ONEONE
MMA
レポート

【Krush】“エンドレスラッシュ”で新美貴士が王座に就く、女子は菅原美優が新王者に

2020/11/27 20:11
【Krush】“エンドレスラッシュ”で新美貴士が王座に就く、女子は菅原美優が新王者に

(C)ゴング格闘技

「Krush.119」
2020年11月27日(金)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合(第8試合)第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R延長1R
×森坂 陸(エスジム)
延長R 判定0-3 ※9-10×3
〇新美貴士(名古屋JKファクトリー)
※新美が第5代王座に就く。本戦の判定は29-30、30-30、29-29。


 9月大会で開幕した「第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント」は、8名の出場選手の中から勝ち上がった4名が今大会で準決勝・決勝戦を争うワンデートーナメントで行われた。


 決勝戦は準決勝で岡嶋形徒をKOした森坂と、優勝候補と目されていた玖村修平を破った新美で争われた。


 1R、ガードを固めた新美は準決勝同様に前へ前へと出ていってショートのパンチでアグレッシブに攻める。森坂はフットワークで下がりながら回り込み、新美をパンチと蹴りで迎え撃つ。新美は左ローも蹴る。


 2Rも前へ出て攻めまくる新美。左右のショートパンチ、ロー、ヒザ蹴り。森坂も蹴りを飛ばし、バックハンドブローを放つ。お互いにショートの蹴りでパンチを当て合う展開となり甲乙つけがたい。


 3Rは両者ほぼ足を止めての打ち合い。意地の張り合いのような打って打たれての展開が続く。両者パンチだけでなく、前蹴り、ヒザ蹴りも織り交ぜる。終盤、森坂がボディ打ちでやや押したかに見えたが、判定はドロー。延長戦へ突入する。


 延長戦も両者足を止めて打ち合う。片方が連打を見舞えば相手が連打を返す、連打からヒザを蹴れば相手も連打からヒザ、連打からミドルを蹴れば相手も連打からミドルを蹴るという技の交換がたびたび行われる。延長Rも甲乙つけがたかったが、前に出た姿勢が評価されたか新美の判定3-0で死闘に終止符が打たれた。


 新美は「判定まで行って、森坂選手が強くtえ倒そうと思っていたんですけれど倒せなくて。何とかチャンピオンになることができました。小森会長の作戦通りにやっただけなので、まだまだ僕は弱いので強い人たちがいっぱいいるのでもっと上の人たちを倒して上にいきます。今日ABEMAで観戦している妻と子供にいつも支えてもらって、今日もヤバかった時に顔が出てきたのでいつもありがとう。これからもっと強くなって金持ちになってK-1チャンピオンになるのでこれからもよろしくお願いします」とマイクで話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事