MMA
インタビュー

【RIZIN】北岡悟と対戦するホベルト・サトシ・ソウザ「本当にポテンシャルがあることを見せたい。私の柔術で勝つことができると」

2019/04/19 22:04
4月21日(日)、横浜アリーナにて開催される「RIZIN.15」に出場する全選手の個別インタビューが19日(金)都内にて行われた。 同大会では、ブラジリアン柔術の黒帯のなかでもトップ中のトップが呼ばれる“スーパー黒帯”の一人で、これまでMMA7戦無敗のサトシが、プロ70戦目を迎えるベテランの北岡悟と対戦する。 2017年ムンジアル(世界柔術選手権)黒帯ライト級準優勝のサトシは、浜松のボンサイ柔術で兄弟とともに同地に根を張り、日本柔術界の至宝と呼ばれるほどの活躍をしてきた。 これまで、兄のマルコス・ソウザやチームメイトのクレベル・コイケらがMMAに挑戦するなか、サトシもセルフディフェンスとしての柔術を駆使し、MMAのなかでいかに身を護り、極めるかを実践してきたが、今回のRIZIN初参戦を機に、「この試合でベテランの彼に勝ったらプランが変わります」と、ライト級GPを見据えた新たなステージに挑戦する心構えを見せた。 ──コンディションは? 「初めての71kgは心配だったけど、いまもう73kgで、これから水も飲んで水抜きするけど大丈夫。昨日の夜には体重が出来ました」 ──北岡悟選手の印象は? 「ベテランとやるのは初めてで緊張はあるけど普通の緊張、いつも試合では緊張があるから大丈夫。みんな、ほんとうの私のMMA(の実力)は信じていないと思うけど、ほんとうにそのポテンシャルがあること見せたい。私の柔術で勝つことができると」 ──北岡選手のグラップリングをどのようにとらえていますか。 「いつも相手のビデオを見るけど、気を付けることだけ。自分の練習を信じるから、自分の柔術を信じてるから」 ──バックを取れる? 「試合の前はいろいろ考えるけど、試合になると全部変わる。どこでもチャンスがあれば、三角でもバックでも腕十字でも取れるもので取る」 ──特別な練習も? 「豊橋のアレスには行くけど、いつもたくさん練習している。グラウンドも打撃も柔術も。普通の練習です」 ──この試合を超えてどんな目標を。 「MMAで最初の3試合は強い選手とはやりたくなかった。でももう7試合。この試合でベテランの彼に勝ったらプランが変わります。だからやりたかった。RIZINに出ている私の階級の選手はみんな強い。勝ったらGPに出たいです」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント