キックボクシング
レポート

【ホーストカップ】匡志YAMATOが圧巻のTKO勝利、洋輔YAMATOはNJKFウェルター級王座に就く

2020/10/27 17:10
「HOOST CUP KINGS OSAKA 5」DAY FIGHT2020年10月18日(日)エディオンアリーナ大阪第2競技場 ▼ダブルメインイベント(第8試合)HOOST CUP 72kg契約 3分3R延長1R〇匡志YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーウェルター級王者/HOOST CUP日本EXミドル級王者)  TKO 1R 2分26秒 ※左ミドルキック×剛王(TEAM GHO/GLADIATOR武士道ミドル級初代王者)  昨年名古屋大会で難攻不落の王者チューチャイを破り、NJKFタイトルに続き2冠王となった匡志YAMATOが、ベテラン選手の剛王と対戦。  1R開始早々、左ミドルを強打する匡志に対し、剛王は空手スタイルの構えで強打のストレートの機会をうかがう。ロー、ミドルを放ち、頭を振って剛王の狙うワンツーをよける匡志YAMATO。  途中、剛王のワンツーと匡志の蹴りが激しく交差するが、匡志のテンカオがクリーンヒットしダウンコール。再開するが匡志のワンツー、左ミドルにまたも剛王がダウンしてレフェリーストップ、匡志YAMATOのTKO勝利となった。 ▼ダブルメインイベント(第7試合)NJKFウェルター級(66,68Kg)王座決定戦 3分5R〇洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級1位)判定3-0 ※50-46、50-45、49-46×佐野克海(拳之会/NJKFウェルター級2位)※佐野は体重超過(1.8kg)により減点1、グローブハンディでのスタート  老舗団体NJKFのタイトルマッチがHOOST CUPにて行われた。  佐野克海が前日計量にて契約体重を超過し(1.8kg)グローブハンディ10オンス、1点減点からのスタートとなる。  長身サウスポーの佐野に対し、洋輔はしっかりガードしながら、右ロー、右ミドル、右ストレートを狙う。洋輔の左フックをかわし佐野がカウンターの右フックをクリーンヒットしグラつかせるが、立て直し首相撲の展開になると洋輔のペース。スタミナをもぎとる。  佐野も一発を狙って長身からのパンチを振るい、ヒヤッとさせるが洋輔がうまくクリンチし首相撲でスタミナを奪う。  3R以降、スタミナの切れた感のある佐野を洋輔のパンチからのローが襲うが、クリンチの展開で封じるとまたも洋輔の首相撲が勝る展開が続く。  最終Rに入ると洋輔の攻撃がヒートアップし、パンチの打ち合いでも勝りはじめる。構えているのがやっとという状態の佐野に洋輔の攻撃が容赦なく続き、フルマークの判定勝利で洋輔YAMATOがNJKFウェルター級新王者となった。 [nextpage] ▼第6試合 HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦トーナメント1回戦 3分3R延長1R ×ヘンリー・セハス(ブラジリアン・タイ/HEAT 60Kg級王者)TKO 3R1分49秒 ※セコンドからのタオル投入〇國枝悠太(二刃会/MA日本フェザー級3位)※國枝が決勝戦へ進出。  HEAT王者ヘンリー・セハスとMAトップランカー國枝悠太とのHOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦。  開始早々、早く仕留めんとばかりにヘンリーがプレッシャーをかけ強いアタックを仕掛ける。國枝は足を使いながらジャブで応じる。ヘンリーの左フックで國枝がグラつくが、気の強い國枝が打ち合いを仕掛け始める。フィジカルの強いヘンリーが押し気味だが、ラスト30秒になるとさらに打ち合いが激しくなり、國枝のフックがヘンリーのテンプルをとらえグラつかせることに成功、体勢を立て直しながら両者激しい打ち合いが続く。  2R、やや疲れの見えたヘンリーが距離を保ち冷静にコンビネーションを放つ。逆に國枝がアグレッシブに前に出る展開。一進一退の攻防が続く。ラウンド終盤、上段前蹴りを放ったヘンリーが着地時に足をひねり、負傷をセコンドに訴えるもこらえながらラウンド終了。  3R、動きの落ちたヘンリーに國枝が襲い掛かるが、ヘンリーもねばって強打を返す。しかし、クリンチ時に足をひねるとたまらずヘンリーが倒れ、ダウンコール。セコンドからタオルが投入され、國枝が決勝にコマを進めた。 ▼第5試合 HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦 3分3R延長1R〇泰良拓也(PFP/RISEフェザー級8位)判定3-0 ※30-28×2、29-28×泉丈成(誠至会/NJKFスーパーバンタム級5位)※泰良が決勝戦へ進出。  HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦、RISEランカー泰良と、NJKF推薦のランカー泉の一戦。  1R、ムエタイスタイルで構え、左右のロー、ミドルを放つ泉に、泰良もパンチを振ってロー、ミドルを放ちタイミングを計る単発のラリーが続く静かな展開。  2R、泰良がプレッシャーをかけ、ローを叩き込むと気の強い泉も前に出はじめ、飛びヒザに泰良がうまく左フックのカウンターを合わせる。前に出る泉に泰良がカウンターを合わせる展開。  3R開始早々、泰良が飛びヒザでダウンを奪う。立ち上がり再開後、気の強い泉がどんどん強打を振るうが、泰良は冷静にカウンターを合わせる。判定勝ちで泰良が決勝に進出した。 ▼第4試合 EXルール 62kg契約 3分3R延長1R   ×元氣(楠誠会館/MA日本ライト級2位/元国際チヤクリキ西日本ライト級王者)判定0-2 ※29-29、29-30、27-30〇HIRO YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級1位) ▼第3試合 85kg契約 3分3R   〇小西雅仁(真正会)判定3-0 ※29-27、29-28×2×ルーカス・タニ(ブラジリアンタイ) ▼第2試合 70kg契約 3分3R〇慎太郎(TeamBONDS) TKO 1R 2分00秒 ※右ストレート×RYOTARO(大原道場) ▼第1試合 64kg契約 3分3R〇櫻井祐斗(rich)KO 1R 2分58秒×芥川空(MFC) ▼オープンアマチュア京滋キック提供試合 第2試合 60kg契約 2分2R〇松田龍聖(大原道場)判定3-0×岡本亘(及川道場) ▼オープンアマチュア京滋キック提供試合 第1試合 50kg契約 2分2R×中野泰誠(大原道場)判定0-3〇林裕人(及川道場)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事