左右ミドルを蹴ってローにつないでいく。


 2R、健太も負けじと右カーフキック、高橋は前足を内外から蹴り、カーフも蹴る。右足がすでに真っ赤な健太は時折構えをスイッチ。健太は右ストレートをヒットさせるが、かなり強いローを前足にもらった。


 3Rはローの蹴り合いの中で両者とも強いパンチを増やす。互いに右ストレートを繰り出すが、両者とも空を切る。ロー、ミドルを散らしてパンチを当てようとする両者の駆け引き。カーフキックは両者とも基本的に後ろ足重心であるためと、カットもするため致命傷には至らない。


 4R、健太はパンチをガードさせての縦ヒジ。後ろ蹴りも繰り出すがこれはローブローに。高橋は強いローを蹴り続け、健太のバランスを崩す。健太の右ストレートがヒット、高橋も左フックを返す。蹴り足をキャッチした健太が右ヒジを当てると、高橋も右ヒジを返した。


 5R、高橋は右ローを連打。健太はパンチで対抗する。左右フックとヒジで打ち合いを挑む健太だが、高橋は打ち合わずに右ローを蹴る。猛攻を見せる健太に高橋はガードを固めてヒジを打つ。健太のフック&アッパー、高橋のヒザ。健太は右アッパーを連打する。最終ラウンドは健太が怒涛の攻めを見せた。


 判定は2-0で健太が辛勝。1年半ぶりの勝利を喜び「2021年一発目のメインで、つまらない試合にしてしまいましたが、キックボクシング界、格闘技界、コロナに負けずにいい年にしていきたいと思います。これから一緒に盛り上げていきます」と、ここからがスタートだと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事