MMA
レポート

【ONE】青木真也がジェームズ・ナカシマに一本勝ちで「いまが一番幸せです」、緊急参戦・川原波輝はリト・アディワンにKO負け

2021/01/22 21:01
【ONE】青木真也がジェームズ・ナカシマに一本勝ちで「いまが一番幸せです」、緊急参戦・川原波輝はリト・アディワンにKO負け

(C)ONE Championship

 2021年1月22日(金)、シンガポール・インドアスタジアムにて、ONE Championship「ONE: UNBREAKABLE」が開催された。

▼ONEバンタム級キックボクシング世界タイトルマッチ(61.3kg – 65.8kg)
×アラヴァディ・ラマザノフ(ロシア)65.80kg, 1.0156
[2R 1分56秒 KO]
〇カピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)64.90kg, 1.0066
※カピタンが新王座に就く。ラマザノフは初防衛に失敗。


 王者ラマザノフは18歳でムエタイデビューを果たし、21歳でタイへ渡って本場でのトレーニングを開始。ロシア国内ではムエタイ選手権で12回優勝、IFMA(国際アマチュアムエタイ連盟)ではヨーロッパ王者と世界王者に輝いている。ONEには2018年10月から参戦し、ペットモラコットに勝利。2019年12月の6戦目で初代ONEバンタム級世界キックボクシング王者となった。今回が初防衛戦。


 カピタンは2016年にWPMF世界スーパーウェルター級王者、2019年にルンピニースタジアム認定スーパーウェルター級王者となったムエタイ戦士で、テレビマッチの『True4U』では2019年にミドル級、2020年にはスーパーライト級王者となっている。セーンチャイやペッブンチューといった超一流選手とも戦っていた。2020年9月のONE初参戦では僅か6秒でのKOを記録。10月には日本でも活躍したチャムアックトーンから勝利を収めている。


 1R、カピタンは右ローで積極的に攻めていき、右ストレートにつなげる。ワンツーで迎え撃とうとするラマザノフにカピタンは左右のローをどんどん蹴り、パンチに合わせての左ミドルも蹴る。ケージ際では強烈な右ストレート。下がってケージを回り込み続けるラマザノフにカピタンはカモンゼスチャー。しかし、ラマザノフの右がクリーンヒット。それでもカピタンは前進を続ける。


 2Rもアグレッシブに追いかけるのはカピタン。ラマザノフは下がりながらも構えを左右にスイッチし、ワンツーを繰り出す。ケージを背負って強打を浴びるシーンが増えるラマザノフ。防戦一方のラマザノフに右ロー、右ボディフック、そして右ストレートを叩き込むとラマザノフはしゃがみこむように倒れ、カピタンが圧倒KO勝ちで新王座に就いた。


 ベルトを持ったカピタンは「夢が叶いました。自分のチームとサポートしてくれた皆さんに感謝します。ムエタイに戻ってきてONEで勝ちたい。これからまた自分の道を作っていきます」と語った。まるでロッタンのようにアグレッシブな新王者。今後も注目される選手だ。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント