AbemaTVAbemaTV
グラップリング
ニュース

【QUINTET】所英男が5月26日エディ・ブラボー主催の「コンバット柔術ワールド」バンタム級16人トーナメントに出場

2019/04/07 23:04
【QUINTET】所英男が5月26日エディ・ブラボー主催の「コンバット柔術ワールド」バンタム級16人トーナメントに出場

5月26日、米国ロサンゼルスにて開催される「コンバット柔術ワールド」バンタム級16人トーナメントに所英男の出場が決定した。

「コンバット柔術」はグラウンド掌底あり(スタンド打撃は禁止)でノーギ・ノーポイント、KOや一本勝ちの「フィニッシュオンリー」ルール。バンタム級トーナメントには『QUINTET.2』で活躍した10th Planetのジオ・マルティネスの出場も発表されている。

4月7日の「QUINTET」のために来日したエディ・ブラボーは、「コンバット柔術ワールド」に所を招聘した理由を「トコロの大ファンなんだ。オープンハンドの掌底が使えるのはトコロにとってやりやすいと思う。柔術だけだと総合格闘家は対応しきれないが、このルールだと総合格闘家はもっと試合がしやすくなる。コンバット柔術は柔術の次のレベルのもの」と語ると、所も「今回は適正体重のバンタム級で出られますし、以前、10th Planetに出稽古に行ったときにエディさんたちがコンバット柔術のようなことをすでに練習でやっていてすごく興味がありました」と呼応した。

さらに所は「UWFの掌底ルールが好きでしたし、グラウンド状態での掌底もホイス・グレイシー選手にやられて効いたことを覚えています。ZSTでもリングスルールで1回掌底ありで試合をやって強く打てない難しさがありました。極めやすくなると思うし、極められやすくもなると思います」と、今回のコンバット柔術ルールに臨む印象を語った。

海外で打撃ありの試合は、2015年3月の「Bellator 135」でのL.C.デイビス戦以来。米国ファンの間でも話題になった所英男の“回転体”が、グラウンド打撃ありのグラップリング大会「コンバット柔術」でも見られるか。

所は「桜庭さんと練習している成果を出せていないので早く出したいです。できれば寝技で、腕十字やアームロックを極めたい」と意気込みを語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事